カテゴリ:Sweeter than Sweet( 43 )

c0097879_405447.jpg

『Mme. Renahy』
Hybrid Perpetualとは とても思えないほど花つきもよく、且つ病気にも比較的強い。
素晴らしい連続開花性とふくよかなダマスク香。
春の一番花よりも、夏から秋へかけての姿は絶品。
...なんともいえない風情を漂わせながら優雅に散りゆく。
7月現在の夏の姿です。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3381735.jpg

c0097879_338561.jpg

c0097879_3393925.jpg

『Mme. Laurette Messimy』
もう毎年UPしていますが夏といえばこの薔薇を外す訳にはいきません。
大好きな薔薇です。庭の一角をこの可憐な薔薇で埋め尽くしたいくらい。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3411483.jpg

『スズサイコ』
糸のように細い枝先に...その名が示すままに鈴が鳴るような花をつけます。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3415593.jpg

c0097879_3423428.jpg

『ルッセリア・エクイセティフォルミス / Russelia equisetiformis』
赤花はよく見かけますね。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3433046.jpg

c0097879_344391.jpg

『Mme.Antoine Mari』
この薔薇と「Mrs.Herbert Stevens」は踏み絵です。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_345920.jpg

『芥子&モジズリ(綟摺)/ ネジバナ』
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3453574.jpg

『Comtesse de Barbentane&アメリカオニアザミ(おそらく...)』
この薔薇も夏だからといって大幅に姿が乱れることはないような気がします。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3484794.jpg

『Mme. Renahy』
まぁ...くどいようですが順序を大切にしたいので.笑
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3494464.jpg

c0097879_3502073.jpg

『ジュリアン・ムーア(Julianne Moore)/Portraits by {Mario Sorrenti}』
5人のフォトグラファーによる著名人のポートレイト集から。
ベッドの中のマーク・ジェイコブス&シャーロット・ランプリング。
カトリーヌ・ドヌーヴやシャロン・ストーン。...スティング。
皆それぞれに「らしい」切り撮られ方をしていますが
やはり白眉は巻頭と〆を飾るジュリアン・ムーア。
生成りの世界、膝上のタイトスカート、ストラップなしのミュール。
そばかすだらけの素顔の彼女も大好きなのです。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3375265.jpg

c0097879_413024.jpg

c0097879_421292.jpg

『Mme. Renahy』
過酷な夏にこれだけの姿を魅せてくれる...他に何を求めるというのでしょう。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3513191.jpg

『紫陽花 / Hydrangea / 名称不明』
山紫陽花ではないのですが、この透き通るような空の青...夏。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_352114.jpg

c0097879_3524549.jpg

『瑠璃瓢箪(ルリビョウタン)』
春まで寄せ植えにしていたのですが、現在単独。球形の素焼き鉢に植え替えました。
不思議な形の実もようやく色づいてきました。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3541445.jpg

『Eridu Babylon』
放っておけばヒップを実らせ、剪定すればすぐに花芽が上がります。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3544921.jpg

『Pavillon de Pregny』
この薔薇も夏がお好きな様子.笑
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3591656.jpg

『エゾスカシユリ(蝦夷透百合)』
比較的品のよいオレンジ。シャーベットのような色合いでした。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_432017.jpg

c0097879_44612.jpg

『アメリカオニアザミ(おそらく...)』
きっと死ぬまで愛で続けるであろう花。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_445592.jpg

『Harlow Carr』
薔薇を育ててみたい...と相談されたならこの薔薇をオススメ致します.笑
何故なら病気を拾うことはまずといっていいほど皆無だから。
虫は手で払いのけてクダサイ。それに虫のつかない花ってないでしょう?
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_453368.jpg

『賽昭君 / Sai Zhao Jun』
この薔薇は夏の姿がいちばん好き。
春はふくよかに。秋はエレガントに。そして夏は花芯からグリーンアイ。
その花芯を取り巻く花びらは...まるでスカビオサのよう、十重に二十重に。
真夏は
そして秋は
実に変幻自在ですが、どの季節に見ても...見紛うことなく『賽昭君』なのです。
-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
半日陰のこのちいさな坪庭で薔薇を育て始めた頃は
様々な文献を読んだり見たり、そして時には教えを請うたり...
品種にもよりますが、春はうどん粉にまみれ、秋はまったく咲かず.笑
様々な試行錯誤の末に行き着いたのは...
鉢植えといえども環境に合った薔薇を育てるということ。
そう、よほどのことがない限り、もう薬剤を使う必要がなくなったということです。
噴霧器は埃をかぶったまま押し入れ行きと相成りました。
環境に合わない薔薇を無理して育てるよりも
薔薇自身が居心地のよい...そんな育て方に変わってきたように思います。
そして我が坪庭には毎夏必ず顔を見せる神様が棲んでいますし.笑
カマキリやテントウムシ...そして色とりどりの小鳥や蝶々たち。
私はもちろん薔薇が大好きなのですが、日本古来の草花も同等に愛しい。

今回UPした薔薇は、皆それぞれに 非常に特徴的な個性を持ち合わせています。
にもかかわらず...様々な草花との調和を薔薇自ら望んでいるように思えてなりません。

そして何よりも夏を彩る...夏にこそ、ひと際美しい横顔を魅せてくれる麗しの薔薇たちです。

〜G d D〜
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-07-17 00:00 | Sweeter than Sweet
c0097879_78131.jpg

『Felicite Parmentier』
アルバの血が薄いような気がします。葉の質感もその他のアルバとは違いますよね。
個人的には蕾がほころびかけた時の端正な横顔よりも終焉を迎えたこの貌が好き。
**************************************************************************
c0097879_784094.jpg

『Anemone rivularis』という事で育てていましたが蕊の色も違いますし...
このアネモネはいったい...誰?
**************************************************************************
c0097879_793033.jpg

c0097879_795782.jpg

『Multiflora de Vaumarcus』
花つき、枝振り、その他諸々etc...同じNoisetteの『Alister Stella Gray』と似ています。
**************************************************************************
c0097879_7112729.jpg

『Treasure Trove』最後のひと房。
c0097879_7115418.jpg

『イワタバコ』冬になると葉が縮まり、その姿はさながら多肉植物のようになります。
c0097879_7123425.jpg

庭の片隅に生えていたもの、
所謂雑草と呼ばれる類いのものですよね?
引き抜いて捨ててしまうのは忍びなく、土つきのまま生けてみました。
撮影後はちいさな鉢へ移植。
c0097879_713450.jpg

『Climbing Iceberg』今年は花つき抜群でした...w
c0097879_7133389.jpg

『Snow Goose』まだまだ咲いてます...w
**************************************************************************
c0097879_7144153.jpg

『Rosa gallica splendens』
この薔薇もかなり沢山...房になって咲きました。
今はヒップが徐々に膨らみつつあります、秋が楽しみ!
**************************************************************************
c0097879_7152427.jpg

『ハナミョウガ』開花後の姿です。実に美しいですね...。
**************************************************************************
c0097879_7161215.jpg

c0097879_7163862.jpg

c0097879_717337.jpg

『Dainty Bess』
この一番花が咲いたあと...お嫁に行きました。元気にしてるかな?
我が家での最後のポートレイト。
**************************************************************************
c0097879_7175245.jpg

『赤花エンゴサク』基本、エンゴサクの類いは好きですね♪
**************************************************************************
c0097879_7191043.jpg

c0097879_7193638.jpg

『Rosa clinophylla』
昨年、草ぶえから迎えて二年目。
春から途切れる事なく現在も次から次へと咲き続けています。
この薔薇は半日陰はダメですね。お日様大好きらしい...w
何かの匂いに似ていると常々思っていたんですが...
先日ようやく分かりました!完熟マンゴーの匂いに似ています。
もっと枝を長〜く伸ばしたいのですが、
咲いてばかりいるせいか、ある一定の長さから伸びません。
花弁はやや厚めですが真っ白な花びら、蕊の色...まさに夏の薔薇ですね。
**************************************************************************
c0097879_7202242.jpg

『コンペキソウ』
この花も早春にたわわに長く咲き続けました。
直径4〜5cm位のちいさな鉢で管理しています。
**************************************************************************
c0097879_7204538.jpg

『ブルー レースフラワー』
所謂通常の白いレースフラワーとは同じセリ科でも属が違います。
こちらはオーストラリア原産のようですね。
ちょっと大味な気がしなくもないんですが、この草姿、素敵です。
**************************************************************************
さて...前回で、春の薔薇、草花たちの回顧録は終わりにするつもりだったのですが
出て来る出て来る...次から次へと...upしていなかった写真たちが.笑 
ちなみに昨年の春の草ぶえも、何度か足を運んで
写真に収めたのですが何故かお蔵入りでした.笑
機会を逃すとそんな悲しい結果になってしまいます。
それとももう充分...辟易している方もいらっしゃるでしょうか...><

既に終わった花が大半ですが、どうぞ気侭にご覧になっていただけたら幸いです。
断続的に咲き続ける草花は、また...今後も定点観察ということでupする予定です。
今朝は久しぶりに湿度も低く気持ちのいい朝です。
中には寝不足の方もいらっしゃるのではないかと思います。
実は私も一睡もしていません。特別サッカーが好きな訳じゃないんですけどね.笑
音声を消してデンマークを応援していました。デンマーク...好きなんです。非国民.笑
朝は涼しくとも日中は夏日になるようですから水遣りをどうぞお忘れなく!
好い一日をお過ごしください。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-06-25 08:00 | Sweeter than Sweet
c0097879_22405096.jpg

さて...今日はホントに蒸し暑い一日でしたね。
路地を歩けば紫陽花がたわわに枝を撓らせて
くぐもったグレイの空を背に、たわわに色彩を散りばめているのを目にします。

そう...薔薇の季節は短く...とうに過ぎ去ってしまいました。

c0097879_22411381.jpg


私は一季咲きのオールドローズだからといって必ず毎年カメラに収めるという事をしません。
美しく咲いていても心を動かされなかったら撮りません。
調子が悪かったり、品種違いではないかといった株は後々の記録の為に撮る事もあります。
要はすべての春薔薇を一気に撮る事はないということですね。
撮るものがないからなにか撮るということもしません。
ブログに至っては...所謂方々で囁かれる『ネタ』というものも探しませんし、
また、その必要もないと思っています。(ネタがないんだよね...ってなんだか下品です!笑)

c0097879_22413849.jpg


我が家には『〜Centifolia〜』、『〜Hybrid Perpetual〜』が極端に少ないです。
『〜Bourbon〜』に至っては皆無に等しい位です。嗚呼...懐しいマルメゾンよ!
それは今までに何品種か迎え、育ててみて...結果、環境に合わなかったんですね。
淘汰されていった...人間の欲望のままに迎えて、可哀想な末路を迎えさせてしまった。
思い返せば後悔する事しきりです。
けれど、何事も実践してみなければ分からないという点では
とても勉強になったと思っています。(草花の栽培にかかわらず云えることですね)

草花とて薔薇に限ったことではありません。
宿根草に至っては、蒸れを嫌う花はもう手に取るまでもなく葉の質感で分かります。
だからいいなぁ...と思ってもぐっと我慢。
そう、何も今この環境に迎える必要はないと...そう思えるようになりました。

c0097879_22431392.jpg


薔薇の季節が過ぎ去ったあとはその年によって鳩尾に深く爪痕を残す薔薇があります。
今年咲いた薔薇の中で、ひと際印象的だった薔薇がありました。
長い枝を優雅に撓らせて雨に俯き、風に揺らぎ...知らぬ間に別人のような貌を魅せる。
そして翌日にはその薔薇自身...なんの未練も残さず風の吹くままに花びらを散らす。
撓る躯に生まれつきながらも、支柱を必要としないその姿に胸を打たれました。
この薔薇がちょうど満開を迎えたある晩、庭から鉢ごと室内へ移動させて
枕元に(ちょうど頭上に降ってくる位置に)置いて眠りに就きました.笑
...ちょっと正気の沙汰ではないんじゃないかと思えるような行動を...w
しかもかなりの大株なんですよ...w
鉢内部に虫がいようと毛虫がいようと...そんな事はどうでもよかったのです.笑
花の数に比例するが如く、寝室はダマスクの匂いでむせ返るほど。
なんとも心地よい朝を迎えたという次第です。
**************************************************************************
**************************************************************************
**************************************************************************
c0097879_23151218.jpg

『Gloire de Guilan / Damask Rose 』
{introduced by Hilling UK 1949 / Parentage unknown}
**************************************************************************
あなたにとって...今年いちばん印象的だった薔薇。
それはいったいどんな薔薇だったのでしょう?
誰にも告げず、そっと胸の奥の小箱にしまっておくのも...またいいものです。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-06-16 23:00 | Sweeter than Sweet
c0097879_16112094.jpg

c0097879_16113695.jpg

『Rosa willmottiae/ロサ・ウィルモッティアエ』
昨年の暮れに背丈ほどもある大苗を電車でかついで帰宅しました。
よって開花は今年が初めて。京成バラ園の掘り上げ株だと聞いています。
約20日間に渡り...次から次へと100輪程は咲いたでしょうか。
花は梅の花ほどの小輪。非常に細いシナモン色の枝を
中心から放射状に枝垂れさせ、なんともいえない美しい眺め。
そしてこの薔薇の匂いは非常に特徴がありますね...。
『Rosa fedtschenkoana』を男性用の香水とするならばこちらは女性用。
両者、共通しているのは少し脂っぽい匂い。
*****************************************************************
c0097879_16125235.jpg

c0097879_16204788.jpg

『Tea Rambler/ティー ランブラー』
エレガンスそのものといった趣き。
2枚目の写真は散り際、白く褪色したさまです。
花弁が少し痛んでいるのが見えますか?
*****************************************************************
c0097879_16141419.jpg

c0097879_16145238.jpg

c0097879_16135180.jpg

『Treasure Trove/トレジャー トローヴ』
軽やかに次から次へと開花。
ひとつの束の中に様々な色合いが入り乱れ。
散り際も頬を撫でるそよ風のよう。
*****************************************************************
c0097879_16152096.jpg

『Silene pendula/シレネ ペンデュラ/(サクラマンテマ)/袋撫子(フクロナデシコ)』
ただ『ナデシコ』として売られていました.笑
調べましたがたぶんこの品種ではないかと。
かなーり多花性ですね。
*****************************************************************
c0097879_16193629.jpg

c0097879_1620361.jpg

『Russelliana/ラッセリアーナ』
我が家では紫玉の隣に位置する薔薇。
鉢植えですけれど.....。
野イバラの血をひいているという事で育て始めた薔薇。
花首から萼頭にかけて、モスローズのような非常によい匂いがします。
*****************************************************************
c0097879_1622031.jpg

『Laure Davoust/ローラ ダヴォー』
今年は花つきがイマイチだったかな。
けれど可憐さは健在!
*****************************************************************
c0097879_16224918.jpg

『Rosa Multiflira Carnea/ロサ ムルチフローラ カルネア』
見事な咲きっぷりでした。今も咲いています。ちょうど見頃を少し過ぎた頃。
*****************************************************************
c0097879_16232751.jpg

『Climbing Iceberg/クライミング アイスバーグ&トキンイバラ』
この『Iceberg』は迎えてから相当長く我が家に鎮座しています。
薔薇を育て始めた頃に迎えたもの。
年々花つきが悪くなり、老化現象の始まりかな?なんて思っていたけれど
今年は爆発的に咲きました。引いた写真をお見せできないのが残念!
トキンイバラと共に鉢を移動させて絡ませたのですが、誘引失敗のいい例.笑
*****************************************************************
c0097879_16242367.jpg

『Silene maritima 'Swan Lake'/シレネ スワンレイク』
佐倉の想い出。枝垂れるように咲きます。
花が終わっても次から次へと蕾をつけます。
*****************************************************************
c0097879_16251666.jpg

『Rosa sericea pteracantha/ロサ セリケア プテラカンサ&ハナミョウガ』
クミンさんからいただいたハナミョウガ。
今、とても綺麗に咲いています。
あまりの美しさに感激。
どうもありがとうございます。
『〜pteracantha』の棘は今年新しく出たシュート、まだ柔らかい若枝。
どうやら淡いオレンジから...赤へと変貌を遂げるようです。
少しずつ形状を変え...例のあの美しい棘に成長するんですね。
毎朝観察するのが楽しみです。
実にシンプルな白い花。写真はまた次回か、『Noir-Z』で。
*****************************************************************
c0097879_1626924.jpg

c0097879_1626399.jpg

『Couture Rose Tilia/クチュール ローズ チリア』
『ペラルゴニウム/パールグレイ/Pelargonium pearl gray』
この薔薇...、ちょっと この世のものとは思えない美しさなんですが...。
*****************************************************************
c0097879_16274062.jpg

c0097879_1628927.jpg

c0097879_16283380.jpg

『Blush Boursault/ブラッシュ ブールソール』
ブールソールは雨がお似合い。
やはり私は整形花より、こういったゆるやかな乱れ咲きが好きです。
早咲きの『Mme. Sancy de Parabere』は蕾を総てゾウムシにやられ全滅。
花首が細い針金のようだから狙われやすいのかもしれませんね。
...ンが、花を咲かせなかった勢いでしょうか。
株元から美しい赤銅色のベーサルシュートが3本も出てきました。
兎に角ブールソール大好き!
*****************************************************************
*****************************************************************
*****************************************************************
5月、私のちいさな箱庭は花盛り。薔薇も例年にないほど調子がよいです。
『香水月季』の為に編集した写真は現在ちょうど60枚。
『Noir-Z』が70数枚程です。
PCに取り込んでいない写真も含めるとプラス30枚程でしょうか。
中には重複する写真も出てくると思いますが、数回に分けてお届けします。
未だ咲いていない薔薇もありますし、次回はちょっとだけ季節を遡ります。
どうぞゆっくりくつろぎながらご覧いただけたら幸いです。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-05-29 18:00 | Sweeter than Sweet
c0097879_23244464.jpg

〔Lychnis flos-cuculi 'White Robin'〕
もう何枚写真を撮ったかしれません。
夢中にさせる草姿。
*****************************************************************
c0097879_21264114.jpg

〔Duchesse de Brabant〕
馴染みの桜鏡。もう長いおつき合いです。
シュートの先についた蕾。
*****************************************************************
c0097879_21254653.jpg

〔月月粉/Yue Yue Fen〕〔Rosa chinensis/庚申バラ〕〔Mutabilis〕
チャイナローズ三姉妹。
*****************************************************************
c0097879_23241531.jpg

〔Rosa fedtschenkoana〕〔センジュガンピ〕
『名も知らぬ 見知らぬ男の背中の匂い』
『もしくは蒼い蛇の匂い』
*****************************************************************
c0097879_1191188.jpg

〔Bayse's Purple Rose〕
この薔薇はうなじもとても素敵です。
*****************************************************************
c0097879_23254996.jpg

〔Rosa fedtschenkoana〕
株すべての色素に統一感があってなんともいえない美しさ。
枝は暴れる印象です。
我が家ではやや遅咲き。
夏の薔薇。そんな印象を抱いています。
涼しげでしょう?
*****************************************************************
c0097879_120742.jpg

〔ヤマアジサイ*藍姫〕
今年出逢ったひと株ですが、吸い込まれるような深い青に感激しました。
*****************************************************************
c0097879_23251595.jpg

〔屋久島ヘビイチゴ〕
花は直径2mmくらい。
相当可愛いです。
普通の旺盛なヘビイチゴと違って管理に気を遣いそう。
日向が好きで、蒸れを嫌います。
地を這わせずに、この鉢植えを高い場所に置き、
ゆったりと枝垂れさせるのもいいかもしれません。
*****************************************************************
c0097879_1205622.jpg

〔Georges Vibert〕
なんともいえない品の良さ...調和のとれた色彩。
ガリカでありながら、花も葉も小ぶりで素晴らしいのひとことです。
花径5cmくらい。すこぶる良い香り。
*****************************************************************
c0097879_23261382.jpg

〔Iwara/Rosa Iwara*コハマナシ〕
薄紙のような花びら。内側の水滴が見えますか?
*****************************************************************
c0097879_23263730.jpg

〔黒葉ニガナ〕&〔ヒラタさん〕
ヒラタさんはこの花がお気にいりのようでした。
*****************************************************************
c0097879_2327361.jpg

〔Lord Penzance〕
昨年、草ぶえで迎えた新苗。
一年が経ち、今年花はたった一輪だけでした。
朝日の中で。蕊が砂糖菓子のよう。
*****************************************************************
c0097879_23275922.jpg

〔Laure Davoust〕〔グンナイフウロ〕
この薔薇は野イバラの血をひいているだけあって
花もさることながら...産毛に包まれた葉が非常に魅力的です。
枝も葉も触れるとフワフワしています。
完成度の高い花容ながらその丸みは3~4cmほど。
つる薔薇ですが、伸ばさずにコンパクトに仕立てるつもりでいます。
来季がさらに楽しみな薔薇のひとつ。
*****************************************************************
c0097879_23282073.jpg

〔Geranium sanguineum'Elke'〕
ゲラニウムは雨が似合いますね。「エルク」...よい響きです。
*****************************************************************
c0097879_23285318.jpg

〔Georges Vibert〕
Vibert氏の薔薇はどれもホントに素晴らしい。
この薔薇もてっきり...氏の作出した薔薇だと思っていました。
*****************************************************************
c0097879_23294115.jpg

〔Laure Davoust〕
とてもやさしい匂い。麦穂たなびく草原のよう。深呼吸。
*****************************************************************
c0097879_23302125.jpg

〔Rosa Clynophylla〕
今年、新苗で迎えた時、既に米粒ほどの蕾がふたつついていました。
(事前に草ぶえに電話し、蕾があがったら摘まないで欲しいとまで^^)
念の為、沢山接いだそうですが、このひと苗しか残らなかったそうです...。
開花までの成長が思いのほか早く、あっという間にこの後ずんぐりした状態に。
悩みましたが、ふたつのうち、ひとつ摘蕾して一輪だけ咲いてもらうことに。
この花を咲かせたあと、急激に膨らみだした実は取り去りました。
花もそうですが、あのお茶目な実を見たかったんですけどね^^;
枯れずに持ち越したら、来年は心おきなく採り蒔きしてみるつもりです。
*****************************************************************
c0097879_23305115.jpg

〔黒葉ニガナ〕&〔ヒラタさん〕
*****************************************************************
c0097879_23311271.jpg

〔屋久島ヘビイチゴ〕
*****************************************************************
c0097879_23313383.jpg

〔Blush Rambler〕
図鑑の写真で随分損しているような気がします。
信頼できる素晴らしい薔薇。
病気ひとつ拾いません。
それに花期がとても長い。
遅咲きで開花は6月に入ってからです。
*****************************************************************
c0097879_23315725.jpg

〔Rosa fedtschenkoana〕
とにかく男性的な香り。
『Santa Maria Novella』の香水の中にこんな香りがあったかもしれない。
私は香水をつける時、眠る前に足首だけにつけることにしています。
そして香りが馴染みにならないよう、その時がきたらあっさり切り替えます。
けれど20年近く使っているものもあります。
*****************************************************************
c0097879_23322360.jpg

〔Lychnis flos-cuculi 'White Robin'〕
*****************************************************************
c0097879_1315693.jpg

〔ニゲラ〕
二ゲラを育てる訳と、雨を待つ気持ちは背中合わせ。
とてもよく似ています。
*****************************************************************
c0097879_23324673.jpg

〔トキワナズナ〕
〔黒花フウロ(Geranium phaeum var. phaeum)〕
*****************************************************************
c0097879_23332184.jpg

〔Eugene de Beauharnais〕→〔Deuil de Paul Fontaine〕
〔James Veitch〕→〔Harlow Carr〕
イングリッシュローズの中でもこの『Harlow Carr』は3本指に入るほど好き。
浅いカップ咲き、華奢な細枝、潔く散る姿、棘だらけの躯。そして暗くマットな葉。
ダマスクの匂いが房になってあたりを満たします。
数あるイングリッシュローズの中で、他にこんな強いダマスクの香り...あったっけ?
それと『James Veitch』。よく咲くことといったら!ビックリです。
秋の姿がとびきり綺麗です。
*****************************************************************
c0097879_23335180.jpg

〔屋久島ヘビイチゴ〕
*****************************************************************
c0097879_23341472.jpg

〔Rosa Clynophylla〕
*****************************************************************
c0097879_055573.jpg

〔Carmenetta*Rosa glauca*Carmenetta〕
一日花ですが、開きかけた蕾がなんといっても可愛い。
グラウカよりも暑さには強いようです。
*****************************************************************
c0097879_1273268.jpg

〔Rosa rubrifolia:Rosa glauca〕
私は雨を呼ぶことができます。
願えば空から降りてくる。
今朝だってそう。
昨夜の予報では晴れだったから。
風は姿を見せないから好きです。
けれど雨は姿を現すからもっと好きです。
*****************************************************************
c0097879_23343798.jpg

〔屋久島ヘビイチゴ〕
*****************************************************************
c0097879_0113677.jpg

〔Rosa Clynophylla〕
*****************************************************************
c0097879_2335042.jpg

〔Geranium pyrenaicum*Summer Skies〕
〔ヒメウズ〕〔緑花バイカカラマツ〕
消えたと思っていたゲラニウム。
たしか昨年も載せました。
花は3mm程。非常にフォトジェニックなゲラニウムだと思います。
*****************************************************************
c0097879_23352239.jpg

〔Phyllis Bide〕
この薔薇を迎えて本当に良かったと...今は感じています。
移ろうさま...どのステージも見飽きることがありません。
*****************************************************************
c0097879_2335459.jpg

〔Lychnis flos-cuculi 'White Robin'〕
花期も長いです。
まだ咲いています。種を含んだサヤも愛らしい。
こぼれ種で増えるでしょうか?
*****************************************************************
c0097879_2336823.jpg

〔Bayse's Purple Rose〕
凄みがあります。香りも比例している。
今、傘を買うならこんな色のものが欲しい。
*****************************************************************
c0097879_123478.jpg

〔八重山ノイバラ*カカヤンバラ〕
*****************************************************************
c0097879_23363139.jpg

〔Rosa rubrifolia:Rosa glauca〕
*****************************************************************
c0097879_23371215.jpg

〔八重咲きサンショウバラ〕
八重の本領を発揮するのは来年あたりからでしょうか。
図鑑で見ると夢見るような芍薬咲きですが...。
*****************************************************************
c0097879_21462878.jpg

〔Rosa chinensis/庚申バラ〕〔Mutabilis〕
春を彩るチャイナローズたち。
色とりどり。
*****************************************************************
c0097879_1245875.jpg

〔ヤマアジサイ*土佐美鈴〕〔Rosa foliolosa〕
このヤマアジサイ!かなり素敵です。
*****************************************************************
c0097879_23373697.jpg

〔アズマイバラ〕
今年咲いたのは数輪のみでしたが、
我が家で咲いたこと自体感激してしまった次第です。
*****************************************************************
c0097879_23381731.jpg

〔屋久島ヘビイチゴ〕
*****************************************************************
c0097879_23384818.jpg

〔Perfection de Montplaisir〕〔ビエネッタ/C.florida Vienetta〕
夢のような色とはこの薔薇のような色をさすのでしょう。
限りなくお日様に近い柔らかい色合い。まるでヒヨコのよう。
決まって俯いて咲きます。しっかりとしたティー香です。
*****************************************************************
c0097879_1222198.jpg

〔チシマハンショウヅル〕
蕾も相当にフォトジェニックでした。
*****************************************************************
c0097879_23391025.jpg

〔Carmenetta*Rosa glauca*Carmenetta〕
〔ツリバナ〕〔チシマハンショウヅル〕
〔オルラヤ〕〔コマツナギ〕
コマツナギ、大好きです。
*****************************************************************
c0097879_1235583.jpg

〔Bayse's Purple Rose〕
そう...フォリオローサの血が流れているのですから...。
*****************************************************************
c0097879_23393829.jpg

〔Rosa fedtschenkoana〕
既に我が家には数株あります...。
*****************************************************************
c0097879_23395368.jpg

〔Bayse's Purple Rose〕
今は実が沢山成っていて、脇から新芽をぐんぐん伸ばしています。
*****************************************************************
私が綴るその前に。
春の姿を惜しみつつ。
それぞれに楽しんでいただけたら幸いです。
掛けるも外すも...それはあなた次第。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2009-06-10 00:00 | Sweeter than Sweet
c0097879_2339042.jpg

〔Le Ve'suve(china Rose)/Laffay:France:1825/2009 Spring 05〕
肩からすべり落ちるためにあるもの。
*****************************************************************
c0097879_2335106.jpg

〔Rosa moschata Herrmann /2009 Spring 15〕&〔湖南バラ〕
湖南バラ、無事に開花しました。Pさん、どうもありがとうございます♪
蕊がとても綺麗。移ろいも印象的でした。散り際の1枚です。
*****************************************************************
c0097879_23365943.jpg

〔Empress Josephine(Gallica)Descemet:France:1815/2009 Spring 12〕
僕にとって特別な薔薇。ブトニエールに挿したくなるような艶姿。
そう...、歩く度に零れるのです。
*****************************************************************
c0097879_12558.jpg

〔Mrs.Herbert Stevens (Hybrid Tea)Pernet-Duche:UK:1910/2009 Spring 02〕
風もなくおだやかな朝、白い薔薇は如何です?
*****************************************************************
予告編、終了です。
招待状は届きましたか?

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2009-05-19 07:00 | Sweeter than Sweet
c0097879_05672.jpg

〔Lady Hillingdon(Tea Rose)/Lowe&Shawyer:UK:1910〕
*****************************************************************
c0097879_19513351.jpg

〔Emmie Gray(Found China Rose)/Unknown:Unknown〕
〔Therese Bugnet (Hybrid Rugosa)/Bugnet: Canada:1950〕
〔Cottage Rose(English Rose)/Austin:UK:1991〕
〔Harlow Carr (English Rose) /Austin:UK:2004〕
*****************************************************************
c0097879_0564492.jpg

〔Mme.Antoine Mari (Tea Rose)/Mari:France:1901〕
〔アカエナ ブルーヘイズ Acaena 'Blue Haze/バラ科アカエナ属〕
*****************************************************************
c0097879_0575950.jpg

〔アズマイバラ&Rosa foliolosa〕
*****************************************************************
c0097879_0582529.jpg

〔Rose d’Ange(S)/河合伸志:Japan:1996〕
*****************************************************************
c0097879_0584843.jpg

〔Belle Vichysoise (Noisette)/Leveque:France:1895〕
*****************************************************************
c0097879_059142.jpg

〔Lady Hillingdon(Tea Rose)/Lowe&Shawyer:UK:1910〕
*****************************************************************
G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-11-22 23:00 | Sweeter than Sweet
c0097879_16285153.jpg

〔Iwara/Rosa Iwara コハマナシ(Hybrid Species)/Unknown:Unknown〕
1.
実は...この薔薇。
樹形をあまりリサーチせずにお迎えしたもの。
主幹はガッチリとして剛直そのもの。
薔薇が『木』であるということを身を以て表しているかのような姿。
分岐した細枝...隅々までびっしり棘で覆われています。
花は散り際...桜のように弁端が捩れ まことに美しいです。
もちろん...蕾が開いた時よりも。
図鑑などではあまり書かれていませんが...
薔薇「らしい」とても好ましい匂いです。
そして花びらはわずか一日で風に乗り...遠くへと去ってゆくのです。

5月の薔薇たちもそろそろ終焉を迎えつつあります。
毎年遅咲きの薔薇ももう残すところあと僅か...。
花びらは次から次へと土へ還ってゆきます。
山紫陽花が綻び始め...天からの恵みが空から降りてくる月。
美しい雫に彩られた6月はもうすぐそこまで来ています。
雨季のある国に生まれて本当によかった...。
心からそう思います。

*****************************************************************
c0097879_15321415.jpg

〔ベニバナバイカウツギ(Deutzia:hybrida'Magicien')/ユキノシタ科:ウツギ属〕
2.
このバイカウツギは昨年の春も終わる頃...、園芸店で見かけて
既に萎みつつある小豆大の花がたいそう美しかったのを憶えています。
我が家で育てている木はたいへん小ぶりなもので
過日に記事にしたモミジイチゴやバイカカラマツソウと共に寄せ植えにしています。
紅花のバイカウツギとして流通していますが、おそらくウツギの交配種だとの説。
手持ちの図鑑には載っておらず...
詳細を検索したところ...「スイカズラ科」との表記も見られました。
残念ながら香りはほとんど感じられません。

*****************************************************************
c0097879_15344011.jpg

〔Sister Elizabeth (English Rose)/Austin:UK:2006〕
〔Sweet Chariot (Min)/Moore:US:1984〕
3.
近年作出されたイングリッシュ・ローズの中でも...
個人的には ひと際完成度の高い薔薇だと思っています。
まず花が中輪であること...につきますね。
四季咲き性も抜群...真冬にさしかかる頃まで咲いています。
嗅覚は人それぞれですから一概には言えませんが、
非常に人工的、風変わりな...例えるなら塩化ビニールのような
「プラスティック」な80年代的匂いを感じます。
甘酸っぱい果実のように感じることもありますが...。
花保ちもよく...夏花がたいそう美しいのです。
一度枯らしてしまい...今年の冬に新たに迎えました。
この薔薇の持つ「ピンク」には どことなく健全でない翳りを感じます。
ライラックやモーヴetc...そういった色で表現できないもの。

『Sweet Chariot』は...房で咲いた集合体の中で
それぞれが持っている時間のズレをなんともいえない色彩で織り成します。
加えて強いダマスク香。未だかつて病気を拾った姿を一度も目にしていません。
退色して散り散りに花びらが風に飛ばされてゆくさまも愛らしい薔薇。

*****************************************************************
c0097879_15355031.jpg

〔紅花エゴノキ(Styrax japonica Pink Chimes)/エゴノキ科:エゴノキ属〕
4.
直径10cm弱の小さな鉢で育てています。
白花のエゴノキよりもさらにやさしく甘い香り。
果皮に毒を含んでいるとは思えないほど たおやかな花です...。

*****************************************************************
c0097879_15365058.jpg

〔Lochinvar(English Rose)/Austin:UK:2002〕
〔紅花エゴノキ(Styrax japonica Pink Chimes)/エゴノキ科:エゴノキ属〕
5.
時期を同じくして咲いたふたつの花。
もちろん別々に撮ったものですが...。
同じ世界に生まれていたらどうなっていたでしょう?

『Lochinvar』はとても素敵な薔薇。
花も小輪から中輪です。
ローズティーの茶葉を蒸らしたあとの残り香にも似た甘い匂い。
たゆたうように辺りに沈みます。
光の微粒子を包みこんだ花びら。透過した光はそのままに。
花だけを愛でるのではなく、枝も葉もすべてを堪能したい薔薇です。
イングリッシュローズの中で この個性は貴重な存在かもしれません。

*****************************************************************
c0097879_15374841.jpg

〔Mme Caroline Testout(Hybrid Tea)/Pernet-Ducher:France:1890〕
〔Wild Edric(English Rose)/Austin:UK:2005〕
〔Wisley (English Rose)/Austin:UK:2004〕
〔Rosa Chinensis Semperflorens(China Rose)/Slater,G.:UK: pre-1773〕
6.
僕が薔薇を切って花器に挿すその訳。
簡単に云えば...たとえ僅かな時間でも散り際までを見たいと思うから。
朝 開き始めた蕾が翌朝には散っていた...なんて事も度々ありました。
5月であってもなくても...
玄関を出るまでの朝の慌ただしさに変わりはありません。

ここに並んでいる薔薇たちはそれぞれに四季咲き。
一年に一度しか逢えないという訳ではありませんが、
陽射しと慈雨をふんだんに身に纏ったふくよかさは5月ならではのもの。

『Mme Caroline Testout』。
花弁がほどける寸前まで非常に凛々しい姿をしています。
一旦花びらがこぼれてしまうとあっという間。
...瞬きをしている間に散ってしまいます。
散り際の潔さ。僕は密かに「昼顔」と呼んでいます。
この写真では左側...窓にいちばん近い場所に挿しました。

『〜Semperflorens』。
月並みですが...とても綺麗な薔薇だと思います。
もう惜しみなく咲いていただいて(笑)
春夏秋冬...それぞれの季節を包み込む大らかさで。
チャイナは概ねどの薔薇も... 葉と花、それぞれが織り成すバランスが絶妙。
夕闇に転ぶ頃、青みが姿を現して花弁を反転させる...。
直径15cm弱の小さな鉢で育てていますが
落ちついたら鉢増ししようと考えています。

金井夕子の『チャイナローズ』を聴いて僕が連想するのはこの薔薇。
歌謡史に残る名曲じゃないかと思っています。YMOですしね...。
イントロなんてそれはもう...仰け反る程素敵です(笑)

*****************************************************************
c0097879_15405061.jpg

〔Falkland(Hybrid Spinosissima)/Unknown: Unknown〕
7.
*****************************************************************
c0097879_15414960.jpg

〔Ispahan(Damask Rose)/Unknown: pre-1832〕
8.
今から2〜3年前でしょうか?
当時、最後に庭に投入する薔薇を2本に絞り込んでいて(考えられない!)
ガリカの『Ipsilante』か...この『Ispahan』のどちらにするか、迷っていたのでした。
その旨を話すと、『まぁ...どちらも甲乙つけがたい素敵な薔薇ですねぇ!』
なんて仰って、お互いにああでもない...こうでもないと
散々迷った挙げ句、この薔薇にしたのでした。
結局『Ipsilante』も買った記憶がありますが、ちょっと見当たりません(笑)
今でもこの薔薇が咲くと、その方の淡い...花のような笑顔が目に浮かびます。
まるで香水のような香りを持つ薔薇...。
毎年健気に咲いて短い5月の庭をあたたかいピンクで彩ってくれます。
我が家のような悪環境でもキッチリ咲くということは同時に丈夫な薔薇だとも。
最近はお忙しいようで...なかなかお目にかかる機会もありませんが
開花と記憶は密接に繋がっていて 不思議にも忘れる事がないのです。

*****************************************************************
c0097879_15465694.jpg

〔カシス(C.florida Cassis)〕
9.
*****************************************************************
c0097879_1548443.jpg

〔Wild Edric(English Rose)/Austin:UK:2005〕
〔Mme Caroline Testout(Hybrid Tea)/Pernet-Ducher:France:1890〕
〔The Dark Lady (English Rose)/Austin:UK: 1991〕
〔Wisley (English Rose)/Austin:UK:2004〕
10.
*****************************************************************
c0097879_15515411.jpg

〔枝咲き桔梗(Campanula kemulariae)/キキョウ科:キキョウ属〕
〔アネモネ ネモローサ(Anemone nemorosa)/キンポウゲ科:イチリンソウ属〕
11.
*****************************************************************
c0097879_15534929.jpg

〔Wisley (English Rose)/Austin:UK:2004〕
〔Wild Edric(English Rose)/Austin:UK:2005〕
12.
*****************************************************************
c0097879_15531760.jpg

〔Snow Goose (English Rose)/Austin:UK:1996〕
13.
*****************************************************************
c0097879_15541546.jpg

〔Chaucer(English Rose)/Austin:UK:1970〕
〔Barbara Austin(English Rose)/Austin:UK:1997〕
14.
*****************************************************************

タイトルは僕の大好きなコール・ポーターの楽曲から。

今回は 5月を彩ってくれた様々な草花 薔薇にまつわる記憶etc...
僕が感じた事を『随時』追記してゆきます。
まとめてではなく...進行形で少しずつ綴る予定です。

登場人物さながらに...それぞれ物語を背負っているのです。
誰ひとりとして欠けてはならない大切な住人たち。
幕開けはもうすぐです...。

*こんなに一気に写真をUPするの... 最後かもしれません...(笑)
 どうぞ皆さんもゆっくり楽しんでいってください*

G d D
*****************************************************************
*前回の記事へ* 〜草花の名前を記しました〜
 如何でしたか?楽しんでいただけたかな?
あぁ...やっぱり!なんてものも多かったのではないかと思います。
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-05-25 15:00 | Sweeter than Sweet
c0097879_23325310.jpg


一年に一度しか体験できないこと。
指折り数えれば沢山あります。
一年に一度しか逢う事を許されぬひと。
それもまた楽しいひとときでしょう。
もう三年に一度だっていいのです。

五月は薔薇に振り回されて...
かた時も庭を離れる事ができません。
そんな不義理は五月病。
昼間に見るべき夢は何処?

c0097879_23393074.jpg


箱庭には知らぬ間に水が溢れ出し...
その姿を河に変えて...遥か彼方 西の海へと流れゆく。

この薔薇の姿を前にして...私は綴る言葉も見つからない。

蕾が膨らみ...萼がはがれる瞬間を...
私はたしかに この目で見た気がしました。

c0097879_23401984.jpg

〔Antonia d'Ormois(Gallica Rose)/Vibert:France:1835〕

「綺麗だな...」と感じる事ができる。
その棘に触れる事のできる近さで暮らしている。
ただそれだけでも嬉しい...とても幸せなことです。
たとえそれが一輪の花であっても。

G d D

******************************************************
開花ラッシュです。朝摘みの薔薇の匂いが消えてしまわぬうちに...
出来る限り早目の更新を心がけます(笑)
写真も沢山撮りました...。
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-05-17 23:00 | Sweeter than Sweet
c0097879_1131991.jpg

〔Hume's Blush Tea-scented China (Tea Rose) /Hume:UK:Pre-1809〕
c0097879_114630.jpg

〔ナズナ(薺:Capsella bursa-pastoris)/アブラナ科ナズナ属〕
c0097879_1143184.jpg

〔Yolande d'Aragon (Hybrid Perpetual or Portland)/Vibert:France:1843〕
c0097879_1145445.jpg

〔Emmie Gray(Found China Rose)/Unknown:Unknown〕
〔Snow Goose (English Rose) /Austin:UK:1996〕
c0097879_1151428.jpg

〔キバネモンヒトリ(Spilarctia lutea japonica)/ヒトリガ科〕
〔Iwara Rosa Iwara コハマナシ(Hybrid Species)/Unknown:Unknown〕
c0097879_1155593.jpg

〔Harison's Yellow(Hybrid Foetida)/Harison:US:1830〕
c0097879_1162629.jpg

〔Mme. Sancy de Parabere(Boursault)/Bonnet:France:1874〕
〔ビエネッタ / C.florida Vienetta〕〔枝:Harison's Yellow〕
c0097879_1165347.jpg

〔Rosa multiflora 野イバラ(Species)/Unknown:Japan:Unknown〕
c0097879_2173883.jpg

〔Pink Grootendorst(Hybrid Rugosa)/Grootendorst:Netherlands:1923〕
c0097879_1171499.jpg

〔ゲラニウム ロベルチアナム(Geranium robertianum)〕
〔和名(ヒメフウロ)/別名(塩焼き草)フウロソウ科:フウロソウ属〕〕
c0097879_1225488.jpg

〔ウェルトハイミア ブラクテアタ(veltheimia bracteata)/ユリ科〕
〔球根図鑑を片っ端から探しました...おそらくコレでしょう...断定はできません(汗)
c0097879_126494.jpg

〔Stanwell Perpetual(Hybrid Spinosissima) /Lee:UK:1838〕

今日は僕の大切なひとの誕生日。

今、庭に咲いているすべての草花を花束にして。
僕の中に眠っていた緑の扉。
その鍵を開けてくれたあなたに贈ります。
どうぞ素晴らしい一年になりますように!
...いつもありがとね♪

G d D

****************************************************************

薔薇及び...草花の名前は追って追記します。
僕自身その名を知らない草花もあるんです。
(ちなみに6枚目の虫...今年は庭でよく見かけます)
薔薇がお好きな方...そうでない方も...。
12枚の写真の内 7品種以上(虫も含む)お答えくださった方には...
我が家にある古道具か...苗のどちらか。
愛着を持って使われてきたもの。
もしくはなにげなく育ててきたもの。
いずれかをさしあげます(ホントに?)
分割写真も含まれますので...意外に簡単かもしれません。
薔薇も特別レアな品種は含まれていません...
その名を知られたポピュラーなものばかり。
どうぞ奮ってご応募ください!

終焉を迎えたトキンイバラ、UPしました。(↓)
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-05-12 00:00 | Sweeter than Sweet
←menuへ