c0097879_16354198.jpg

c0097879_16361363.jpg

c0097879_16365659.jpg

c0097879_16373155.jpg

c0097879_16382891.jpg

c0097879_16385280.jpg

c0097879_16391981.jpg

c0097879_16394222.jpg

c0097879_16401497.jpg

...............................................................................................................

暖かい陽射しに恵まれて四季咲きの薔薇の蕾は...
季節柄ゆっくりではありますが日に日に膨らんでいます。
せめて野生種はそろそろ植え替えたいところですが...
紅葉が美しいので葉を取り去る事が出来ずにいます。
既に10月下旬には植え替えを終わらせている鉢もあれば
このまま歳を越し...再び春が巡り来るまで手を付けずにいる鉢もあります。
唯一怠らない事といえば、一季咲きのオールドローズに寒肥を鋤き込む事くらいでしょうか...。
寒風の中、健気に蕾を立ち上げてくる薔薇には頑張ってこのまま咲いてもらう事にしましょう。
四季咲き性の薔薇に対して私は終始一貫スパルタ栽培です.笑

G d D
...............................................................................................................

Rosa chinensis 'minima'
Viola 'corsica'
Mme. Melanie Willermoz
Rosa chinensis var. 'spontanea'
Munstead Wood
Lady Mary Fitzwilliam
Viola 'corsica'
Rosa chinensis 'minima'
[PR]
# by MiscellaneousOGRs | 2010-12-01 00:00 | 月季
c0097879_19311017.jpg

c0097879_19314498.jpg

c0097879_19322014.jpg

c0097879_19325511.jpg

c0097879_1933332.jpg

c0097879_19341612.jpg

c0097879_19344428.jpg

c0097879_19352198.jpg

c0097879_19354752.jpg

c0097879_19364445.jpg

c0097879_19371120.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19374437.jpg

c0097879_19384586.jpg

...............................................................................................................
c0097879_1939216.jpg

c0097879_19395697.jpg

c0097879_19403411.jpg

c0097879_1941514.jpg

c0097879_19414197.jpg

c0097879_19421284.jpg

c0097879_19424055.jpg

...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
Munstead Wood。

ご近所の柿の木。
Munstead Wood。
Thérèse Bugnet/葉。
Gloire de Guilan/rose hip。
Rosa foliolosa/rose hip。
Eridu Babylon/rose hip。
レモンバーベナ。

街路樹.樹皮と苔。

Jude the Obscure。
Munstead Wood。
ヒメツルソバ。
Munstead Wood。
Felicia。
ビオラ/ミニョン。

街路樹.樹皮と苔。

Bella Donna/dried flower。
Bella Donna/dried flower。

Munstead Wood。
Thérèse Bugnet/葉。
Munstead Wood。
Thérèse Bugnet/葉。
Gloire de Guilan/rose hip。
Rosa foliolosa/rose hip。
Eridu Babylon/rose hip。
レモンバーベナ。

街路樹.樹皮と苔。

廃屋の外壁.蔦の紅葉。
Couture Rose Tilia。
Couture Rose Tilia。

Munstead Wood。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
自宅で咲いた薔薇に鋏を入れ、その枝を花器に挿すだけでは飽き足らず。
私は休日の昼間、散歩がてら外に連れ歩くようになってしまった。
それは...自宅で撮る写真に自分自身が飽きてきたからであります....笑

あの場所に.この無人の廃屋に.道を隔てた空き地に.そして名もなき路傍に。

しゃがんで写真など撮っていると...じろじろと見られるだけでなく
時には声をかけてくださる方もいる。

それは時には少年。
また或る時は少女。
見れば一目瞭然だと思うけれど.笑
大概は...何をしているのですか?という問いかけがほとんど。
子供などは無邪気なもので、私も花が萎れるのを覚悟で撮影中断。
ガードレールに腰掛けて他愛もない質問に童心に戻って答えたりしている。
我ながら可笑しい。

スーパーマーケットから自宅へ帰りしなのマダム。
ボタンホールに椿の紳士。
若い恋人たち。
年老いた仲睦まじいご夫婦。

『あたしの手提げにはネギが入っているけれど...
あなたの手提げ鞄には薔薇が入っているのね』...なんて嬉しそうに仰言る。
私はよかったらどうぞ...と一輪。
棘にご注意くださいね、とだけ申し上げ、その方に長く切ったひと枝を差し上げた。
ネギの入った薄いビニール袋の傍らに押し込まれた紅い薔薇は
その御婦人の...その夜の家族の団欒を...食卓を飾ったのだろうか。
それとも玄関だろうか...寝室だろうか...もしかするとrest roomだったりして.笑
その方が通りの角を曲がるまで私は写真を撮りながらそれとなく後ろ姿を見ていたが
なんとなく...ただなんとなく嬉しそうな足取りだったのが微笑ましかったのです。

僅か一時間足らずのささやかな散策の間に。
私は花と共に薔薇と共に知らない路地を練り歩く。

それは端を発すれば...。
野草を探しながら土手を歩いている時にフトひらめいた...
...紛れもない確信犯的な時間潰し、ただの戯れ遊びに過ぎず。
にもかかわらず...その休日の短い時間は私に沢山の出会いをくれる。

同じ都内に住みながら何年も会わず仕舞に音信不通。
かと思えば旅先の仙台でバッタリ出会したりもする恐ろしきかな縁なるもの。

私もよく利用するスーパーのビニール袋だったけれど。
同じ街に住んではいても...必ずしもまた出会えるとは限らない。
だから一期一会は楽しいのです。
限られたわずかな時間。ひとときの戯れ。ゆきずりであるが故に。
他人だからこそ...家人友人に云えないことも云えるし...ね?

G d D
[PR]
# by MiscellaneousOGRs | 2010-11-28 21:00 | 日暮らし
c0097879_22552696.jpg

c0097879_22561132.jpg

c0097879_22564150.jpg

...............................................................................................................
c0097879_22571133.jpg

c0097879_22573899.jpg

c0097879_2258630.jpg

...............................................................................................................
c0097879_22583648.jpg

...............................................................................................................
c0097879_2259129.jpg

c0097879_22593278.jpg

c0097879_230475.jpg

...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
『Felicia(Hybrid Musk)/ Pemberton / UK / 1928』


『Paphiopedilum / Species / henryanum 』
『Paphiopedilum / 黒い個体 / 品種名不明 』
『初冬の午后 / 壁に咲く薔薇の影』

『rose hip / True Slater's Crimson Chaina / China Rose / unknown / East Asia』

『ベランダからの眺め / 金砂の降る午后』


『Felicia(Hybrid Musk)/ Pemberton / UK / 1928』
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
フェリシアは私の中で既に殿堂入りしている愛すべき薔薇のひとつである。
もし...第三者からこの薔薇の美点を挙げよと云われたなら...おそらくキリがないであろう。
育てていらっしゃる方も多いであろう...この麗しき薔薇を。たおやかなるも強靭な香しきこの薔薇を。

季節は容赦なく...日毎...夜毎冬へと近づき知らぬ間に秋は後ろ手に遠ざかる。
師走はもう目の前まで迫っているというのに今日現在も枝に蕾がたわわに撓っている。

それぞれの薔薇の実は紅く染まり...枝は紫...濃紫。
棘は古色に脈は衣擦れ黄葉紅葉。

フェリシアは...己の枝先に立ち上げてきた蕾はひとつ残さず...
まるで責任を全うするかの如く...いじけることなくほころび咲ききる力を持っている。
春であろうが夏であろうが秋であろうが冬であろうがその蕾は決していじけることがない。
降りしきる雨にこうべを垂れながら...突風に頬を打たれようともビクともしない。
...最後の一輪まで自らの姿を知ってか知らずか...まことに麗しく咲きほころび悪戯な風に散りゆく。
同じ枝のもとに生まれ 先に開いた花へは敬意を払い 後へと続く蕾ならば懐手に抱き優しく包み込む。

他人を労りたったひとつの球根でさえも慈しむ汚れなき心。
優しい横顔を持ったこの薔薇を花束にして。
その方に今...贈りたいと切に願う初冬です。

***

G d D
[PR]
# by MiscellaneousOGRs | 2010-11-22 00:00 | Sweeter than Sweet
c0097879_4424177.jpg

c0097879_44315.jpg

c0097879_4434276.jpg

c0097879_4441416.jpg

c0097879_4444174.jpg

c0097879_4451686.jpg

c0097879_4454386.jpg

c0097879_4461071.jpg

c0097879_4464233.jpg

c0097879_447838.jpg

c0097879_4473763.jpg

c0097879_448373.jpg

...............................................................................................................
...............................................................................................................
1.Miss Caroline * Tea Rose

2.Thérèse Bugnet * Hybrid Rugosa

3.Felicia * Hybrid Musk

4.帯解野紺菊 * オビトケノコンギク

5.Paphiopedilum * Paphiopedilum Long wooden's Lord Ossulston

6.清澄白山菊 * キヨスミシラヤマギク

7.Ann Endt * Hybrid Rugosa

8.Eyes for You * Hybrid Hulthemia persica

9.Cirrhopetalum (Cirr.) Elizabeth Ann‘Bucklebury’
...............................................................................................................
この記事は前々回の記事『縦糸に砂』の続編です。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................

九番目に産み落としたる憐れ月の子供たちよ。

孕む身籠る産み落とす。
身籠る孕む産み落とす。

然もあらばあれ産み易し。
然もあらばあれ産み苦し。

潮風は膿を孕んで岸辺へ押し寄せ。
渦潮は膿を孕んで浜辺へ押し寄せ。

然もあらばあれ産み易し。
然もあらばあれ産み苦し。

貴女の腹にくるまれた黒い赤児は何番目?
貴男の腕にいだかれた白い赤児は何人目?

〜G d D〜
[PR]
# by MiscellaneousOGRs | 2010-11-17 00:00 | 月季
c0097879_2274463.jpg

c0097879_228371.jpg

c0097879_2283543.jpg

c0097879_229240.jpg

c0097879_229296.jpg

c0097879_229531.jpg

c0097879_22101947.jpg

c0097879_2210454.jpg

c0097879_22111195.jpg

c0097879_22113682.jpg

...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
『Bella Donna / ベラ ドンナ / 薔薇 / 岩下篤也 / Japan /2010』
...............................................................................................................
...............................................................................................................

並べられた10枚のカードの中から お好きな一枚をお選びくださいませ。
最初に貴方さまがお選びになったカードは今日から始まる未来を意味します。
それはわたくしも見ることが許されていないのでございます。
もちろん貴方さまも。
では何故一枚選ぶのかと...貴方さまの瞳はありありと。
さも わたくしに問いたげでございますね。
目を伏せてはいけませぬ。

さぁ。

残された9枚のカードの中から更に一枚お選びくださいませ。
9枚のカードから貴方さまがお選びになった二番目のカードの表には過去が描かれています。
どちらが表でどちらが裏かですって?
そうです。
そのまま。
決して手もとへ視線を落としてはいけませぬ。
御覧になってはいけませぬ。
そう、カードも目も伏せたままです。

そのカードは焼き捨てておしまいなさい。
目を閉じて灰になるまでここで燃やしておしまいなさい。

此処へおいでになるきっかり一時間前に。
眉をすべて剃り落としてくること。
どうやらわたくしの見る限りでは。
貴方さまは約束を守ってくださったようです。

粉々になったその灰で眉を引いてみてくださいませ。

鏡を見てはいけませぬ。
貴方さまは右利きですね?
それならあるはずのない手鏡を左手に持つのです。
その見えない手鏡に向かって。
右手の指先が思うままに。
自由に動くままに眉を引いてごらんなさい。
逡巡している時間は一分たりともございませんよ。
さぁ...急いで。
貴方さまが迷っている間に眉に火がついてしまいます。
危険が背中合わせだということは貴方さまもよくご存じのはずです。

ご存じだからこそ...此処へおいでになったのでございましょう?
わたくしの見る限りでは。
貴方さまの額に描かれた眉は。
えも言われぬ薔薇色に染まっておりますよ。

振り返ってはいけませぬ。
後ろ手にドアを閉め。
すぐさま此処を出てゆかれるがよい。
そして二度と此処へは。
おいでになってはいけませんよ。

〜G d D〜
[PR]
# by MiscellaneousOGRs | 2010-11-07 22:00 | Rosette
c0097879_19133852.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19152219.jpg

...............................................................................................................
c0097879_191682.jpg

c0097879_1917589.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19174471.jpg

c0097879_19181677.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19193627.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19185660.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19204513.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19212011.jpg

...............................................................................................................
c0097879_1922303.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19231689.jpg

c0097879_19234748.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19241869.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19251110.jpg

c0097879_19253932.jpg

c0097879_1926925.jpg

...............................................................................................................
c0097879_1926402.jpg

...............................................................................................................
c0097879_1927228.jpg

...............................................................................................................
c0097879_1928169.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19284846.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19291724.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19295543.jpg

c0097879_19301910.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19305644.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19313816.jpg

c0097879_1932114.jpg

c0097879_19323817.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19331076.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19334166.jpg

...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
紀伊上臈杜鵑草 / キイジョウロウホトトギス / Tricyrtis macranthopsis
薔薇 / Anna Olivier / 采女 / Tea Rose / Pernet-Ducher / France / 1872
蝶豆 / クリトリア / Clitoria ternatea
ヘリアンサス / Helianthus ‘ Yellow Submarine ’ / Helianthus salicifolius

黄斑挵 / キマダラセセリ / キマダラセセリチョウ / Potanthus flavus

薔薇 / Cafe / Floribunda / Kordes / Germany / 1956
沢桔梗 / サワギキョウ / Lobelia sessilifolia
葉場山火口 / ハバヤマボクチ/ Synurus excelsus (Makino) Kitam.
西洋松虫草 / スカビオサ / セイヨウマツムシソウ / Scabiosa / 品種名失念
紅輪蒲公英 / 狂い咲き / コウリンタンポポ / Hieracium aurantiacum
紫苑 / シオン / Aster tataricus
秋明菊 / 桃花八重 / Anemone×hybrida 'Konigin Charlotte'
広葉ネム / ヒロハネム / Albizia julibrissin Durazz. var. glabrior
香り薊 ‘ヴァーノニア’ / Vernonia glabra glabra
Cassia / カッシア / 小葉のセンナ / コバノセンナ / ハナセンナ / Cassia coluteoides
麋角羊歯 / ビカクシダ / プラティケリウム・ビフルカツム / Platycerium bifurcatum.
サルビア コクネシア 'コーラルニンフ' / Salvia coccinea / Salvia coccinea 'Coral Nymph'

黄斑挵 / キマダラセセリ / キマダラセセリチョウ / Potanthus flavus

羽衣縷紅草 /ハゴロモルコウソウ / 紅葉葉縷紅草 / モミジバルコウソウ / Ipomoea×multifida
薔薇 / True Slater's Crimson Chaina / China Rose / unknown / East Asia
秋桜 / コスモス ‘オレンジ キャンバス’ / Cosmos bipinnatus ‘Orange Campus’
薔薇 / Thérèse Bugnet / Hybrid Rugosa / Bugnet / Canada / 1950
薔薇 / Anna Olivier / 采女 / Tea Rose / Pernet-Ducher / France / 1872
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
金の横糸。
左から右。
砂の縦糸。
右から左。

金砂は知らず知らずのうちに左岸へと流れ着く。
黄金は貴女のうなじへと降り注ぐ。
白金は霧雨となり私の踵を鵐に濡らす。

貴女は左岸に立ち白い煙草を呑んでいる。
私は右岸に立ち黒い煙草を呑んでいる。

白い煙草も黒い煙草も指先に火がつくまで。
お互いの肺を満たして紫の煙となり消えゆくまで。

隔てる河を流れるは金砂銀砂の黄金比率。

貴方:...あたし...とても汚れているでしょう?
貴女:...わたしも...とても汚れているだろう?

とても綺麗でしょう?
とっても綺麗でしょう?

〜G d D〜
...............................................................................................................
この記事は前々回の記事『金の横糸』と対の双子です。
私の拙い写真では短編映画を撮ることもできませぬ。
私の拙い言葉では短編小説を綴ることもできませぬ。
蒔絵のように深く塗りこめられた写真の群れは。
どうぞ貴方のお好きなように御覧になってくださいませ。
蒔絵のように重ねた花群れも今回が最後となります。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
[PR]
# by MiscellaneousOGRs | 2010-10-22 21:00 | 月季
c0097879_22472417.jpg

...............................................................................................................
c0097879_22473930.jpg

...............................................................................................................
c0097879_2248844.jpg

...............................................................................................................
c0097879_22483294.jpg

...............................................................................................................
c0097879_22492043.jpg

...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
菊葉靫草 / キクバウツボグサ / 狂い咲き / Prunella vulgaris var. pinnatifida
薔薇 / Anna Olivier / 采女 / Tea Rose / Pernet-Ducher / France / 1872 
薔薇 / Irene Watts 〜True〜 / 〜tag〜Peter Beals / China Roseの血を濃厚に感じるのですが...
紫苑 / シオン / Aster tataricus
薔薇 / Niphetos / 白黄 / Tea Rose / Bouge`re / France / 1843
...............................................................................................................
...............................................................................................................
たしか去年の今頃はのほほんと構えていました。
以前住んでいた坪庭は秋になると陽が翳り始め、
その環境のせいもあって秋の薔薇には特別期待もしていませんでした。
この時節に咲く薔薇は、手をかけた人の手によって...秋を美しく彩るものとされています。
とはいっても薔薇本来が持つ力...四季咲き性の薔薇だからといって人が操るものではありません。
開花を促す為に剪定を施すだけです。私はかなりいい加減な性格ですから
奥に追いやられて目の届かない薔薇の剪定をうっかり忘れてしまっていることもしばしばあります。
その分...遅れを取り戻すかの如く...初冬に開花する薔薇もありますしね...。それはそれで嬉しい。

水遣りに追われ追われて...ようやく暑さもひと段落したかと思える頃...
9月に入ってから剪定を行ったのがつい昨日の事のように感じられます。
私は例年なら...それでも手引書をあてにはせず、
その年の気候を見て、肌で感じて...ほぼ...勘で剪定の時期を決める事にしています。
私自身も、そして薔薇たちも...この夏に大幅な環境の変化を体験し初めて迎える秋です。
朝目覚める度毎に、なにかしらは蕾をほころばせていて...実はちょっとオロオロしています.笑
今年の夏の異常気象のせいか...紅輪蒲公英などは特別珍しくもありませんが、
今現在も春にだけ咲く様々な野草が狂い咲いています。
靫草が返り咲くのも特別珍しいことではないのかもしれませんが...。

〜G d D〜    
[PR]
# by MiscellaneousOGRs | 2010-10-18 23:00 | Rosette
c0097879_2222528.jpg

c0097879_22232539.jpg

c0097879_2224871.jpg

c0097879_22243718.jpg

c0097879_22262913.jpg

...............................................................................................................
c0097879_23514262.jpg

...............................................................................................................
c0097879_22302898.jpg

...............................................................................................................
c0097879_22312393.jpg

...............................................................................................................
c0097879_22315944.jpg

...............................................................................................................
c0097879_2234679.jpg

c0097879_2234386.jpg

...............................................................................................................
c0097879_22353379.jpg

...............................................................................................................
c0097879_22361098.jpg

...............................................................................................................
c0097879_22363889.jpg

...............................................................................................................
c0097879_22375743.jpg

...............................................................................................................
c0097879_22383370.jpg

...............................................................................................................
c0097879_22392178.jpg

...............................................................................................................
c0097879_22395272.jpg

...............................................................................................................
c0097879_22403219.jpg

...............................................................................................................
c0097879_2241559.jpg

...............................................................................................................
c0097879_0554552.jpg

...............................................................................................................
c0097879_2242544.jpg

...............................................................................................................
c0097879_22434867.jpg

c0097879_22441725.jpg

c0097879_22445153.jpg

...............................................................................................................
c0097879_22452780.jpg

...............................................................................................................
c0097879_22461368.jpg

...............................................................................................................
c0097879_22464538.jpg

...............................................................................................................
c0097879_22472228.jpg

...............................................................................................................
c0097879_054345.jpg

...............................................................................................................
c0097879_0473586.jpg

...............................................................................................................
c0097879_0502489.jpg

...............................................................................................................
c0097879_2251380.jpg

...............................................................................................................
...............................................................................................................

紅の木 / ベニノキ / 紅の木の実の断面図:種 / Bixa orellana
広葉ネム / ヒロハネム / Albizia julibrissin Durazz. var. glabrior
紅玉山査子~一才性~ / Crataegus cuneata
秋明菊 / 白花八重 / Anemone hupehensis var. japonica

金砂の降る午后

秋桜 / コスモス ‘オレンジ キャンバス’ / Cosmos bipinnatus ‘Orange Campus’
ニラ / 韮 / Allium tuberosum
コレオプシス / Coreopsis hybrid ‘Dancing Coreopsis ’
サルビア アズレア / Salvia azurea
トルコ桔梗 / Eustoma russellianum
チェリーセージ ‘ サンゴールド’/‘ Sun Gold ’/ Salvia greggii
葉場山火口 / ハバヤマボクチ/ Synurus excelsus (Makino) Kitam.

薔薇の蕾 / Mme. Laurette Messimy / China Rose / Guillot / France / 1887

紫丁花 / シチョウゲ / Leptodermispulchella
オキシペタルム ブルー・スター / 瑠璃唐綿 / Oxypetalum caeruleum
ヘリアンサス / Helianthus ‘ Yellow Submarine ’ / Helianthus salicifolius
香り薊 ‘ヴァーノニア’ / Vernonia glabra glabra
森薊 / モリアザミ / Cirsium dipsacolepis
紀伊上臈杜鵑草 / キイジョウロウホトトギス / Tricyrtis macranthopsis

金砂の降る午后

屋久島野菊 / ヤクシマノギク/ Aster yakushimensis
屋久島芒 / ヤクシマススキ / Miscanthus sinensis var. gracillimus Hitchc.
コトネアスター / ベニシタン / 紅紫檀 / Cotoneaster horizontalis
杜鵑草 / ‘ 黄の司 ’
高隈杜鵑草 / タカクマホトトギス / Tricyrtis flava subsp. ohsumiensis
紅輪蒲公英 / 狂い咲き / コウリンタンポポ / Hieracium aurantiacum
靫葛 / ウツボカズラ / Nepenthes rafflesiana

薔薇 / Anna Olivier / 采女 / Tea Rose / Pernet-Ducher / France / 1872 

麋角羊歯 / プラティケリウム・ビフルカツム / Platycerium bifurcatum.
痛みオモチャカボチャ / 玩具南瓜 / ペポ南瓜 / Cucurbita pepo

薔薇 / Eridu Babylon / Hybrid Hulthemia persica / Interplant / Holland / 2008  

夏越しデルフィニウム / 品種名失念 / Delphinium
秋明菊 / 桃花八重 / Anemone×hybrida 'Konigin Charlotte'

...............................................................................................................
...............................................................................................................

秋も深まってまいりました。
袖を翻すもあたらしい季節。
襟を正すも幾度目かとは数えきれぬ時節。

白日の姿を真夜中の姿へと糸を変え...ひと針ひと縫い。
今宵秋の花群れを横組みで統一し、
皆さまの枕辺へとお届け致します。

露を纏った朝摘みの一輪の秋薔薇に始まり。
風にさらわれるかの如く気侭に揺れる秋桜。
そして殺風景な部屋を彩る室内植物まで。

少し間を空け、次回は縦組みの花群れをお届け致します。
縦組みの写真の中には今回の一連の草花たちと重複するものもございます。
重複はしても...ここでは未だ固い蕾だったもの。
秋を纏うには未だ未だ汗を拭いきれぬものたち。
その蕾たちが高い陽にさらされ無事開花を遂げたその後の姿を。
私の気の赴くままに...草花たちが優雅に戯れるままに...。
そして何よりも...私自身の目を通し、此処へ収める心づもりでございます。

草の名を。
花の名を。
薔薇の名を。
枝の行方を。

貴方さまが。
貴女さまが。
貴男さまが。

未だ見ぬ地へと...彼方へと...新しい頁を捲るように。
世に溢れる手引書はあてにはなりませぬ。
観念に捕われることなく自由気侭に。
想いを巡らせながら御覧くださいませ。

今宵はどうぞ室内の明かりを消し、冴え冴えとした月明かりのもと...
しばし時を忘れ...お楽しみいただけたら幸いです。

花の名は、私自身でもあり、薔薇の名は貴方自身でもあるのです。

種を蒔いた私のもとへ貴方さまからの実りの便りをお聞かせくださいませ。
そして花の眠りと息づかいを感じながら...
まことの闇へと静かに旅立ちくださいませ。

〜G d D〜
[PR]
# by MiscellaneousOGRs | 2010-10-13 23:00 | Sweeter than Sweet
c0097879_3394732.jpg

...............................................................................................................
c0097879_353529.jpg

『Alister Stella Gray』
現在20輪程の蕾がついています。冷たい雨に次から次へと蕾をほころばせ、なんとも健気。
こんなに蕾のついたAlister Stella Grayを見るのは初めてです.笑 ちょっとビックリ。
鉢栽培といえども真のNoisetteの姿を初めて見るような気持ちでベランダに立って眺めています。
とても大切な薔薇。庭があれば是非とも地植えにしたい薔薇のひとつでもあります。
先日鉢増しをして、現在それでも7号鉢、 10号にはしません.笑
長年鉢だけで管理してきて...なんとなくですがコツが掴めたような気がしています。
...............................................................................................................
c0097879_338174.jpg

c0097879_3402392.jpg

蕾をつけているのはタグを見ていないから未確認。
あとの3枚は麗しのチャイナ系実生株のタニー嬢。今年の夏...酷暑を経てとても逞しくなりました。
c0097879_3404920.jpg

タニー嬢のシュート。来季の春が楽しみですね。そのシュートは真横だったりと実に気侭なもの.笑
薔薇のシュートは気温の低くなる秋がいちばん美しいと感じます。
このタニー嬢のシュートは、ほぼべーサルシュートに近いもの。
既に主幹よりも遥かに高く伸びています。ピンチすべきか...迷っています^^;
c0097879_3585247.jpg

左上、右下、タニー嬢。
右上、左下、『Rosa.chinensis var. spontanea (紅)』
...............................................................................................................
c0097879_3413699.jpg

『Mme. Joseph Schwartz』
こちらも蕾の数が...!
ちょっとうろたえてしまふ.笑
もう秋薔薇といってもさしつかえないでしょう。
ほんのりと花弁にピンクがさすようになりました。
...............................................................................................................
c0097879_3421890.jpg

品種未確認。なんとも美しい銅色の新芽。
...............................................................................................................
c0097879_3424872.jpg

『Gloire de Dijon』
私が薔薇を育てるようになったのは30を過ぎてから。
それから〜現在に至るまで数々の「Gloire de Dijon」と出会い、暮らしを共にしてきました。
短所、難所ばかりが噂となって飛び交うこの薔薇ですが...笑
もちろん長所がなければ作出されてから現在まで生き残ってはこなかったでしょう。
数々の薔薇をこの世に生み出した優秀な親薔薇でもあります。
Climbing Teaの割にはそんなに旺盛に伸びませんが、季節を通してとにかくよく咲く薔薇です。
株元がスカスカになりませんから、鉢植えでも見栄えがします。立ち姿が美しいのです。
沢山のTea Roseの中でも...私のいちばん好きなTeaの香りを持っています。
...............................................................................................................
c0097879_3432026.jpg

c0097879_3434461.jpg

c0097879_3441062.jpg

『Eridu Babylon』
夏の間は幾分平咲きでしたが、花が途切れることなく施肥が追いつかないほど^^;
この薔薇の連続開花性は...まさに庚申薔薇といっても過言ではないでしょう。
そしてあれよあれよという間に...限りなく丸い球状のヒップをたわわに実らせます。
涼しくなってからというもの...深いカップ咲きになり蕾の色もより深くなってきたようです。
とっても美味しそうだと思いませんか?笑
降りしきる秋雨に花弁は雫をたっぷりと含み...まことに美しい。
...............................................................................................................
c0097879_3443758.jpg

『Thérèse Bugnet』
ほっそりとした優雅な蕾...ゆっくりと開いた花弁は季節に揺蕩うようにしどけなく俯く。
気温が低くなるとすべらかな枝は珊瑚ミズキのように紅く染まり...。
この薔薇がなによりも美しいと思うのは、香しい匂いもさることながら...その涼しげな枝葉。
ハイブリッド ルゴサは四季咲きと謳われていても、開花については気侭なものが多い気がしますが
この薔薇は比較的よく返り咲きます。これ以上何を望むというのでしょう...笑
...............................................................................................................
c0097879_345313.jpg

『Gloire de Dijon』
どの季節に咲いても...どんな姿であれ、この薔薇にとってかわる存在はないのです。
男というものは...実に単純な生き物ですね。
...............................................................................................................
c0097879_3453329.jpg

...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
秋の長雨...。
皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。
温かい珈琲が身に沁みる季節の到来です。
マーケットに出向けば色とりどりの果実たち。
ショーウィンドゥを飾る鮮やかな冬の装いに自然と胸が高鳴ります。

薔薇の新梢はどんな季節であれ目に眩しいものですが
新しく世に誕生した薔薇も...、100年以上も前から存在している薔薇も。
秋深まる頃に織り成されるシュートの美しさはこの時節ならではのものです。
毎年秋の到来と共に悩まされていたうどん粉は現在のところ見当たりません。

秋の夜長...しばし時を忘れて薔薇に思い耽るのも実に贅沢なひとときです。

〜G d D〜
[PR]
# by MiscellaneousOGRs | 2010-10-01 00:00 | 月季
c0097879_1352419.jpg

c0097879_1354543.jpg

c0097879_1362173.jpg

c0097879_1365260.jpg

c0097879_1372028.jpg

c0097879_1392298.jpg

c0097879_1395833.jpg

...............................................................................................................
『もりあざみ/森あざみ/モリアザミ/森薊/Cirsium dipsacolepis/キク科/アザミ属』
...............................................................................................................
...............................................................................................................

春を告げ。嘆くは夏。秋を翻し。身籠るは冬。
野に咲く花々。迷うことなく天秤ばかりにかけるが如し。

我を忘れて迷いこむならアザミの森へ。
我を忘れて漂うまま...アザミ棲みし懐かしき森へ。

〜G d D〜
[PR]
# by MiscellaneousOGRs | 2010-09-24 00:00 | 月季
←menuへ