<   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

c0097879_16293890.jpg

------------------------------------------------------------------------------
昨年、暮れも押し迫った頃。
ふたりで郊外の園芸店へと出かけた。
そうそうない事である。
普段はひとりでのんびりと出かける事が多い。
その日は或る目的があって、大量に下草を選ばねばならなかった。
薔薇の大苗も所狭しと店頭に並んでいたが、今年はもう購入する予定などない。
宿根草をおおむね選び終えて、レジで精算を済ませ車に積み込んだ。
その後しばらくはふたり別々にそれぞれ目当ての植物を探していた。
その時である。

切り詰められた薔薇の大苗の群れの外れから紅いものが目に飛び込んできた。
真っ赤に紅葉した葉は、ゆすったら今にも落ちてしまいそうである。
葉の並びや枝の質感から見ておそらく原種であろう事は容易に想像できた。
...が、あまりの美しさにしばらくはその場にかがみこんで見とれていた。
樹高は鉢土から40cm程、枝も紫紅色に染まりなんともいえない風情であった。
おそらく売れ残ったまま、長らく売り場に置かれた状態で夏を越したに違いない。
株元にはさまざまな冬草まで蔓延っている。
枝の先端は剪定されてから時間が経っており、滑らかに丸みを帯び、
この手の薔薇苗としては比較的大きな8号弱の鉢に植わっていた。
連れは離れたところで、裸になったスモークツリーを見ていた。
普段から薔薇には全く興味がないどころか、どちらかといえば嫌いな人である。
けれどその時ばかりは何故だかこの株を見て欲しいという気持ちが動いた。

『ちょっと見てくれる?』
『これ...何?サンショウ?』
『薔薇だよ』
『... ... ...... .........』
しばらく無言だったが...突然(笑)
なんと!『買ってあげる』と言い出した!
予想だにしない展開に我ながら笑ってしまった程である。
誰かに贈りたいと思う事はあっても
贈られたいと望んだ事など一度もない。
しかも相手は薔薇の嫌いな人である。

そんなこんなで我が家へやってきた株です。
贈ってくれた本人はとうにこの薔薇の名前さえ忘れているはず。
そして春には可憐な一重の黄色い花を咲かせる薔薇だということも。
帰路、車の後部座席に積んだその苗は...
揺られているうちにほぼ半分程、紅く染まった葉が落ちてしまった。

誰かの許へ...新しい居場所が見つかるその日まで。
葉を落とさずに売り場の一角で季節を宿したまま...
ただひとり静かに待っていたのかもしれない。

写真に収めたあと、音も無く枝からひらり離れた葉をすくいあげ
めったに開かないポルトガル語で書かれた古書の間に挿んだ。

図鑑によれば枝は短く切り詰めてはいけないと記されている。
地におろせばさらに樹木のように大株になるはず...。
どうしようか...、我が家には既に「Harison's Yellow」も
葉に惹かれて昨年迎えたばかりの「Agnes」もある。
幸いにしてこの薔薇の開花はとても早い。
そして更に幸いな事に...この薔薇が枝に咲き乱れるさまも
初夏に好ましい色の実をつけるさまも...
私は未だかつてこの目できちんと見た事がない。
今年の春には咲かないかもしれない。

慌ただしい暮れのちょっとした出来事だったけれど...
おそらくこの先...私は一生涯忘れることはないだろうと思う。

カナリアは私の胸の中にずっと棲み続け、
春が訪れるたびにやわらかい羽をひろげ
そのちいさな躯で自由気ままに飛び回るのだ...。

c0097879_16295732.jpg

[Canary Bird/Hybrid Hugonis]
*****************************************************************
c0097879_16301889.jpg

[エロディウム ペラルゴニフローラム/Erodium pelargoni florum]
ゲラ二ウムと非常によく似た姿形ですが全くの別種とのこと。
現在も次から次へと花芽をたちあげています。
*****************************************************************
c0097879_16303589.jpg

タグ紛失(またしても...!)
*****************************************************************
c0097879_16305884.jpg

[スノードロップGalanthus nivalis/ヒガンバナ科ガランツス属]
*****************************************************************
c0097879_16311796.jpg

*****************************************************************
c0097879_16313660.jpg

[atrorubensの交配株]
とても小さな株で背丈も大きくならず、非常にまとまりがよいです。
花径も3cm程。何故か鉢植えでも見栄えがします。可愛い。
*****************************************************************
c0097879_163235.jpg

c0097879_16321829.jpg

[チベタヌス/Helleborus tibetanus]
今年、整った花は得られないでしょう。
昨年迎えた株の開花はまだしばらく先になりそうです。
*****************************************************************
c0097879_16323651.jpg

*****************************************************************
c0097879_16325687.jpg

[スノードロップ ]&[ナデシコ]&左下奥[ビオラ ラブラドリカ]
記述は左上から時計回り。
ナデシコは矮性で地際すれすれに黒みがかった紫紅色の花を咲かせます。
おそらく「秩父乙女」(?)という品種ではないかと...。
そしてこのヘレボルス、『黒百合』と呼んでいます。
シングルは丸弁の方が好きですが、
この株はこの花形があってこそ、この個性、...そう感じます。
*****************************************************************
c0097879_16331343.jpg

*****************************************************************
c0097879_16333469.jpg

[原種スイセン Narcissus cantabricus DC. subsp. monophyllus]
花も楚々として素敵ですが、細い糸葉が非常に美しい。
地におろして群生させたら見事でしょうね...。
淡く懐かしい香水のような香り。
*****************************************************************
c0097879_16335329.jpg

[ニオイスミレ]&[エリゲロン]&[トキンイバラ]&[シルバータイム]
ニオイスミレは通常の紫に加え、赤、白、紫と白それぞれの八重。
寄せて植えたり単独で小さな鉢に植え込んで時折室内へ移動させます。
こんなに小さな花なのにとても強く香るから不思議...。
日本各地に自生しているスミレを、今年は少しずつ集めてみたいなぁ。
トキンイバラの紅葉は本当に美しいです。
我が家では真っ赤に染まる事はありませんが、
縁がピンクに染まり...冬の陽射しを浴びると
オレンジとのコントラストが非常に目をひきます。
シルバータイムはゴールデンタイムと同じ鉢に「対」で植え込んでいます。
とてもいい匂いです。このふたつの鉢も時折室内へ迎えます。
*****************************************************************
c0097879_16341324.jpg

*****************************************************************
c0097879_1634312.jpg

[原種交配株]
一昨年あたりからこういった原種交配株が気になっています。
どんな血を引き継ぐのか...それぞれに個性が違いますから尚更。
咲いたらまたお披露目しますね。
このヘレボルスも今年が初開花の株。
蕾をみる限り...そんなに特出した花は咲かないと思いますが...。
それでも今からとても楽しみでなりません。
*****************************************************************
c0097879_1634487.jpg

[スノードロップ Galanthus nivalis/ヒガンバナ科ガランツス属]
ブレちゃったんですが、仕上がりを見てとてもこの花らしい気がしました。
*****************************************************************
冬を慈しみながら春を待つこの季節。
今年最初の庭だよりでした。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2009-01-22 01:00 | 定点観察
c0097879_1725156.jpg

*****************************************************************
c0097879_173206.jpg

*****************************************************************
c0097879_1733899.jpg

*****************************************************************
c0097879_1735246.jpg

*****************************************************************
c0097879_1741149.jpg

*****************************************************************
c0097879_1742877.jpg

*****************************************************************
c0097879_1744443.jpg

*****************************************************************
c0097879_1745974.jpg

*****************************************************************
c0097879_1751644.jpg

*****************************************************************
c0097879_1753515.jpg

*****************************************************************
c0097879_1755117.jpg

*****************************************************************
c0097879_1761164.jpg

*****************************************************************
始発の電車に乗って海へ。
頬を流れゆく潮風は冷たくも心地よく。
朝陽を全身に浴びて...心身共に甦ったような気持ちです。
波間を駆ける子供たち。
手を繋ぎ抱きしめ合う恋人たち。
年末年始は友人たちとのんびり過ごしました。
ほんの束の間...PCから離れる生活も時にはよいものですね。
皆さんはどんな新年を迎えられましたか?

『香水月季』も無事3年目を迎える事ができました。
今年はどんな出逢いが待っているのでしょう。
塀に囲まれた庭にひっそりと咲く季節折々の草花の姿。
しなやかに.逞しく.したたかに.たおやかに.
雨に俯き.時に天を仰ぎ.そして風に散りゆく.

足どりはゆっくりのんびり...気侭なまま...。
そっと肩の力を抜きたい時。
白い扉をくぐって...いつでも気兼ねなくお越しください。
熱い珈琲...もしくは濃いめのお茶をいれてお待ちしております。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

G d D
*****************************************************************
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2009-01-06 22:00 | 月季
←menuへ