<   2009年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

c0097879_113971.jpg

c0097879_1132983.jpg

[カンアオイ 寒葵/ウマノスズクサ科カンアオイ属]
日陰が随所に点在する我が家のような環境では非常に育てやすい植物のひとつ。
これは俗にいう『パンダカンアオイ』ですね。
暗紫色の天鵞絨のような質感、
葉はやや明るいライムグリーンに薄く斑が散っています。
*****************************************************************
c0097879_11351100.jpg

[原種交配株]
まことに美しい葉を持っています。
どんな花が咲くのかは まさに賭けのようなもので、
当初分かっていたのはDDだという事だけ。
その切れ込みの深い葉同様...花もほぼすべての萼片に深い切れ込みが入ります。
株が充実してきたら親株にするつもりです。
*****************************************************************
c0097879_1141137.jpg

c0097879_1143533.jpg

[イワオモダカ/ウラボシ科ヒトツバ属]
なんとも美しい草姿です。痺れる(笑)
混み合ってきたので、葉を少し間引いた方がいいかもしれませんね。
また新しい葉が展開してくることでしょう。
少し翳った岩場や日陰のロックガーデンなどにいいかもしれません。
*****************************************************************
c0097879_115032.jpg

[レモンティーツリー/フトモモ科レプトスペルムム属]
最初はホントに小さな...掌ほどのたよりない苗だったのですが、
今では自分の背丈ほどに成長しました。
薄くやさしい葉を持っていますが常緑です(たぶん...)
*****************************************************************
c0097879_115245.jpg

c0097879_1173590.jpg

[H. hybridus]
.........。好きかと問われれば微妙なところですが(笑)
地味な花が多い中で...不思議と浮かないのは何故?
春の陽射し降り注ぐ中で見ると、意外にも透明感があって綺麗です。
蕾はまるで桃のよう。印象としては80'Sですね...。
*****************************************************************
c0097879_119514.jpg

[デュメトルム/H.dumetorum]&[atrorubensの交配株]
c0097879_1192854.jpg

その後の黒百合嬢。
デュメトルムはとても小さな花を咲かせますが比べても遜色ないほどに小輪。
きっちりした丸弁じゃなくてよかったね。
*****************************************************************
c0097879_120737.jpg

[Canary Bird]&[ヒョウタンゴケ]
最近、この薔薇しか撮っていないような気が...。
定点観察ってことで。
*****************************************************************
c0097879_1215083.jpg

[H.purpurascens×H.atrorubens]&[H. hybridus]
プルプラ×アトロ...これは交雑ではなく...
交配されたものだと信じることができます(笑)
左上&右下の株は昨年株分けしたばかりなので
今年は咲かないと思っていましたが無事に開花。
ヘレボってホントに丈夫な植物ですね。
*****************************************************************
c0097879_1222661.jpg

[ヒョウタンゴケ 瓢箪苔/ヒョウタンゴケ科ヒョウタンゴケ属]
前回、この苔の名を教えていただきました。
Pさん、どうもありがとうございました。
*****************************************************************
c0097879_1225297.jpg

[デュメトルム ダブル/H.dumetorum DD×H. hybridus]
デュメのDDはもし仮に出会えたとしても、僕のような庶民には手が出ません(笑)
確実なのは小苗を入手し、2〜3年後の開花を見越して育てることでしょうか。
この株はデュメのDDとhybridusとの交配によって生まれたもの。
マットで柔らかい葉、デュメそのもののような蕾。
随所にデュメの血が非常に濃く強く...表れていると思います。
ひょろひょろと背丈だけ高くならず、こんもりとしたまとまりのよい草姿。
加えて多花性で、既に咲き終わった花、今が見頃の花...、
蕾も含めると20数輪...。楚々とした姿ながらも見応えがあります。
ちなみに6号鉢で育てていますが、是非地植えにしてみたいものです。
落葉樹の下に バイモなんかと一緒に植え込んだりしたら綺麗だろうなぁ。
*****************************************************************
c0097879_115532.jpg

[シラー シビリカ Scilla Siberica]&[H. hybridus]
*****************************************************************
c0097879_1234031.jpg

[肥後スミレ]&[ハナニラ 花韮]
肥後スミレの匂いは朝露のよう。濁りがないのです。
*****************************************************************
c0097879_1224354.jpg

[H. hybridus]
この株はたしか昨年も単独でupしました。
SSでそんなに珍しい個体でもないけれど、僕にとっては大切な株のひとつ。
*****************************************************************
三月最初の庭だよりでした。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2009-03-12 01:00 | 定点観察
←menuへ