カテゴリ:日暮らし( 32 )

c0097879_2015488.jpg

...............................................................................................................
c0097879_20153270.jpg

今年発芽した薔薇で、今現在いちばん成長著しいのがこの薔薇。
c0097879_20161583.jpg

生意気にもベーサルシュートまで.笑 まだ小さな苗ですが樹形はやや暴れる感じかも...。
c0097879_20165242.jpg

どんな花が咲くのか...今から楽しみです。葉も小さく枝振りも華奢。交配はヒミツ.笑
...............................................................................................................
c0097879_20172297.jpg

この花は夕暮れ時がいちばん綺麗です。
都内に霜は降りないけれど、...まぁ俗に云う『霜が降りる頃まで』咲きます。
でも印象としてはやっぱり夏かなぁ。
...............................................................................................................
c0097879_20243659.jpg

今夏のマダムは昨年に比べて随分と優雅です。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
〜interprètes〜

『ルッセリア・ハナチョウジ/Russelia equisetiformis/ゴマノハグサ科/ラッセリア属』
『(未だ)名もなき薔薇』
『Mme.Renahy(Hybrid Perpetual)/Guillot/France/1889』☆☆☆昨年の夏花☆☆☆
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
『香水月季』も『Noir-Z』同様、毎回...写真は5枚で組むことにしました。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2011-08-06 20:00 | 日暮らし
c0097879_23175690.jpg

『ヤマイバラ / 山茨 / Rosa sambucina』
私がこの2年間に渡ってご執心なのはこの薔薇。
ベランダの正面、扉を開けた位置に吊り鉢で仕立てています。
個体差あるようですが、我が家のヤマイバラは葉も薄いですし、
何よりも新梢が美しい...見とれてしまいます。
何故か虫食い痕も見受けられません。
程よい照り葉...雨の日は夢のように美しいのです。
...............................................................................................................
c0097879_23182567.jpg

c0097879_2319276.jpg

『Multiflora de Vaumarcus』
この薔薇は通年花が崩れないんですね。
私は8号鉢で育てています。
同じ〜Noisette〜の、『Alister Stella Gray』も8号鉢。現在ヒップがたわわです。
この薔薇と『Alister Stella Gray』を混植しようかと思案中。
...............................................................................................................
c0097879_23193685.jpg

『Rosa chinensis 'Minima'』
肥料もロクにあげていないにもかかわらず...ホントよく咲きます。
この薔薇も、ヒップを取り去らずにいます。
...............................................................................................................
c0097879_2320372.jpg

『Lavender Pinocchio』
総合的に見て、とても素晴らしい薔薇のひとつだと捉えています。
シックな花色はもちろんのこと、なんといっても匂いが素晴らしいですものね^^
手折って花器に挿し、さりげなく室内に彩りをそえたくなる..そんな薔薇です。
...............................................................................................................
c0097879_23211220.jpg

c0097879_23214498.jpg

c0097879_2322161.jpg

『琉球テリハノイバラ / Rosa wichuraiana var. glandulifera』
通常のテリハに比べて軸が紅い。
そして四季に咲きます。
秋にもたーんと咲きます.笑
加えてシュートをガンガン出します。
...............................................................................................................
c0097879_23225287.jpg

『ノハナショウブ / 野花菖蒲 / Iris ensata var. spontanea』
この花が咲いた朝は雨が降っていたんですね。
しばし時を忘れて向き合ったことが思い出されます。
...といっても最近のこと。来年が楽しみ。鉢増ししようと思います。
...............................................................................................................
c0097879_23232972.jpg

『Multiflora de Vaumarcus』
蕾が可憐なんです。
...............................................................................................................
c0097879_2324879.jpg

『Henry Hudson』
しつこいようですが.笑
所謂...『夢のような』薔薇。
HRgですが...暑さもなんのその。
ベーサルシュートの出が抜群によいです。
草ぶえから2年程前に新苗で迎えた薔薇のひとつ。
...............................................................................................................
c0097879_23244126.jpg

『ヤマイバラ / 山茨 / Rosa sambucina』
すゞやかなひとときをどうぞ。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
〜interprètes〜

ヤマイバラ / 山茨 / Rosa sambucina

Multiflora de Vaumarcus

Rosa chinensis 'Minima'

Lavender Pinocchio

琉球テリハノイバラ / Rosa wichuraiana var. glandulifera

ノハナショウブ / 野花菖蒲 / Iris ensata var. spontanea
Multiflora de Vaumarcus

Henry Hudson

ヤマイバラ / 山茨 / Rosa sambucina
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................

今回は今現在咲いている夏の薔薇を中心にUPしました。
次回は色づき始めたヒップを中心にUP致します。

東京の夏はホントに最低最悪!ですけれど、私は負けませんヨ。
東京の夏って軽薄そのもの。街と同じ。短いですしね。
酷暑だからこそ背筋をしゃんと伸ばしたいものです。
常日頃から私が気をつけていること。それは歩く際の姿勢ですね。
...で、虫も殺さぬ貌して涼しげにしてる訳。
暑っ...ぅ...なんて口に出しても気温が下がる訳じゃなし。
皆様もどうぞお体ご自愛くださいませ。
ひとときの涼を感じていただけたら幸いです。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2011-07-20 00:00 | 日暮らし
c0097879_1433582.jpg

中国雲南省産大蒜。
今年は野菜が高いです。
この大蒜はスーパーマーケットでいちばん安かったもの。
非常に小ぶりで色彩が美しい。
食用にするものはベランダで育てていますが、
そのほとんどは韮などと共に薔薇の鉢に植え付けています。
珈琲カップはたいへん気に入っていたもの。
が...うっかり手を滑らせてソーサーを割ってしまいました。
C&S...どちらも花のモチーフをあしらった素敵な形だったのですが...。
例外もありますが、基本食器は無地のものしか使いません。
色は蒼ざめた白からアイボリー...ベージュのグラデーションのみ。
現代のものは稀にしか迎えませんが、例えば同じ白の括りでも...
『iittala』社のものはあたたかい白。『Royal Copenhagen』は蒼ざめた白。
古いものなら『Maastricht』窯のものが好みです。八角皿とかね。
...............................................................................................................
c0097879_1441259.jpg

オオミスミソウ(大三角草)
昨年は蕾から一気に平咲きでした。
ヘレボでいうところのリバースですね。
色合いはHybrid Spinosissimaの『Red Nelly』とたいへんよく似ています。
...............................................................................................................
c0097879_14539.jpg

c0097879_1454089.jpg

#39
この株はたしかssだったはずです。
...............................................................................................................
c0097879_1462857.jpg

我が家は黒竜と玉竜で溢れかえっています。
...............................................................................................................
c0097879_1471291.jpg

苔はただ貼りつければいいというものではありません。
山野草店などでは...様々な値段で売られていますが僕は買ったことがありません。
ストックを絶やさないようにすることと...普段からの養生が大切。
馴染むか馴染まないかもだいたいコツが掴めてきました。
柔らかい上質な歯ブラシとピンセットは必需品です。
...............................................................................................................
c0097879_1474586.jpg

葡萄紅
週末に撮ったもの。
一輪だけ咲いていました。
総合的に見て...とても好いチャイナローズのひとつだと思っています。
...............................................................................................................
c0097879_148151.jpg

我が家の沈丁花は盆栽仕立て。
なんでもかんでも地におろせばいいというものではありません。
いかに持ち越すか...いかに小さく仕立てるか。
いじめてこそ花を咲かせる種も多いと思います。
もちろん沈丁花は地植えがベストだと思いますが、
街暮しの僕にとって...この季節...
室内に漂う濃密な匂いを愉しむには鉢植え、という訳です。
いつの日か自由に出来る土地が私に与えられたとしても...
鉢植えで愉しむことは生涯やめないと思います。
...............................................................................................................
c0097879_1485077.jpg

#36 / Helleborus. torquatus hybrids
こういった花は今となっては見向きもされないのでしょうね...。
僕は好きなんですが...。
花径は小指の先ほど。
...............................................................................................................
c0097879_1492380.jpg

#28
たしか艶やかなsd。
タグを見る限りでは...。
昨年もupしたかもしれません。
我が家にあるヘレボはどれも似たり寄ったり。
特別珍しいものはありませんが、愛着のある株ばかりです。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
先週末はイトスグリ〜糸酸塊〜を株分けしながら
写真を撮りつつ...久しぶりにのんびり過ごしました。
結果...小さな苗がふたつ。
主幹を持つ大きな苗がふたつ。
合計四つの株になりました。
やがて来る春が楽しみです。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2011-02-14 00:00 | 日暮らし
c0097879_19311017.jpg

c0097879_19314498.jpg

c0097879_19322014.jpg

c0097879_19325511.jpg

c0097879_1933332.jpg

c0097879_19341612.jpg

c0097879_19344428.jpg

c0097879_19352198.jpg

c0097879_19354752.jpg

c0097879_19364445.jpg

c0097879_19371120.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19374437.jpg

c0097879_19384586.jpg

...............................................................................................................
c0097879_1939216.jpg

c0097879_19395697.jpg

c0097879_19403411.jpg

c0097879_1941514.jpg

c0097879_19414197.jpg

c0097879_19421284.jpg

c0097879_19424055.jpg

...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
Munstead Wood。

ご近所の柿の木。
Munstead Wood。
Thérèse Bugnet/葉。
Gloire de Guilan/rose hip。
Rosa foliolosa/rose hip。
Eridu Babylon/rose hip。
レモンバーベナ。

街路樹.樹皮と苔。

Jude the Obscure。
Munstead Wood。
ヒメツルソバ。
Munstead Wood。
Felicia。
ビオラ/ミニョン。

街路樹.樹皮と苔。

Bella Donna/dried flower。
Bella Donna/dried flower。

Munstead Wood。
Thérèse Bugnet/葉。
Munstead Wood。
Thérèse Bugnet/葉。
Gloire de Guilan/rose hip。
Rosa foliolosa/rose hip。
Eridu Babylon/rose hip。
レモンバーベナ。

街路樹.樹皮と苔。

廃屋の外壁.蔦の紅葉。
Couture Rose Tilia。
Couture Rose Tilia。

Munstead Wood。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
自宅で咲いた薔薇に鋏を入れ、その枝を花器に挿すだけでは飽き足らず。
私は休日の昼間、散歩がてら外に連れ歩くようになってしまった。
それは...自宅で撮る写真に自分自身が飽きてきたからであります....笑

あの場所に.この無人の廃屋に.道を隔てた空き地に.そして名もなき路傍に。

しゃがんで写真など撮っていると...じろじろと見られるだけでなく
時には声をかけてくださる方もいる。

それは時には少年。
また或る時は少女。
見れば一目瞭然だと思うけれど.笑
大概は...何をしているのですか?という問いかけがほとんど。
子供などは無邪気なもので、私も花が萎れるのを覚悟で撮影中断。
ガードレールに腰掛けて他愛もない質問に童心に戻って答えたりしている。
我ながら可笑しい。

スーパーマーケットから自宅へ帰りしなのマダム。
ボタンホールに椿の紳士。
若い恋人たち。
年老いた仲睦まじいご夫婦。

『あたしの手提げにはネギが入っているけれど...
あなたの手提げ鞄には薔薇が入っているのね』...なんて嬉しそうに仰言る。
私はよかったらどうぞ...と一輪。
棘にご注意くださいね、とだけ申し上げ、その方に長く切ったひと枝を差し上げた。
ネギの入った薄いビニール袋の傍らに押し込まれた紅い薔薇は
その御婦人の...その夜の家族の団欒を...食卓を飾ったのだろうか。
それとも玄関だろうか...寝室だろうか...もしかするとrest roomだったりして.笑
その方が通りの角を曲がるまで私は写真を撮りながらそれとなく後ろ姿を見ていたが
なんとなく...ただなんとなく嬉しそうな足取りだったのが微笑ましかったのです。

僅か一時間足らずのささやかな散策の間に。
私は花と共に薔薇と共に知らない路地を練り歩く。

それは端を発すれば...。
野草を探しながら土手を歩いている時にフトひらめいた...
...紛れもない確信犯的な時間潰し、ただの戯れ遊びに過ぎず。
にもかかわらず...その休日の短い時間は私に沢山の出会いをくれる。

同じ都内に住みながら何年も会わず仕舞に音信不通。
かと思えば旅先の仙台でバッタリ出会したりもする恐ろしきかな縁なるもの。

私もよく利用するスーパーのビニール袋だったけれど。
同じ街に住んではいても...必ずしもまた出会えるとは限らない。
だから一期一会は楽しいのです。
限られたわずかな時間。ひとときの戯れ。ゆきずりであるが故に。
他人だからこそ...家人友人に云えないことも云えるし...ね?

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-11-28 21:00 | 日暮らし
c0097879_1244620.jpg

[ イチモンジセセリ(一文字挵)/Parnara guttata / セセリチョウ科イチモンジセセリ属 ]
か...可愛い.笑 この蝶々は嘴のない小鳥のようだと思います。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_1253396.jpg

[ 三時草 / 爆蘭 (ハゼラン) / スベリヒユ科ハゼラン属 ] この時節、道端でよく見かけますね。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_126503.jpg

[『賽昭君 / Sai Zhao Jun』&『Snow Goose』] 常時設置している場所はこんな。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_1282849.jpg

[ ヒトツバショウマ(一つ葉升麻) / ユキノシタ科チダケザシ属 ] 夏の寄せ植えの一部。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_129154.jpg

[ Rosa spinosissima altaica ]
 秋になり実が萎んでしまう前に収穫し果実酒にする予定。
もちろん種蒔きも忘れずに^^ね。
-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
夏の庭は意外にも気持ちのよいものである。

予定のない休日などは朝夕かかさずに水遣り。
7割近くの薔薇を5号鉢で管理している為、
比較的たっぷりと時間をかけて丁寧に行う。

そして腕や素足にホースの水をじゃぶじゃぶかける。
塀に囲まれているちいさなスペースといえども、
今時分の庭は隅々までまんべんなく日差しが射し込む為、
時に薔薇の枝葉や花弁を焼き切ってしまうこともある。

足許は湿度が保たれている上に水盤をふたつも置いて
水草の類いも育てているから蚊がもの凄い。
けれど完全防備は嫌なのです。
タンクトップに膝上のショーツという 肌も露な姿でじゃぶじゃぶやってます.笑
我が家には椿や山茶花の樹も、鉢植えといえどもある訳だから
イラガに刺されてもおかしくはない。
けれど幸運なことにまだお目にかかった事はありません。有り難や...有り難や.笑

先日、真昼に庭仕事に熱中していた時、
瑠璃色の美しい蝶が頭上をかすめて飛んで行った。
じっくり観察する間もなく消えてしまったのです。

そして今朝、今年初めてイチモンジセセリに出会いました。
『久しぶりだね ? 元気にしてた ? 』口には出さず話しかけてみました.笑
さりげなく指をさしのべても...逃げ去る気配さえ見せずじっとしている。
美しい色とりどりの羽色を持った蝶の中でもかなり地味なセセリチョウ。
けれど私はこの蝶が大好きなのです。黒目がち、あどけなくて素直な感じ。

ひらひらと飛ばない代わりに動きが素早いなどと図鑑には記載されているけれど
かなりののんびり屋さん、そんな印象を持っている。

私は罪深い人間だから、次の世もまた人間という可能性は少ない。
そもそも人間が最上の生き物だとも思っていません。
蝶々や一匹の毒虫同様に自分の命を捉えていたいと常々思っているのです。
人間の寿命。一匹の蝉の寿命。野良猫の一生。皆同じでしょう?
私は自分が人間であるということに有り難さを感じ、
感謝の念を忘れずにいたいと思っているけれど、
同時にそういった考えも胸の片隅に抱いていたい...忘れたくない...
そして人間として生まれてきたのだから、
この長くも短い人生を心から、よりよいものにしたい。
常々そう思いながら生きています。

けれど...次に生まれてくるとしたら、
このセセリチョウなんてのも面白いかな。
夏になり、この蝶に出会う度、感じることです。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-07-26 00:00 | 日暮らし
c0097879_23304115.jpg

『Russelia equisetiformis』
c0097879_2331664.jpg

c0097879_23315815.jpg

c0097879_2333097.jpg

『スズサイコ』
c0097879_23334568.jpg

『琉球テリハノイバラ』
c0097879_2334182.jpg

『姫睡蓮&ヒツジグサ』
c0097879_23345470.jpg

『常山紫陽花』
c0097879_23374592.jpg

『Mme. Joseph Schwartz』
c0097879_23352539.jpg

『紫陽花 / Hydrangea / 名称不明』
c0097879_23442395.jpg

『ジュリアン・ムーア(Julianne Moore)/Portraits by {Mario Sorrenti}』
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
〜G d D〜
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-07-11 00:00 | 日暮らし
c0097879_23525811.jpg

*****************************************************************

タチアオイの先端の蕾が割れると...梅雨明けも間近。
昔からそう云われていますね。
日を追うごとに湿度は高まるばかり。
都会のアスファルトはすべての影を跳ね返し...
瞼の裏側には白く瞬く星が無数に。

夏に風邪をひくとは思いもよらぬ事。
週末 友人達は皆 海へと出かけてしまいました。
ひとり取り残され(笑)横になったまま眺める庭は なんともせつないもの。
葉脈だけを残して かろうじて形を保っている葉。
わずかに咲いていた薔薇もほぼすべて散ってしまいました。

皆さんもどうぞ...体調管理は万全に!
まだまだ夏はこれからです。

G d D

*****************************************************************
c0097879_0161316.jpg

*『マルバ・パークアリー』という品種だそうです*
*今年初めて庭へ迎えたタチアオイ*
*おそらく矮性品種...。草丈は約80cm程です*
*花びらの色もさることながら蕊の色がことのほかシックです*
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-07-23 00:00 | 日暮らし
c0097879_143614.jpg


今日は午後から冷たい雨が降りてきました。
窓を全部開け放って 久しぶりに念入りに大掃除です。
雨音を聴きながら床を磨いたり...
食器と花器が交互に重なって
乱雑になっていたキッチンの棚を整えたり。
兎に角 雑誌や文庫の山をなんとかしなくては...。
ここ数日 ずーっと頭を悩ませていた事でした。

この写真はそんな掃除の合間に撮ったもの。
重ねてある順番も厚みもバラバラですが...
とりあえず倒れない程度に積んであります。
主に植物図鑑や草花に関した書籍たちです。
ここに積んだものは 普段からよく手にとるものですが
これでも全体の1/10位でしょうか...。
薔薇の図鑑はもちろんのこと...
中には随分古いものもありますね。
ひょんな事から出逢って我が家に辿り着いたものたち。
どれもとても愛着のあるものばかりです。
中にはチェコスロバキアのハーブについて書かれたものも。
パラフィンに包まれているものがそうですね...。
全く解読不可能なので目で楽しむばかりですが(笑)
離ればなれになっていたこれらの本を
一箇所に纏める為に乱雑に積み上げましたが
目を通し始めたら掃除どころではなくなってしまいます!
いずれ折をみて...ご紹介するものもあるかもしれません。

c0097879_2492043.jpg


部屋に流れこむ芽吹いたばかりの柔らかい緑が織り成す匂い。
古びた紙の匂いと雨の匂い。
すっきり片付いたあとは...
しばらく惰眠を貪って なんとも不思議な夢を見ました。

クサイチゴの蕾はまだ開いたばかり。
去年は見ることのできなかった表情です。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-03-31 00:00 | 日暮らし

c0097879_1381570.jpg


先週末の金曜日。
雨に煙る東京湾を見ていたら
どうしてもその花に会いたくなりました。
帰宅途中にも花屋はあるけれど
自宅とは逆の方角に向かいたかったのです。
この時季 どの花屋の店先も色とりどり...
賑やかに色が零れます。
辺りに青い匂いを振りまいて、
湿度が高い日などは酔う程の甘さが鼻をかすめます。
チューリップやアネモネ...ラナンキュラスにミモザ...。
アネモネもラナンキュラスも近年進化が著しいですね。
先々週には見紛うような姿のアネモネにも出逢いました。

パステルの軸が...目の前で右に左に重なって
白い襟元...ボタンを外した袖口を汚すさまが嬉しいのです。
きっと和花を扱うあの店なら当てが外れることもないだろう...
そんな気持ちでいそいそと向かったのでした。

地下鉄を乗り換えて銀座に出た頃には
雨も一層激しくなっていて
せわしなく人が行き交う地下道には
むせかえるような暖かい獣の匂いが充満していました。
こんなところにも知らぬ間に春が忍び込んでいるんですね。
人間も春になると怪しい匂いを発するようになる...
そんな風に感じることもしばしば。
年を重ねる毎に嗅覚が敏感になっているのかもしれません。

地下道を抜け 地上に出ると
軒下では見知らぬ紳士が雨の行方を空に訊いています。
細いヒールが折れんばかりに走り去る女達。
薄い紙の把っ手が千切れて こぼれた淡い包みに横顔が歪む。
ボトルを搬入する男達の背中には雨がまとわりついて
自ずと肩甲骨を浮かび上がらせる...。

たしか閉店は19時だったはずだから
まだ一時間はたっぷりある...。
店内に足を踏み入れると見事な枝振り...山採りの枝もの。
ホトケノザやヒメオドリコソウ...福寿草。
随分と小ぶりな花を咲かせる矮性のバイモなんかもありました。
丈の低い可憐な野花たちに交じって
たっだ3輪、入荷したての瑞々しいその花は残っていたのです。
矮性のバイモも気になったけれど、自宅のバイモも開花まであと僅か。
求めていたその花だけを包んでもらっている最中...
雑然と花器が置かれた棚のすみっこに
ドライになりかけた素敵な枝がぽつんと置かれていたんです。
おそらくディスプレイ用で売り物ではないのだろう...な。
打診してみると、こころよく「どうぞ...さしあげますよ」なんて。
こういったやりとりは珍しくなく...所謂売り物ではない
朽ちた花の行方についつい眼がいってしまうのです。
この日に求めたのは数少ない数輪のみでしたが
返り際、その花の色に 僕の胸はあっという間に染まってしまい
傘など...必要にせまられている誰かにそのまま譲ってあげたいほどでした。
奇をてらう訳ではありませんが、濡れて歩くのが本当に好きなのです。

c0097879_1385420.jpg


雨は様々なものを胸に運んでくれます。
昼間は下界に降り注ぐ雨を硝子越しに見遣り
陽が沈んでからは打って変わって我が身に降り注ぐ...。
いちばん気持ちがやすらかになる日なのです。

それから約一週間が経ち、茎は折れたものの、
花器の足元に半ば俯くような姿で咲いています。
こんなに美しい花に 人間は残酷な花言葉を与えたのですね。
僕はつい最近、人から教えてもらうまで知りませんでした。
小さな花束にして友人に贈ったこともあったというのに(笑)

c0097879_1522533.jpg


我が家でも育てていますが、露地ものはあまり背が高くなりません。
それに花を咲かせるまでにはまだまだ春は浅い。
店先から姿を消すまでのほんの短い期間しばらくは追い求めたい...
そんな気持ちを抱かせる僕にとっては特別な花。

土砂降りの翌日は木漏れ日も鮮やかな暖かい一日でした。
庭のバイモも一気に開いて、
その一角だけ光を集めているように見えたものです。

c0097879_1393757.jpg


明日は名残りのヘレボルスをご紹介します。
まだまだ蕾を立ち上げているものもあって
手折ってしまうには忍びないのです。
植え替えしてあげなければいけませんね。
お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りください。
僕は今から夜の散歩に出かけます。
おなかも空いてきましたしね(笑)
雨に濡れた沈丁花に...
そう、往く先は任せるつもりです。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-03-20 00:00 | 日暮らし

c0097879_233484.jpg


目を閉じて見たもの。
耳を澄まして聴いた獣の足音。
耳を塞いでも...それでも受け入れずにはいられなかった心拍。

枝葉の形を指で辿って 棘の隙間を指で辿って。
知らぬ間に掌は草地に染まり 爪の先まで棘で覆われる。
胸の奥まで吸い込んだ草花の匂いも。
喉を伝って胃の腑へと滲みわたってゆく熱いスープの温度も。

白い木綿にこぼれて広がるは紅茶の滲み。
フィルターに落としたお湯は蟻地獄を作り...
ガラスの中には生まれ変わった香しい琥珀が出来上がる。
紅茶は紅いままに...珈琲は苦いままに。
数秒後には違う色に...新しい温度へと変化する。

c0097879_22492658.jpg

c0097879_22494561.jpg

c0097879_22475340.jpg


凍てついたグレイの中にピンクを探し、
包み込むようなあたたかいピンクの中にもグレイを探す。
探さなくとも...両者の持つ色の中にもお互いは存在する。
裸で生きたくとも布がなくては歩けない。
色がなくては見失う始末。
日々の暮らしは色に惑わされ 一秒たりとも定まってはくれない。

c0097879_22593768.jpg

〔Rosa rubrifolia:Rosa glauca (Species) /Southwest Europe:1830〕
c0097879_22484562.jpg


目の前に広げられた様々な布の中から
貴方がいつも最後に選んでしまうのはどのふた色?
ひと色ではなく...。
是が非でも布地を重ねて選んで欲しいのです。

G d D
-----------------------------------------------------------------
今回の写真は新旧織りまぜてレイアウトしました。
中には既存のもの...昨年一度記事に使用したものも含まれています。
初めてご覧になる方もいらっしゃるでしょうし、
懐かしく思いおこされる方もいらっしゃるでしょう。
過ぎ去った日々と現在、月日が交錯して今という形を創る。
庭は1日にしてならず(笑)今年はどんな表情を見せてくれるのでしょう。
僕自身 新しい気持ちで向き合ってみたいと思ったのです。
暗い薮に白い花が咲くさまは、僕の狭い庭をいちばんよく表した1枚。
拙い写真ですが、とても愛着があります。
-----------------------------------------------------------------
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-02-14 00:00 | 日暮らし
←menuへ