<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

c0097879_1242350.jpg

『京都タワー』。...大好きなんです。響きも素敵。
*****************************************************************
c0097879_1244313.jpg

この日の気温がダイレクトに写し出されている気がする1枚です。
*****************************************************************
c0097879_125943.jpg

石庭では、ひいた写真を沢山撮ったけれど...どれもつまらない気がしました。
(自分自身が撮った写真の仕上がりという意味で)
*****************************************************************
c0097879_1254996.jpg

*体長10cm弱はありました...! もちろん触角は含まず...です*
*****************************************************************
c0097879_1263548.jpg

苔むした岩は高さのあるものに...。
石群の中では沈みそうに浅い この『石』に目が行きました。
虫喰いの痕。年月が経たものはより一層素敵ですね。
*****************************************************************
c0097879_127977.jpg

黄色い睡蓮の一角もありましたが...。
*****************************************************************
c0097879_1275019.jpg

空き地にて。樹木一本植わっていない太陽にさらされた一角。
人の手は加わっていない気がしました。けれども数十種類の色とりどりの草花たち。
*****************************************************************
c0097879_1291963.jpg

龍安寺の喫煙所はとても贅沢な一角にあります。
眼前には睡蓮池。藤棚の真下です。
藤と睡蓮。それぞれに花期が違うところがまたいいです。
*****************************************************************
c0097879_141585.jpg

龍安寺に限らず今回の旅では壁ばかり撮っていました。
*****************************************************************
c0097879_1311096.jpg

太陽が傾いて 少しだけ暑さがやわらいだ...気がしただけ(笑)
*****************************************************************
c0097879_1315022.jpg

時間が経つのを忘れてしまいます。
*****************************************************************
c0097879_132351.jpg

子供が飲んでいました。(とめましたが......)
ここではシダと薔薇の違いについて友人が...!!!
*****************************************************************
c0097879_13394.jpg

こんなに大きなカミキリムシ。ちょっと直視できない気がします(笑)
薔薇を育てる以前は敵視してはいませんでしたが...。
これはシロスジカミキリでしょうか?
ゴマダラカミキリの成虫は綺麗だなぁと思います。
カミキリムシが発するあの威嚇音!!!
*****************************************************************
c0097879_1334038.jpg

雨は降っていません。
*****************************************************************
c0097879_13494.jpg

手持ちではこれが限界ですが...。
三脚を立てて撮影していた若い男子1名...。
時間と機会があったなら僕もゆっくり撮りたいです(夜に)
この後...新幹線に乗り、京都に別れを...。
*****************************************************************
ようやく熱も下がり...おだやかな週末を迎えようとしていた先週の木曜日の夜。
...たった一本の電話から、急遽 京都へと旅立つ事になりました。
長びいた夏風邪との戦いがようやく終焉を迎えようとしていた矢先の出来事。

『調子はどう?』
『まぁまぁかな...おかげさまで随分とよくなったけど。』
『だったら京都へ行かない?』
『え?!?!ナンデ?(笑)』
『龍安寺行きたいだけです(きっぱり)』
『あっ...そう。』

...という事で、
もちろん即答したことは云うまでもありません(笑)
おこがましくも住んでいたとは云えない程の短い期間でしたが...
かつて暮らした事のある懐かしい街。
そして僕の父の故郷でもあります。
幸いにして切符を取る事ができたので、
灼熱地獄を思う存分楽しんできました。
たったひとつの目的の為に移動する楽しさ。
おそらく日中は体温と同じ位の気温の高さ!
36~7℃はあったのではないでしょうか?
毎回感じることですが、京都の西日は強烈ですね...。
街のいたるところに...蓮を生けた水盤が置かれてあり
涼やかに路地を彩っていました。
旅は短ければ短い程、鮮烈な印象を残すものです。
今回の旅の目的は明確でしたから お土産も何も...
買い物らしい買い物もしませんでした。
たったひとつ 心残りだったのは...
『白バラコーヒー』を買ってくるのをうっかり忘れてしまったことかな?(笑)
次回は紅葉が過ぎた頃、初冬に訪れる事が出来たら...そう思っています。

G d D
*****************************************************************
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-07-31 00:00 | 月季
c0097879_23525811.jpg

*****************************************************************

タチアオイの先端の蕾が割れると...梅雨明けも間近。
昔からそう云われていますね。
日を追うごとに湿度は高まるばかり。
都会のアスファルトはすべての影を跳ね返し...
瞼の裏側には白く瞬く星が無数に。

夏に風邪をひくとは思いもよらぬ事。
週末 友人達は皆 海へと出かけてしまいました。
ひとり取り残され(笑)横になったまま眺める庭は なんともせつないもの。
葉脈だけを残して かろうじて形を保っている葉。
わずかに咲いていた薔薇もほぼすべて散ってしまいました。

皆さんもどうぞ...体調管理は万全に!
まだまだ夏はこれからです。

G d D

*****************************************************************
c0097879_0161316.jpg

*『マルバ・パークアリー』という品種だそうです*
*今年初めて庭へ迎えたタチアオイ*
*おそらく矮性品種...。草丈は約80cm程です*
*花びらの色もさることながら蕊の色がことのほかシックです*
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-07-23 00:00 | 日暮らし
c0097879_148815.jpg

〔コウホネ/河骨〕
〔葉:Mme. Alfred Carriere (Noisette)/Schwartz:France: 1879〕
〔ギボウシ(Hosta)/品種名不明〕
*この水盤の中にメダカは棲んでいません*
*水面に自分の姿が映らないように そっと体を傾けた時...*
*ギボウシの花はそよそよと水面へ*
*そして群れる数匹のメダカへと生まれかわったのです*
*****************************************************************
c0097879_1514051.jpg

〔Geranium pyrenaicum 『Summer Skies』〕
〔Geranium pyrenaicum Album〕
*今年の7月はまだまだ雲が低く垂れ込めて...庭に光が行き届きません*
*ゲラニウムは光に向かって咲く時もあれば 光に背を向ける時もあるようです*
*****************************************************************
c0097879_1532935.jpg

〔スイート・マジョラム(Sweet Marjoram)〕
〔蕾:ポピーマロー『Callirhoe involucrata』〕
*兎に角...この匂いが大好きなのです*
*****************************************************************
c0097879_153587.jpg

〔ネグンドカエデ『フラミンゴ』/Acer negundo 『Flamingo』〕
*目の粗い刷毛でカンバスに一気にまかれた色*
*地塗りの施されていない布...そんな印象です*
*斑が姿を現す前の白い葉。支える軸は実に美しいピンクです*
*****************************************************************
c0097879_1544379.jpg

〔斑入り西洋ニワトコ〕
*この斑。鼻腔からではなく 視界にミントの匂いが広がります*
*****************************************************************
c0097879_1551684.jpg

〔Geranium pyrenaicum 『Summer Skies』〕
〔Geranium pyrenaicum Album〕
*『Summer Skies』。実にシンプルな名前ですが...素敵です*
*****************************************************************
c0097879_1565374.jpg

〔ポピーマロー 『Callirhoe involucrata』〕
*こんなに次から次へと咲くとは思ってもみませんでした*
*草ぶえで目にして苗を迎えた際には来年用と思っていたのに(笑)*
*アオイ科のようです*
*どうやら蟻に好まれるようですね...今度味見してみようかと...(笑)危険?*
*株元には球根のような...多肉植物のような塊が見られます*
*少ない日照でこれだけ蕾をあげてくるなんて驚きです*
*****************************************************************
c0097879_1571882.jpg


夏至を経て七夕過ぎ。
ただひたすらに...待つは夕闇のみ。
ふたつの夜は1枚の布の切れ端。

どうぞ皆さんそれぞれに...自由に物語を編んでみてください。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-07-09 00:00 | 月季
c0097879_1281324.jpg

[Geranium pratense『Double Jewel』]

「昨年『Stanwell Perpetual』を思い切って10号鉢に植え替えました」
「株元がさみしいので数々の宿根草を周囲に植え込んだのです」
「ヒューケラや唐子咲きノイバラ...黒百合にクサイチゴ」
「このゲラニウムもその中のひとつ」
「多花性で比較的花期も長く大株に育ちます。まだまだ花を楽しめそうです」
「シドイデスのように枝を旺盛に伸ばします」
*****************************************************************
今年の6月の光はいったい何処へ行ってしまったのか...。
降り立つ庭の隅々に目を凝らし...その行方を探すことしきり。
狭い庭を見渡す時、視界に飛び込んでくるすべての色彩を同時に捉えるのは難しい。

『探そうと思っても無駄なのだ...。』
花は。
葉は。
そして枝は。
少ない光を自らその身に吸い込んで...ある瞬間に一気に放出する。
ただ...その時を見逃さないようにするだけ。
*****************************************************************
c0097879_1284583.jpg

[Rosa pendulina 'Bourgogne']

「今年迎えたばかり...ペンデュリナはローズピンクの目にも鮮やかな花」
「ブルゴーニュは優しい淡いピンクの花を咲かせます」
「チョコレートのような...渋く且つ甘い色合いのヒップは日に日に深まるばかり」
「既にいくつかの実は落下してしまいました...それでも」
「沢山の実は膨らみながらも色を変え、次の季節の到来を待っています」
*****************************************************************
c0097879_1291939.jpg

[Rosa pendulina 'Bourgogne']
[Red Nelly]

「本格的な秋を迎えるまで...ヒップも大事にしなければなりません」
「レッド・ネリー」は今、既に黒に近い色合いです」
*****************************************************************
c0097879_1294397.jpg

[Geranium cinereum『Ballerina』]

「目下、...最も夢中になっている植物のひとつにゲラニウムがあげられます」
「スペースさえ許せばコレクションに加えたい願望が...」
「既におおかたの花は散ってしまいましたが、まだまだ蕾をあげている品種も」
「ここにあるのはほんの一部。機会があればまたご紹介いたします」
*****************************************************************
c0097879_13041.jpg

[GERANIUM cinereum『Alice』]

「この『Alice』も多花性ですね...花が途切れる事がありません」
「とても丈夫。矮性品種でしょうか...我が家の株は小ぶりなものです」
「全開になる一歩手前の姿の愛らしさ...堪りません(笑)」
*****************************************************************
c0097879_130255.jpg

[Geranium cinereum『Ballerina』]

「兎に角...素晴らしい色合いです」
*****************************************************************
c0097879_130454.jpg

[Rosa nitida]

「咲き始めはもう少し濃い色合いです...」
「日照が充分でない我が家では...花色が薄くなる傾向に」
「加えて...夜かと思うような(笑)雨続きの暗さでは...」
「終焉に向かって退色するさまもたおやかな一重」
「残念ながらいくつかの実は落下してしまいましたが」
「秋が楽しみな薔薇のひとつです」
*****************************************************************
c0097879_131597.jpg

[GERANIUM cinereum『Alice』]
[ヤマアジサイ:『流星』]

「Yさん...どうもありがとうございます!」
「既に脇から新芽が展開し始めています」
「その姿を写真に収めるべきか早々に切り戻すか...」
「随分迷っていましたが 来年にそなえて養生への道を選んだ次第です」

[センジュガンピ(千手岩菲)/ナデシコ科センノウ属]

「この花は見ていて飽きるという事がありません」
「楚々とした姿に反して繁殖力も旺盛...今は窓を開けてすぐの場所に」
*****************************************************************
c0097879_1312965.jpg

[ポピーマロー 『Callirhoe involucrata』]

「先日、草ぶえの丘で出逢った花です」
「早速我が家にもやってきました」
「まだまだしばらくは楽しませてくれそうです」
「一日花かと思っていましたが2〜3日は保ちます」
「やはり我が家は光量が足りないのでしょうか?」
「本来ならばもう少し深い色合いで咲くはずです」
「特筆すべきは...花が終焉を迎え 萎れる寸前」
「水分を失い...深い青紫へと変貌を遂げるさまはため息ものです」
「切れ込みの深い葉もとても素敵です」
「エミー・グレイ」の株元へ移植しました」
*****************************************************************
c0097879_1315424.jpg

[Mrs. Doreen Pike]

「遅咲きのこの薔薇も最後の力を振り絞って雨に耐えています」
「今年も沢山咲いてくれましたが、薄紙のような弁質ゆえ...」
「長雨で痛んでしまい 中には開き切れずに落ちてゆくものも多数」
「最後の一輪です」
「雨の降りしきる中、雫を存分に吸って薄紙はパラフィンへと...」
「滲みながら透けゆくさま...雨も厭わずまことに美しいです」
*****************************************************************
幾度ボツにしようかと考えたかわからない...(笑)
それでも花が放つ光を記録に留めずにはいられない。

一年にほんの数日。
花によっては ほんの数時間。

この日を待って開いたそれぞれの花に...ただただ胸は熱くなるばかりです。
過ぎゆく春。それぞれの草花へ感謝を込めて。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-07-03 01:00 | 定点観察
c0097879_2291923.jpg

[エンビセンノウ(燕尾仙翁)/Lychnis wilfordii/ナデシコ科センノウ属]
* 燃え立つような朱を宿した花弁の色は室内でようやく落ち着いてくれました *
* 「燕尾」とはご存じ『燕尾服』のエンビです *
* 結実した様子も可愛いです *
* この株はタグに『樺太』とありました *
*****************************************************************
c0097879_2295429.jpg

[ツクシカラマツ(筑紫唐松)/Thalictrum kiusianum/キンポウゲ科カラマツソウ属]
* もはやこの季節の定番ですね... *
* 花器は古道具として手許へ迎えましたが 釉薬は注ぎ口の周辺のみかかっています*
* よって 水を張ると滲み出しますので 鉢カバーとして活躍してもらっています *
* 直径15cm 高さ18cm弱の手ごろな大きさ。元の用途不明也... *

緑を背にして映える草花もあれば...
背景をスッパリ排した方が逆に映えるものもあります。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-07-02 00:00 | 月季
c0097879_152871.jpg

〔Windrush (English Rose)/Austin:UK:1984〕
*2番花。この日は午後から雨になりました*
*わずかに射した朝日をまとった瞬間です*
*ゆるい半八重の姿ならではの気品を感じます...*
*「Golden Wings」の血が流れているんですね*
*草ぶえで撮った「Golden Wings」の写真もあるのですが ご覧になりますか?*
*****************************************************************
c0097879_2401381.jpg

〔Emily (English Rose)/Austin:UK:1992〕
*この薔薇は訳あって2代目なんです*
*既に夏花の様相を呈していますが...*
*湿度のせいでしょうか、素晴らしい香りは健在です*
*****************************************************************
c0097879_1391340.jpg

〔Golden Wings〕(6/7:草ぶえの丘にて)
*「Windrush」の交配親は「実生」×(『Canterbury』×『Golden Wings』)*
*とても興味深いですね*
*****************************************************************
c0097879_156770.jpg

〔Windrush (English Rose)/Austin:UK:1984〕
*白く退色したさまも非常に美しいです*
*****************************************************************
時折...雲間から覗く陽射しは既に夏のものです。

降り止まないと知りつつも 空を見上げては夏空を乞う。
この季節ならではのもの...と知っていながらも
今年程...お日様を恋しく思った年はなかったように思います。

過ぎ去った水無月。
白く新しい扉のひとつ手前。
ささやかに そして瑞々しくも鈍色に。
慌ただしい日々を彩ってくれた坪庭の記録。
今日から一日ごとに(日々更新の予定)3〜4回に分けて...。
現在咲いているものも含めて...
少しずつ撮りためた6月の庭の草花をご紹介していきます。
薔薇の2番花や雫をまとった初夏の草花たち。
すべて消化しきった暁には...梅雨も明けているでしょうか。

第1回目の今日はERの2番花です。
長い長い雨季は夏への序章。
皆様へ...涼やかな風が運ばれますよう。
楽しんでいただけたら幸いです。
どうぞお気軽に遊びにいらしてくださいね。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-07-01 00:00 | 月季
←menuへ