c0097879_049358.jpg

お久しゅうございます、マダム。
お待ち申し上げておりました。
...............................................................................................................
c0097879_050489.jpg

先月貴方にお電話さしあげたあの晩。
憶えていらっしゃる?
実はわたくし、誕生日だったのよ。
c0097879_051545.jpg

日付けが変わっても夫は帰ってこなかったわ。
嗚呼.....馬鹿みたい!
せっかくの誕生日でしたのに...。
この歳になって誕生日もないわね。
いいえ!わたくしが生まれた日ですもの。
尊い日であることは間違いないはずよ。
c0097879_0535668.jpg

それなのにルイーズとふたりっきりよ。
あの広い屋敷にルイーズとふたりっきりで過ごしたの。
メイドから憐れみの目で見られるなんて。
貴族なんて名ばかり...。
結婚なんてするものじゃないわね。
今となっては独り身の貴方が羨ましいわ。
c0097879_0551572.jpg

今夜貴方にお会いするのをわたくし...実は先月から待ち望んでいたのよ。
いつも貴方に御任せですけれど。
今度のドレスはね、生地そのものの持つ色...単色で仕上げていただきたいの。
そう、裏地に至るまで...すべて刺繍を施していただきたいのよ。
c0097879_0563428.jpg

表があるんだから裏があってもいいでしょう。
裏地に刺繍を施したって罪にはならないわ。
そうお思いにならない?
c0097879_057352.jpg

それはそうと...貴方...植物には御詳しい?
枝という枝...花びらから蕊、棘があるなら棘。
腺毛に至るまで...刺繍なら生地は薄手がいいわね。
c0097879_0583840.jpg

もし必要とあれば図譜という図譜を明日にでもアランに届けさせますわ。
ああ...そう、それなら安心ね。
c0097879_0594243.jpg

貴方の腕を見込んでのことよ。
どうぞ単刀直入に仰有ってくださいな。
色を使わないドレスなのよ...。そこをふまえていただきたいの。
貴方なら...わたくしにどの花をモチーフにお選びになる?
ずばりお聞きしたいわ。
c0097879_104988.jpg

...............................................................................................................

身に余る光栄にございます。
さようでございますね.....。
どの御婦人にも...未だかつてお勧めしたことはございませんが...。
ありとあらゆるセリ科をモチーフに誂えてみては如何でございましょう。
そして裏地にはアザミをあしらうのでございます。
夏を惜しむ今の時節に...あえて.でございます。
c0097879_11423.jpg

...............................................................................................................
..........!
いいかもしれないわ!!!
わたくしの従姉妹のオルタンス、貴方もご存じね?
年がら年中得体のしれない小花模様のドレスばっかり。
花びらが五枚あれば花だと思いこんでいるのね。
あんなにでっぷりと肥っているのに自分を知らないんだわ。
貴方から...貴方からよ。
わたくしの口からは決して云えないわ。
今度此所へ来たら...ダリア模様のドレスでもどうぞ勧めてあげてくださいな。
貴方ならダリアでも品良く仕立てられるでしょうし。向日葵はダメよ。
オルタンスの存在そのものが向日葵だから。それにもう夏は終わったわ。
大柄な彼女には...そうね、ダリアがピッタリよ。
余計なお節介かしら。
c0097879_125617.jpg

それで仕上がりはいつ頃になるのかしら。
いいの...いいのよ、気にしないで。
たとえ...ええ、たとえ冬になっても構わないのよ。
真冬に夏模様も素敵じゃないかしら。
薄手のドレスを雪の降る日に着るのよ。
そう!雪の日よ。
雪の夜に映える生地にしてくださいましね。
朝が来るまでヴァンセンヌの森に沿って歩いてみたいの。
売春婦に間違えられるかしら?
いいえ...!貴方が仕立てるドレスですもの。
売春婦に間違えられるなんてことはないわね...。
せいぜい幽霊だと思われるのがオチ...ね。
でももしも。
でももしも!!!
それならそれで本望だわ...。
真冬に春を売るの。
惜しみなく夏も売るのよ。
c0097879_135588.jpg

そして朝陽が昇る頃には...!
泥にまみれた雪がドレスの裾をすっかり染めあげるているの。
素敵だわ...嗚呼...考えただけでもゾクゾクするわ。
肌が泡立つ...ってこういうことなのね。
ほら!わたくしの二の腕を御覧なさい。
c0097879_145290.jpg

貴方、どうお思いになる?
わたくし少し気が変なのかしら。
それとも馬鹿なのかしら?
それとも...それとも...!!!
嗚呼...とうとう本物のキ印になってしまったのかしら!
...............................................................................................................
...............................................................................................................
interprètes / 写真上段より
-----------------------------------------------------------------------------------------
ミシマサイコ(Bupleurum scorzonerifolium)
ツルボ(Scilla scilloides)
白式部(llicarpa japonica form. albibacca)
オグルマ(Inula britannica)
藤袴/玉咲き青花(Eupatorium chinense/Eupatorium fortunei)
松虫草(Scabiosa japonica)
細葉タムラソウ(Serratula coronata var. insularis)
シジミチョウ/小灰蝶:蜆蝶(Pseudozizeeria maha)
雲南岩桐草(Chirita dielsii)
エリンジューム(Eryngium alpinum superbum)
鋳物の独楽/木製の独楽
紅玉山査子~一才性~(Crataegus cuneata)
森薊(Cirsium dipsacolepis)
ベアグラス(Carex oshimensis 'Evergold')
Tea Rose(実生)
**************************************************************************
la Comtesse
couturier
**************************************************************************
...............................................................................................................

晩夏を彩る惜花から~慎ましい秋の草花たちが出揃いました。
当店では名残りの夏花も定価のままでsoldeには致しません。

どうぞお出かけください。

〜G d D〜
[PR]
c0097879_201364.jpg

『Rosa anemoneflora』
この写真は朝と夕暮れに撮ったものを重ねているだけですが
遠くに沸き上がる夏雲が「Mont Saint-Michel」みたいで.笑
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_2013665.jpg

『Pavillon de Pregny』
とにかく咲きます...咲き続けます...w
樹自体はまったく大きくならないのですが
ベーサルシュートを交互に出し自ら枝の更新をはかる力強さ...w
この一輪は今朝撮ったばかりで、今まででいちばん淡く咲いたもの。
...............................................................................................................
c0097879_2021468.jpg

新しい街でみつけた空き地。グラデーションがとても綺麗。
通る度に足を停めてしまいます。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_2024854.jpg

『尾瀬水菊』
実にフォトジェニックです!
様々な野菊が暦をつないでゆく晩夏〜晩秋〜初冬。
その季節に寄り添うような咲き方も好きなのです。
...............................................................................................................
c0097879_2032640.jpg

私は気に入っている薔薇ほどタグをつけない傾向にあって.笑
このティーローズもほぼ確信犯的に絶対忘れないだろうと高を括っていたのでした。
けれど現在名無しちゃんです.笑
Own Rootなので長野からやってきたティーローズですね。
枝葉も美しく樹形も非常にスタイリッシュな薔薇。
夕刻に薔薇を撮るという...私の中でのタブーを破った一枚。
早く思い出さないと.笑
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_2035673.jpg

『Ann Endt』
すべての房を咲かせることにしました。
新苗で迎えたというのに既に立派な株へと成長しています。
半日陰って実はとってもありがたい環境だったんですね.笑
現在、写真を撮るのに四苦八苦しています。
...............................................................................................................
c0097879_204263.jpg

『尾瀬水菊』
細部まで観察するにつれ...やはり個性的な野菊だと思います。
尾瀬と名がついていますが、一昨年の尾瀬で見たか否か...記憶は曖昧。
季節柄、黄色い花々とアザミの群れのコントラストに胸を打たれたのでした。
突然の雨に打たれたことも...歩き疲れて山小屋で珈琲を飲んだことも...。
すべてが...そう、今となってはすべてがとても好い想い出です。
けれど...ただの想い出にはしたくない。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_2045910.jpg

『Pavillon de Pregny』
好みもあると思いますが、薔薇がお好きな方ならきっとお気に召されるはず。
...............................................................................................................
c0097879_2052849.jpg

ひとの記憶は意外とあてにならないものです。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_2055581.jpg

...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
私だけが憶えていること。
あなただけが憶えていること。

ふたりだけが知っている-事実-。
ふたりだけが知らない-真実-。

九月という曖昧な季節は
ひとの記憶をいとも簡単に奪い去ってしまう。
私はそれを取り戻そうと 歩調を合わせ...
やがて...知らぬ間に駆け足になっている。

駆ける私の左側にいる九月。
右側でほくそ笑む九月。
漆黒の闇の中 前方を照らし出す九月。
そして さぁ往きなさいと背中を押してくれる九月。

私は本当は未だ...ひと休みなどしたくはないのだ。

〜G d D〜
[PR]
# by MiscellaneousOGRs | 2010-09-02 21:00 | 月季
c0097879_10534567.jpg

『Mme. Joseph Schwartz』
ほぼ断続的に咲いているのですが、春から数えてちょうど三番花。
春から二番花まではゆるやかな深いカップ咲き。
現在、それぞれの枝先に4〜5輪の花を咲かせていますが
夏はいずれも花弁数が より多くなり、花芯へ向かって巻き込むようなボタンアイを見せてくれます。

ひとくちにティー香といっても、それぞれのティーローズによって違いますし、
実にさまざま...且つ複雑なのですが、私はティー香の基本を『Gloire de Dijon』としています.笑

「Lady Hillingdon」の匂いもかなり好きなのですが、『Duchesse de Brabant』と
この『Mme. Joseph Schwartz』も 馥郁とした限りなく優しい...肺を豊かにする匂い。
...と、まぁ...すべてを含め、非常にクオリティの高い銘花だと思う次第です。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_1054556.jpg

敷地内に点在していて薔薇の鉢の中にも平気で飛び込んでくるのですが
手折ることはせず、根ごと抜いて別な鉢へまとめて移植。野草は大切なのです。
その移植した単体の鉢を見る度に完璧なフォルムだと感じます。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_10543291.jpg

クレマチス、Jackmanii系の『Galore』。
私はほんの出来心でこの苗を育てはじめたのですが、現在たいへん気に入っています。
この花も春から数えて三番花。酷暑をものともせず、実に美しい姿で薔薇の枝に絡みついています。
今朝、撮ったばかりの写真です。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_1055862.jpg

『Rosa foliolosa』
昨年に比べ今年は豊作なのですが.笑 笹のように細く美しい葉はこの猛烈な陽射しに少々焼けぎみ。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_10555330.jpg

c0097879_10563199.jpg

c0097879_10571160.jpg

『Golden Wings』
私の中で、夏 美しい薔薇といえば この「Golden Wings」。
一日花のように思われがちですが この酷暑の中でも二日は保ちます。
花びらが散ったあとに残る蕊の美しさは どの季節に出会っても瑞々しい。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_10574864.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_10581680.jpg

今朝は非常に早く目が覚めてしまい まだほんのりと青みがかった庭に降り立った訳ですが
こうして美しい姿に出会えたのですからやはり「早起きは三文の徳」ですね.笑
私の住む住宅街は花好きの方が多く、皆さん非常に早起き。
先日、夕刻に水遣りをしていた際、通りがかりの紳士に『薔薇が綺麗に咲いていますね!』と笑顔で。
通りに面して置いている特等席の9鉢のみ、こうしてみず知らずの方にも御覧になっていただける訳です。
ちょっと(実はかなり)嬉しい出来事でした。思わず...あ!どうもありがとうございます♪...なんて.笑
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_10585878.jpg

『Munstead Wood』
この姿は前々回の記事『八月の薔薇』の開花翌日の姿。
真夏でこの姿!最近とんとご無沙汰でしたが、久しぶりに手折って一輪飾った次第です。
部屋は涼しいよ...どうぞおあがんなさい...って感じでしょうか.笑
-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
薔薇は春いちばんに咲く花がいちばん美しいとされていますが(事実一季咲きの野生種は年に一度)
季語で指し示すなら薔薇は『夏』。私は四季咲きの薔薇の夏の姿をとても大切にしています。
個人的に、「花に元気をもらう...」という意識は毛頭ないのですが、
共に生きるものとして、季節に関係なく...[ 確かな何か]が...
相互にエネルギーを発し合っていると感じることは多々あります。

そして私は既に、今年の秋にはどんな色の新しいカーディガンを買おうかと考え倦ねています。
眩暈がするようなギラギラした陽射しなんて...実のところへっちゃらなのです!鬱陶しいけれど。
ウキウキするような...肌が泡立つような楽しいことを考えていれば自然と秋はやってくるのです。
それに...秋は実りの季節でしょ?

G d D
[PR]
# by MiscellaneousOGRs | 2010-08-07 12:00 | 月季
c0097879_2265042.jpg

c0097879_22744.jpg

c0097879_2273330.jpg

[ Benoit Magimel (-薔薇-) / 岩下篤也 / Japon / 2010 ]
-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
私は薔薇や草花を撮影する時、直射日光の下...所謂...影のない状態では撮りません。
もちろん例外もあります。
河原での散策や湖畔でのBBQ...そして夏の海辺etc...偶然出会った草花を撮る瞬間。
今日はそのタブーを自ら破り、お日さまが燦々と降り注ぐ 直射の下で撮る事を
...敢えて意識しながら向き合った一輪の薔薇について。
-----------------------------------------------------------------------------------------

一年を通し返り咲く...四季咲き性の薔薇は せめて夏には休ませてあげたいもの。

今年の春に新苗で迎えたこの愛すべき薔薇を
この酷暑の中、摘蕾するべきか...咲かせるべきか悩んでいましたが.笑
今朝、眠い目をこすりながら室内からホースを引き、
窓を開けたら、朝陽を背に静かに蕾がほころびかけていたのです。

私が... 親愛なる人生の大先輩、ブノワ・マジメル氏と初めて出会ったのは
遡ること...ン年前.笑 ちょうど今頃.....由緒ある薔薇園の中、真夏の炎天下。
影を作るものは何もなく...そして遮るものも何もなかったのです。

大勢の方々と共に流した汗は河となり海へと流れ...
或る日一輪の薔薇を咲かせました。

只今 ブノワ・マジメル氏は夏休暇。
とてもあたたかく...とっても涼しげ。
そう、纏う水滴でさえ 知らぬ間に宝石へと ...
いとも簡単に変えてしまう力を持っているのです。

G d D
[PR]
# by MiscellaneousOGRs | 2010-08-04 22:00 | Sweeter than Sweet
c0097879_123739.jpg

c0097879_133348.jpg

c0097879_142724.jpg

c0097879_151468.jpg

c0097879_16157.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
[ Pavillon de Pregny (Noisette) / Jean-Baptiste (père) Guillot / France / 1863 ]
[ Eyes for You : Pejambigeye(Floribunda:Hybrid persica)/ Peter J.James/ UK / 2009 ]
[ Munstead Wood(English Rose) / Austin / UK / 2008 ]
-----------------------------------------------------------------------------------------

暦は日毎に捲られ そして破り捨てられてゆく。
真新しい数字が 白く薄い紙の上にくっきりと現れる。
破り捨てられた薄紙は もはやただ一塊の紙屑でしかない。
けれど................................................................
丸められた紙屑の中には 「昨日」という名のちいさな花びらが包まれている。
「今日」という日を指し示す数字の肩ごしには
紙の薄さ故 「明日」を表す数字が既に待ち構えている。

薔薇は真夏といえどもこんなにも美しく咲く。
そして 未練がましく枝に花びらを残す春とはうって変わって潔く あっさりと散る。
私はただそれを それをただ私は...日々撮り続けるだけだ。

G d D
[PR]
# by MiscellaneousOGRs | 2010-08-03 00:00 | 月季
c0097879_1244620.jpg

[ イチモンジセセリ(一文字挵)/Parnara guttata / セセリチョウ科イチモンジセセリ属 ]
か...可愛い.笑 この蝶々は嘴のない小鳥のようだと思います。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_1253396.jpg

[ 三時草 / 爆蘭 (ハゼラン) / スベリヒユ科ハゼラン属 ] この時節、道端でよく見かけますね。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_126503.jpg

[『賽昭君 / Sai Zhao Jun』&『Snow Goose』] 常時設置している場所はこんな。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_1282849.jpg

[ ヒトツバショウマ(一つ葉升麻) / ユキノシタ科チダケザシ属 ] 夏の寄せ植えの一部。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_129154.jpg

[ Rosa spinosissima altaica ]
 秋になり実が萎んでしまう前に収穫し果実酒にする予定。
もちろん種蒔きも忘れずに^^ね。
-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
夏の庭は意外にも気持ちのよいものである。

予定のない休日などは朝夕かかさずに水遣り。
7割近くの薔薇を5号鉢で管理している為、
比較的たっぷりと時間をかけて丁寧に行う。

そして腕や素足にホースの水をじゃぶじゃぶかける。
塀に囲まれているちいさなスペースといえども、
今時分の庭は隅々までまんべんなく日差しが射し込む為、
時に薔薇の枝葉や花弁を焼き切ってしまうこともある。

足許は湿度が保たれている上に水盤をふたつも置いて
水草の類いも育てているから蚊がもの凄い。
けれど完全防備は嫌なのです。
タンクトップに膝上のショーツという 肌も露な姿でじゃぶじゃぶやってます.笑
我が家には椿や山茶花の樹も、鉢植えといえどもある訳だから
イラガに刺されてもおかしくはない。
けれど幸運なことにまだお目にかかった事はありません。有り難や...有り難や.笑

先日、真昼に庭仕事に熱中していた時、
瑠璃色の美しい蝶が頭上をかすめて飛んで行った。
じっくり観察する間もなく消えてしまったのです。

そして今朝、今年初めてイチモンジセセリに出会いました。
『久しぶりだね ? 元気にしてた ? 』口には出さず話しかけてみました.笑
さりげなく指をさしのべても...逃げ去る気配さえ見せずじっとしている。
美しい色とりどりの羽色を持った蝶の中でもかなり地味なセセリチョウ。
けれど私はこの蝶が大好きなのです。黒目がち、あどけなくて素直な感じ。

ひらひらと飛ばない代わりに動きが素早いなどと図鑑には記載されているけれど
かなりののんびり屋さん、そんな印象を持っている。

私は罪深い人間だから、次の世もまた人間という可能性は少ない。
そもそも人間が最上の生き物だとも思っていません。
蝶々や一匹の毒虫同様に自分の命を捉えていたいと常々思っているのです。
人間の寿命。一匹の蝉の寿命。野良猫の一生。皆同じでしょう?
私は自分が人間であるということに有り難さを感じ、
感謝の念を忘れずにいたいと思っているけれど、
同時にそういった考えも胸の片隅に抱いていたい...忘れたくない...
そして人間として生まれてきたのだから、
この長くも短い人生を心から、よりよいものにしたい。
常々そう思いながら生きています。

けれど...次に生まれてくるとしたら、
このセセリチョウなんてのも面白いかな。
夏になり、この蝶に出会う度、感じることです。

G d D
[PR]
# by MiscellaneousOGRs | 2010-07-26 00:00 | 日暮らし
c0097879_061895.jpg

c0097879_064232.jpg

c0097879_073365.jpg

c0097879_010192.jpg

c0097879_011790.jpg

c0097879_0201657.jpg

c0097879_0114172.jpg

c0097879_012144.jpg

c0097879_012445.jpg

c0097879_0131966.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
『十勝フウロ』 
『ゼラニウム / 詳細品種名不明 / 元来名前はないものと思われる』
『コシキ島白糸草』
『Geranium endressii』
『姫フウロ』
-----------------------------------------------------------------------------------------
[*Geranium / *Pelargonium / *フウロソウ科 / *テンジクアオイ属]
-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
私のゲラニウム熱は当分下がりそうにない。
年を追うごとに益々好きになるばかり...。
ゲンノショウコに始まり~「Geranium cinereum Ballerina」etc...。

中でも今年いちばん感激したのが1枚目の『十勝フウロ』である。
6月に入ってからも咲いていた記憶。
花後どうなるか心配だったが、葉は青々と茂り、現在増殖中。

姫フウロ〜エンドレシーに至ってはまだ咲き続けている。
所謂「ゼラニウム」と呼ばれる多肉質のものは我が家には2品種のみ。
どちらも発色が非常に美しく、且つ紅黒い花である。

G d D
[PR]
# by MiscellaneousOGRs | 2010-07-22 00:00 | 定点観察
c0097879_405447.jpg

『Mme. Renahy』
Hybrid Perpetualとは とても思えないほど花つきもよく、且つ病気にも比較的強い。
素晴らしい連続開花性とふくよかなダマスク香。
春の一番花よりも、夏から秋へかけての姿は絶品。
...なんともいえない風情を漂わせながら優雅に散りゆく。
7月現在の夏の姿です。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3381735.jpg

c0097879_338561.jpg

c0097879_3393925.jpg

『Mme. Laurette Messimy』
もう毎年UPしていますが夏といえばこの薔薇を外す訳にはいきません。
大好きな薔薇です。庭の一角をこの可憐な薔薇で埋め尽くしたいくらい。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3411483.jpg

『スズサイコ』
糸のように細い枝先に...その名が示すままに鈴が鳴るような花をつけます。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3415593.jpg

c0097879_3423428.jpg

『ルッセリア・エクイセティフォルミス / Russelia equisetiformis』
赤花はよく見かけますね。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3433046.jpg

c0097879_344391.jpg

『Mme.Antoine Mari』
この薔薇と「Mrs.Herbert Stevens」は踏み絵です。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_345920.jpg

『芥子&モジズリ(綟摺)/ ネジバナ』
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3453574.jpg

『Comtesse de Barbentane&アメリカオニアザミ(おそらく...)』
この薔薇も夏だからといって大幅に姿が乱れることはないような気がします。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3484794.jpg

『Mme. Renahy』
まぁ...くどいようですが順序を大切にしたいので.笑
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3494464.jpg

c0097879_3502073.jpg

『ジュリアン・ムーア(Julianne Moore)/Portraits by {Mario Sorrenti}』
5人のフォトグラファーによる著名人のポートレイト集から。
ベッドの中のマーク・ジェイコブス&シャーロット・ランプリング。
カトリーヌ・ドヌーヴやシャロン・ストーン。...スティング。
皆それぞれに「らしい」切り撮られ方をしていますが
やはり白眉は巻頭と〆を飾るジュリアン・ムーア。
生成りの世界、膝上のタイトスカート、ストラップなしのミュール。
そばかすだらけの素顔の彼女も大好きなのです。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3375265.jpg

c0097879_413024.jpg

c0097879_421292.jpg

『Mme. Renahy』
過酷な夏にこれだけの姿を魅せてくれる...他に何を求めるというのでしょう。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3513191.jpg

『紫陽花 / Hydrangea / 名称不明』
山紫陽花ではないのですが、この透き通るような空の青...夏。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_352114.jpg

c0097879_3524549.jpg

『瑠璃瓢箪(ルリビョウタン)』
春まで寄せ植えにしていたのですが、現在単独。球形の素焼き鉢に植え替えました。
不思議な形の実もようやく色づいてきました。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3541445.jpg

『Eridu Babylon』
放っておけばヒップを実らせ、剪定すればすぐに花芽が上がります。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3544921.jpg

『Pavillon de Pregny』
この薔薇も夏がお好きな様子.笑
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3591656.jpg

『エゾスカシユリ(蝦夷透百合)』
比較的品のよいオレンジ。シャーベットのような色合いでした。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_432017.jpg

c0097879_44612.jpg

『アメリカオニアザミ(おそらく...)』
きっと死ぬまで愛で続けるであろう花。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_445592.jpg

『Harlow Carr』
薔薇を育ててみたい...と相談されたならこの薔薇をオススメ致します.笑
何故なら病気を拾うことはまずといっていいほど皆無だから。
虫は手で払いのけてクダサイ。それに虫のつかない花ってないでしょう?
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_453368.jpg

『賽昭君 / Sai Zhao Jun』
この薔薇は夏の姿がいちばん好き。
春はふくよかに。秋はエレガントに。そして夏は花芯からグリーンアイ。
その花芯を取り巻く花びらは...まるでスカビオサのよう、十重に二十重に。
真夏は
そして秋は
実に変幻自在ですが、どの季節に見ても...見紛うことなく『賽昭君』なのです。
-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
半日陰のこのちいさな坪庭で薔薇を育て始めた頃は
様々な文献を読んだり見たり、そして時には教えを請うたり...
品種にもよりますが、春はうどん粉にまみれ、秋はまったく咲かず.笑
様々な試行錯誤の末に行き着いたのは...
鉢植えといえども環境に合った薔薇を育てるということ。
そう、よほどのことがない限り、もう薬剤を使う必要がなくなったということです。
噴霧器は埃をかぶったまま押し入れ行きと相成りました。
環境に合わない薔薇を無理して育てるよりも
薔薇自身が居心地のよい...そんな育て方に変わってきたように思います。
そして我が坪庭には毎夏必ず顔を見せる神様が棲んでいますし.笑
カマキリやテントウムシ...そして色とりどりの小鳥や蝶々たち。
私はもちろん薔薇が大好きなのですが、日本古来の草花も同等に愛しい。

今回UPした薔薇は、皆それぞれに 非常に特徴的な個性を持ち合わせています。
にもかかわらず...様々な草花との調和を薔薇自ら望んでいるように思えてなりません。

そして何よりも夏を彩る...夏にこそ、ひと際美しい横顔を魅せてくれる麗しの薔薇たちです。

〜G d D〜
[PR]
# by MiscellaneousOGRs | 2010-07-17 00:00 | Sweeter than Sweet
c0097879_23304115.jpg

『Russelia equisetiformis』
c0097879_2331664.jpg

c0097879_23315815.jpg

c0097879_2333097.jpg

『スズサイコ』
c0097879_23334568.jpg

『琉球テリハノイバラ』
c0097879_2334182.jpg

『姫睡蓮&ヒツジグサ』
c0097879_23345470.jpg

『常山紫陽花』
c0097879_23374592.jpg

『Mme. Joseph Schwartz』
c0097879_23352539.jpg

『紫陽花 / Hydrangea / 名称不明』
c0097879_23442395.jpg

『ジュリアン・ムーア(Julianne Moore)/Portraits by {Mario Sorrenti}』
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
〜G d D〜
[PR]
# by MiscellaneousOGRs | 2010-07-11 00:00 | 日暮らし
c0097879_1045981.jpg

『Blythe Spirit』
この薔薇は数あるERの中でも最も好きな薔薇のひとつ。
そのいちばんの魅力は退色が非常に早いこと。
そして華奢で細枝であること。
(株元、主幹はある程度ガッシリしたERそのものですが...出てくる枝は華奢)
私が薔薇に求める条件のひとつ、『優雅にくたびれたさま』を見せてくれること。
シーズン毎に姿が変わっても花弁数は減らないこと。
春と秋は桃のような抱え咲きで開き始め、
やがて風に吹かれるが如くゆるやかに乱れる。
**************************************************************************
c0097879_7413610.jpg

c0097879_7382089.jpg

『松本センノウ / 松本仙翁』
私の中で夏の花といえば、センジュガンピ(千手岩菲)を始めとするセンノウの類い。
今回は白花。『白』はどちらかといえば純白の方が好きなのですが、
この松本センノウは、こっくりとしたミルキーな色合いでありながら
同時に涼しさを漂わせる...まことに美しい花色です。
**************************************************************************
c0097879_7442266.jpg

『虫取りナデシコ』
苦節ン年...やっと花に出会えました!plumさん、どうもありがとうございます。
この写真はベストではないのですが、↓のものとあわせて2枚、敢えて選んだものです。
**************************************************************************
c0097879_7455876.jpg

c0097879_10141963.jpg

c0097879_1074079.jpg

『Eyes for You』
夏花を見るのは今年初めてなんですが意外にも素敵です。
以前にもふれましたが、5枚葉の中にはこのようにすべて黄斑のものも!
蕾が杏色なのは春も夏も同じ。実に不思議。
**************************************************************************
c0097879_7471838.jpg

『Martha Gonzales』
とにかく絶え間なく咲き続けるんですね。
いくらチャイナローズといえども驚き。
**************************************************************************
c0097879_7481511.jpg

『Angel Face』
この薔薇も夏:艶姿。
**************************************************************************
c0097879_7493571.jpg

『虫取りナデシコ』
...何度もレンズを向けたくなる愛らしさ。
**************************************************************************
c0097879_10325793.jpg

『Rosa Virginiana / 実生苗』
葉がとても綺麗です。クミンさん、ありがとうございます。
**************************************************************************
c0097879_10525310.jpg

c0097879_1004185.jpg

『Blythe Spirit』
私は基本、写真はアンダーで撮ります。
何がイヤかっていうと白飛びがイヤなんです。
バックが真っ黒なのは庭が仄暗い上にアンダーで撮っているから。
時々ご質問を受けるのですが、謎、解けました?室内撮りでもないし、
(室内で一輪挿し等を撮るときは室内とわかるように撮ります)
黒い板も 紙も レフ板さえも...何も使っていないんですよ。
ただ花を引き寄せるのではなく這いつくばる事は多々あります.笑
逆に鉢植えのいいところ、朝日があたるいい場所へ持ってきて撮影。

この姿は極々最近撮ったもの。
四季咲き性も抜群です。
オールドローズのような飾り咢、マットな葉。
それにとても甘い砂糖菓子のような匂いを持っている。
Laduréeのマカロンにこんな匂いのものがあったように思うのですが...。
最近ERを信用していないので(スグ生産中止にする!)
ですから...バックアップに務めています.笑
**************************************************************************
c0097879_7511512.jpg

『ヤマボウシ』
私はこの樹がたいへん好きなのですが大きく育てる気は毛頭なく
よって浅い鉢(最近寄せ植えは浅い鉢ばかり)に盆栽仕立て。
この花は1〜2輪咲くのがもっとも『らしい』し、素敵。
大木は風情ナシ。興味もナシ。
いつか庭を持っても地植えにしない樹のひとつ。
**************************************************************************
c0097879_10233922.jpg

この月見草は正しくは『マツヨイグサ / 待宵草』ですね。
倒れて匍匐するように。枝垂れます。
**************************************************************************
**************************************************************************
あなたにいちばん「似合う」色は何色?
わたしにいちばん「匂う」色は何色?

残念ながら私には白が似合わない。
白いシャツなどは特に似合わない。
私の肌色と相性が悪いのだ。

*「では何色が似合うのですか?」
**「そうですね、紺、そして黒でしょう。」

*『でもあなたが黒い服を着ているのをあたし見た事ないわ。』
**『それはね、いちばんよく似合う色だからだよ。』

黄色い薔薇は何故か敬遠される。
でもそれはきっと。
原色のクレヨンのようなべったりした黄色。

私の小さな箱庭には黄色い薔薇がいくつかある。
けれどその『黄色』は上記のような所謂...、色見本のような「黄色」ではない。

黄色い薔薇のグラデーションを探していくつか育てているのは
紫の薔薇の為、このふたつの色の交差するさまを見たいがためである。

古着市場には仏蘭西〜欧羅巴、亜米利加の作業着が出回る。
私はその中で紺と紫に限りなく近いものを選び購入する。
そしてその作業着やカバーオールの下に
黄色いPatagoniaなどのポリエステルを重ねたりする。

冬でもショーツを履く。
ショーツは絶対に膝上と決めている。
私が自分の体の中でいちばん好きなのは脚だから。
最近の20代の若者たちのあの棒のように細い脚は何?笑
スタイルは抜群によくなったけど女の子も含めて尻も貧弱。
ちなみに僕は中肉中背。なんてことない貧相な体つきです。
男も女も下半身はある程度しっかりしている方が素敵。
女性がスカート丈にこだわるのと
男がTシャツのサイズにこだわるのは似ている。

薔薇の生産者さんは云う。
黄色い薔薇をお求めになるのは男性が多いですよ、と。

そして私はバスを降り、花屋の前を通り過ぎる度に思う。
この原色の黄色い高芯剣弁の薔薇をいったい誰が買うのだろう、と。
けれど私の予測はどこ吹く風の如く、
所謂「町の花屋」には必ず原色の黄色い薔薇が
シーズンお構いなしに店頭を飾っている。

『白い虹』とは物理現象。
だから誰にでも見えていると思うのですが、
条件が変わるとすぐに見えなくなってしまう。
さて...その『条件』とはいったいなんでしょうね。

G d D
[PR]
# by MiscellaneousOGRs | 2010-07-04 11:00 | 月季
←menuへ