<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

c0097879_1954097.jpg

c0097879_19543930.jpg

c0097879_1955364.jpg

c0097879_20224431.jpg

c0097879_19563376.jpg

c0097879_20282215.jpg

c0097879_19582394.jpg

c0097879_1959273.jpg

c0097879_19595569.jpg

c0097879_2004112.jpg


梅雨の晴れ間。
電車に乗って川原へ出かけました。

渦巻く低気圧を吹き飛ばす雲の流れ。
うなじを一秒毎に新しい色に塗り替えてしまう太陽。
遮るもののない水辺に育つ草花。
背丈程に茂った野の花を掻き分け...ぐんぐん進みます。
振り返ると 友人は川原に寝そべってうたた寝。

太陽がいちばん高い位置にある時間帯にしか見えないもの。
この日、出逢った草花は必ずしも水辺の植物という訳ではありません。
近隣から風に飛ばされてきた園芸種もありそうな気配。
残念だったのは、前回訪れた時よりも水辺が整理されていたこと。
以前はホテイアオイなどが沢山プカプカ浮かんでいましたが、
今回見る限りではほぼ皆無。カヤツリグサの仲間も随分減っていました。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-06-29 19:00 | 月季
c0097879_759243.jpg

〔Rosa rubrifolia:Rosa glauca〕(6/1)
「いつ見ても綺麗だな...と思います。或る意味贅沢な薔薇だとも...」
*****************************************************************
さてさて...6月も下旬にさしかかりました。
空梅雨だと思っていたのも束の間のこと。
雨に濡れた庭を彩る草花たち。
紫陽花、蕺草...、初夏を彩る山野草...。
遅咲きの原種の薔薇に混じり...ちらほらと咲いている2番花。
或る晴れた日に出かけた水辺の植物たち。
そして我が家へと新たに仲間入りした...まだまだ小さな苗たち。
この瑞々しい季節ならではの美しさ。
UPしたい写真が次々と溜まってきています。

その前に...機会があればまた出かけたいと思っていた草ぶえの丘。
どうやら今月中には難しそうなので、(機会を窺っていましたが...)
お約束通り...6月1日と7日に撮りながら
ご紹介しきれなかったものを 今回まとめてUPします。
UPしない事には次に進めません(笑)
最後に訪れてから もう既に2週間が過ぎようとしているんですね。
*****************************************************************
c0097879_8052.jpg

〔オルラヤ〕(6/7)
「陽が傾き...あたりが暮色に包まれる頃に撮った1枚。夢のような眺めでした」
c0097879_802481.jpg

〔Cantabrigiensis〕(6/7)
「これも夕暮れ時...花が閉じようとしています。花はほんの数日...ラッキーでした」
*****************************************************************
c0097879_81260.jpg

[Rosa roxburghii/十六夜薔薇](6/7)
「欠けていないものが多かったように思います。」
「これは全開になる一歩手前、欠け具合がほどよく...実に美しいです」
c0097879_813061.jpg

「蜂になりたい...そう思いました」(6/7)
c0097879_815936.jpg

「ヒラタさんになりたい...そう思いました」(6/7)
c0097879_823440.jpg

[Ombree Parfaite](6/7)
「やはり『Gallica』は朽ちる寸前がいちばん美しいように思います」
「1日にも撮りましたが7日の方が写真が多い事に気づいた次第です」    
c0097879_8304.jpg

〔Rosa rubrifolia:Rosa glauca〕(6/1)
「この薔薇がひと株あるだけで 四季折々の眺めを楽しめることでしょう...」
c0097879_834157.jpg

再び[オルラヤ](...がこちらは6/1)
「花が終わったあとの結実するさまの美しいこと!」
c0097879_84418.jpg

[Rosa rugosa plena](6/7)
「低い位置で這うように...朽ちかけた花弁。実にしどけない風情です」
c0097879_845716.jpg

[Rosa roxburghii/十六夜薔薇](6/7)
「やはり蕾でしょうね...花よりも蕾を見ている時間がいつも長いのです」
c0097879_853696.jpg

[Blanche de Belgique](6/1)
「所謂 原種ではない白のオールドローズの中で ひと際印象に残っています」
「新苗が売っていましたね」
c0097879_861291.jpg

[ツクシイバラ](6/7)
「ちょうど見頃でした。花は可憐なピンクですけども 根底に紅いものが流れています」
c0097879_1405021.jpg

[ツクシイバラ](6/7)
c0097879_864143.jpg

[アズマイバラ](6/7)
「...だと思うのですが(?)暗紅色の軸に白い花...堪りません(笑)」
c0097879_87797.jpg

[Kazanlik](こちらは6/7のもの)
「Kazanlikの全景...ぐるぐる廻りました(さぞ怪しかったことでしょう(笑)」
c0097879_20272147.jpg

[Prolifera de Redoute](6/7)
[Rosa spinosissimaの一角にて](6/1)
[Schneezwerg](6/7)
[Rosa davidii](6/7)
「次の季節が待たれます...」
c0097879_87246.jpg

[Sir.Cedric Morris](6/7)
「がっしりした躯にそよそよと優しげな花。この薔薇もとても綺麗でした」
c0097879_874387.jpg

[La Mortola](6/7)
「6月1日にわずかに見る事ができた花も7日にはほぼすべて姿を消し...」
「それでも美しい。この薔薇の神髄を見る思いです」
*****************************************************************
昨夜...この倍の量の写真をUPしましたが
ぐったり疲れてしまい(ご覧になる方も疲れますよね?笑)
悩んだ挙げ句...半分に減らしました。
気が向いたら4分割で若干追加するかもしれません。

次回は散歩写真と 自宅で咲いている草花を織りまぜて
もしくはそれぞれ違う日に...そう考えています。
どうしても名前を知りたい草花があるのです。
今現在調べているものもありますが 同定が難しく
また皆さんの力をお借りする事になるかもしれません。
知っているようでいて...名を知らぬ草花がまだまだ沢山!
なんだか嬉しくなってしまいます。
御協力いただけたら幸いです!
どうぞヨロシクお願いいたします。

訪れた方も...今回は機会がなかった方も。
同じような写真が3回にわたって続きましたが、
お楽しみいただけたら幸いです。
6月の草ぶえの丘の記録は ここで一旦おしまい!
また訪れる機会がありましたら
新しい気持ちで皆さんにご紹介したいと思います。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-06-24 23:00 | 月季

c0097879_23191574.jpg

「ちなみに...これは薔薇ではありません(笑)念の為」
*****************************************************************
6月7日に 再び『草ぶえの丘』へ行ってきました。
正確には1週間後ではなく...6日後ですね(笑)
写真は午後2時頃から...夕暮れまでを追ったものです。
土曜日だったにもかかわらず...園内は意外に人もまばら...。
*****************************************************************
c0097879_23205346.jpg

「蝶も自分自身の姿をよく知っているのでしょうね...」
c0097879_23282433.jpg

「ポツンと離れたところに生えていました。スゴく可愛いです。こぼれ種?」
*****************************************************************
ひとつの品種をあらゆる角度から念入りに観察しているサンバイザーマダムや
写真は撮らずに...のんびり薔薇を楽しんでいらっしゃる方。
宿根草の茂みに顔を埋めて 蜂と格闘していらっしゃる方etc...。
皆さんそれぞれに楽しんでおられたようです。
*****************************************************************
c0097879_23302545.jpg

[Celsiana]「ちょうど見頃。 これは散り際の一輪です...」
c0097879_23332198.jpg

[Rosa clinophylla]「一輪のみ咲いていました ♪ 印象としては茶の花のような」
*****************************************************************
6月1日に撮ったものと今回6月7日に撮ったもの。
3回目があるか否か...は、ちょっと怪しいですが(笑)
訪れる事が出来たなら3回目を...。これは希望的観測です。
果たせなかった場合は...
それぞれの回にUPしなかった写真を「総集編」として次回に。
計3回にわたって写真をUPする事にしました。
ちょっと「ヒツコイ」でしょうか(笑)
*****************************************************************
c0097879_23353368.jpg

「目が散らつくような色合いですが、風情があります」
c0097879_2337469.jpg

[Adelaide d'Orleans]「植えたい薔薇のひとつ」
[Rosa multiflora cathayensis]
「この4枚は是非とも分割でお楽しみください(笑)」
*****************************************************************
普段から薔薇園を集中的に訪れる習慣はないのですが、
草ぶえの丘は時間が許す限り...足を運んでみたい場所のひとつです。
薔薇が咲いていなくても 季節を感じることのできる場所。
今回は写真もちょっとだけ多め...、楽しんでいただけたら幸いです。
皆さんもどうぞ 素敵なひとときをお過ごしください。

G d D
*****************************************************************
c0097879_23384958.jpg

[Albertine]「今回浮いてますけど(笑)くだけた花容はこの薔薇ならではのもの」
c0097879_23394181.jpg

c0097879_23404726.jpg

[Rosa Brunonii]「『La Mortola』と、たしかによく似ていますが...?」
c0097879_23415413.jpg

「絶妙な配色だと思いました...」
c0097879_2343584.jpg

「本当にフォトジェニックな花だと思います」
c0097879_23445924.jpg

「『Ombree Parfaite』の足許だったかな...?」
c0097879_23453091.jpg

[テリハノイバラ Rosa wichuraiana]
「匍匐するさまが...なんとも逞しく 且つ愛らしい」
c0097879_23262932.jpg

[Rosa multibracteata]
「花びらと葉の相性が抜群によいです」
c0097879_0524539.jpg

[ミヤコイバラ]
「素敵です...」
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-06-11 00:00 | 月季
c0097879_0231922.jpg

〔Rosa agrestis〕

6月1日の草ぶえの丘の記録です。
朝から素晴らしい天候に恵まれたものの...日中は汗ばむほどの陽気。
陽射しを遮りながら撮影するのもひと苦労...。
眩い陽射しは枝葉のそこかしこに強い影をつくって
まるで盛夏を思わせる一日でした。

この日は『日本の野生バラ』について...それぞれの株を巡りながら
説明して下さるとの事で、今回 会員の方のご好意により同行させていただきました。
(Sさん...、そして皆さん、どうもありがとうございました!)
ヤブイバラをルーペで覗いた時の胸の高揚り!
僕も早速ルーペを買う事にしました(笑)

c0097879_037621.jpg

〔La Mortola〕

今回、最も気になった薔薇のひとつです。
フランネルのような手触り...。
葉にもかすかにいい匂いがします。
神代のモスカータを冬の薔薇に例えるなら...
さしずめ こちらは夏のフランネル。
芝生に吸い込まれた陽射しが枝葉に反射して
まるで木陰でひと休みしているかのような...そんな風情です。
株全体の姿もとても素敵でした。
終日、この樹の前に何度佇んだ事か...!(笑)

c0097879_045162.jpg

夕暮れの〔Lord Penzance〕
c0097879_0475565.jpg


草ぶえの丘には「カラフトイバラ」だけでも散らばって数株...
同じ名を冠せられながらも枝葉の様子に変異が見られるものも少なくありません。
往きつ戻りつを繰り返しながら枝や棘の様子を見比べるのも一興...
なんとも贅沢で楽しいひとときでした。

c0097879_049113.jpg

〔アズマイバラ〕?
c0097879_0503233.jpg

〔Seven Sisters〕
c0097879_0512493.jpg

〔ニゲラやアルケミラモリス...〕
(この白に臙脂のニゲラが柔らかい色彩をキュッと引き締めていました)

薔薇もさることながら...宿根草のボーダーが非常に綺麗でした。
知らない花の名前をひとつずつ...あらたに胸に刻むのはとても嬉しいことですね。
せっかく教えていただいたのにもかかわらず、忘れてしまったものもあります。
オルラヤやムシトリナデシコ...この蓮華の花を思わせる豆科のような植物も
至るところに植栽されていてそれはそれは見事なものでした。

c0097879_0523754.jpg


c0097879_0533756.jpg

〔Kazanlik〕 大好きな薔薇です。
c0097879_054731.jpg

〔Kazanlik〕
c0097879_055927.jpg

〔Rosa foliolosa〕!!!
c0097879_120115.jpg

〔Rosa.Inodora〕

薔薇を巡る旅は果てしなく...どのシーズンであっても
終わりがないように感じるものですが
時を同じくして ひとつの場所へと集う偶然。
その縁を引き寄せたのも...薔薇。
園内で偶然出会った友人と陽が傾く夕方までのんびりすることに...。
昨年の秋同様...今回も最後の客となりました。
ひと足先に園を出た友人を探しながら...
ふと背後を振り返ると...一斉に翳りを帯び始めた薔薇たち。
金色の薄い陽射しを纏った姿は神々しいほどの輝きでした。
薔薇は幸せをもたらすもの。
そう強く感じた一日でした。

G d D

c0097879_123455.jpg

〔Rosa.Elliptica〕
c0097879_0301181.jpg

〔Elegance〕
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-06-05 00:00 | 月季
←menuへ