<   2010年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

c0097879_10534567.jpg

『Mme. Joseph Schwartz』
ほぼ断続的に咲いているのですが、春から数えてちょうど三番花。
春から二番花まではゆるやかな深いカップ咲き。
現在、それぞれの枝先に4〜5輪の花を咲かせていますが
夏はいずれも花弁数が より多くなり、花芯へ向かって巻き込むようなボタンアイを見せてくれます。

ひとくちにティー香といっても、それぞれのティーローズによって違いますし、
実にさまざま...且つ複雑なのですが、私はティー香の基本を『Gloire de Dijon』としています.笑

「Lady Hillingdon」の匂いもかなり好きなのですが、『Duchesse de Brabant』と
この『Mme. Joseph Schwartz』も 馥郁とした限りなく優しい...肺を豊かにする匂い。
...と、まぁ...すべてを含め、非常にクオリティの高い銘花だと思う次第です。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_1054556.jpg

敷地内に点在していて薔薇の鉢の中にも平気で飛び込んでくるのですが
手折ることはせず、根ごと抜いて別な鉢へまとめて移植。野草は大切なのです。
その移植した単体の鉢を見る度に完璧なフォルムだと感じます。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_10543291.jpg

クレマチス、Jackmanii系の『Galore』。
私はほんの出来心でこの苗を育てはじめたのですが、現在たいへん気に入っています。
この花も春から数えて三番花。酷暑をものともせず、実に美しい姿で薔薇の枝に絡みついています。
今朝、撮ったばかりの写真です。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_1055862.jpg

『Rosa foliolosa』
昨年に比べ今年は豊作なのですが.笑 笹のように細く美しい葉はこの猛烈な陽射しに少々焼けぎみ。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_10555330.jpg

c0097879_10563199.jpg

c0097879_10571160.jpg

『Golden Wings』
私の中で、夏 美しい薔薇といえば この「Golden Wings」。
一日花のように思われがちですが この酷暑の中でも二日は保ちます。
花びらが散ったあとに残る蕊の美しさは どの季節に出会っても瑞々しい。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_10574864.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_10581680.jpg

今朝は非常に早く目が覚めてしまい まだほんのりと青みがかった庭に降り立った訳ですが
こうして美しい姿に出会えたのですからやはり「早起きは三文の徳」ですね.笑
私の住む住宅街は花好きの方が多く、皆さん非常に早起き。
先日、夕刻に水遣りをしていた際、通りがかりの紳士に『薔薇が綺麗に咲いていますね!』と笑顔で。
通りに面して置いている特等席の9鉢のみ、こうしてみず知らずの方にも御覧になっていただける訳です。
ちょっと(実はかなり)嬉しい出来事でした。思わず...あ!どうもありがとうございます♪...なんて.笑
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_10585878.jpg

『Munstead Wood』
この姿は前々回の記事『八月の薔薇』の開花翌日の姿。
真夏でこの姿!最近とんとご無沙汰でしたが、久しぶりに手折って一輪飾った次第です。
部屋は涼しいよ...どうぞおあがんなさい...って感じでしょうか.笑
-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
薔薇は春いちばんに咲く花がいちばん美しいとされていますが(事実一季咲きの野生種は年に一度)
季語で指し示すなら薔薇は『夏』。私は四季咲きの薔薇の夏の姿をとても大切にしています。
個人的に、「花に元気をもらう...」という意識は毛頭ないのですが、
共に生きるものとして、季節に関係なく...[ 確かな何か]が...
相互にエネルギーを発し合っていると感じることは多々あります。

そして私は既に、今年の秋にはどんな色の新しいカーディガンを買おうかと考え倦ねています。
眩暈がするようなギラギラした陽射しなんて...実のところへっちゃらなのです!鬱陶しいけれど。
ウキウキするような...肌が泡立つような楽しいことを考えていれば自然と秋はやってくるのです。
それに...秋は実りの季節でしょ?

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-08-07 12:00 | 月季
c0097879_2265042.jpg

c0097879_22744.jpg

c0097879_2273330.jpg

[ Benoit Magimel (-薔薇-) / 岩下篤也 / Japon / 2010 ]
-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
私は薔薇や草花を撮影する時、直射日光の下...所謂...影のない状態では撮りません。
もちろん例外もあります。
河原での散策や湖畔でのBBQ...そして夏の海辺etc...偶然出会った草花を撮る瞬間。
今日はそのタブーを自ら破り、お日さまが燦々と降り注ぐ 直射の下で撮る事を
...敢えて意識しながら向き合った一輪の薔薇について。
-----------------------------------------------------------------------------------------

一年を通し返り咲く...四季咲き性の薔薇は せめて夏には休ませてあげたいもの。

今年の春に新苗で迎えたこの愛すべき薔薇を
この酷暑の中、摘蕾するべきか...咲かせるべきか悩んでいましたが.笑
今朝、眠い目をこすりながら室内からホースを引き、
窓を開けたら、朝陽を背に静かに蕾がほころびかけていたのです。

私が... 親愛なる人生の大先輩、ブノワ・マジメル氏と初めて出会ったのは
遡ること...ン年前.笑 ちょうど今頃.....由緒ある薔薇園の中、真夏の炎天下。
影を作るものは何もなく...そして遮るものも何もなかったのです。

大勢の方々と共に流した汗は河となり海へと流れ...
或る日一輪の薔薇を咲かせました。

只今 ブノワ・マジメル氏は夏休暇。
とてもあたたかく...とっても涼しげ。
そう、纏う水滴でさえ 知らぬ間に宝石へと ...
いとも簡単に変えてしまう力を持っているのです。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-08-04 22:00 | Sweeter than Sweet
c0097879_123739.jpg

c0097879_133348.jpg

c0097879_142724.jpg

c0097879_151468.jpg

c0097879_16157.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
[ Pavillon de Pregny (Noisette) / Jean-Baptiste (père) Guillot / France / 1863 ]
[ Eyes for You : Pejambigeye(Floribunda:Hybrid persica)/ Peter J.James/ UK / 2009 ]
[ Munstead Wood(English Rose) / Austin / UK / 2008 ]
-----------------------------------------------------------------------------------------

暦は日毎に捲られ そして破り捨てられてゆく。
真新しい数字が 白く薄い紙の上にくっきりと現れる。
破り捨てられた薄紙は もはやただ一塊の紙屑でしかない。
けれど................................................................
丸められた紙屑の中には 「昨日」という名のちいさな花びらが包まれている。
「今日」という日を指し示す数字の肩ごしには
紙の薄さ故 「明日」を表す数字が既に待ち構えている。

薔薇は真夏といえどもこんなにも美しく咲く。
そして 未練がましく枝に花びらを残す春とはうって変わって潔く あっさりと散る。
私はただそれを それをただ私は...日々撮り続けるだけだ。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-08-03 00:00 | 月季
←menuへ