カテゴリ:月季( 74 )

c0097879_87113.jpg

〔Old Blush/China Rose〕
十二月の薔薇です。
見飽きることのない実にあっさりした姿。
時に妖艶に...そして可憐に。季節を花びらに滲ませる大らかさ。
*****************************************************************
c0097879_8738100.jpg

黒い軸と葉がとても美しいフジバカマ。
*****************************************************************
c0097879_875537.jpg

晩夏...そして秋を経て...長い期間この目を楽しませてくれました。
*****************************************************************
c0097879_881211.jpg

〔紫葉フジバカマ〕
その記念に。暖かい室内の居心地は如何?
*****************************************************************
c0097879_883238.jpg

〔トキンイバラ〕春の姿はこちらこちら
我が家の環境に馴染んでくれたのか...思いのほか生育良好です。
寒さに痛んだ葉姿がとても好ましい。
虫はほとんどといっていい程つきません。
これからも大切に育てたいと思っています。
*****************************************************************
c0097879_884687.jpg

〔Lady Hillingdon/Tea Rose&Mme.Antoine Mari/Tea Rose〕
黄薔薇はドライになってもなお輝きを失わず。
*****************************************************************
c0097879_89389.jpg

ようこそ新顔さん。あたらしい環境にはもう慣れた?
所謂...紫ではなく、ルビーレッドのような光。
どちらへ転ぶかで印象も大きく変わります。
*****************************************************************
c0097879_891918.jpg

〔エリゲロン&アカエナ ブルーへイズ〕
*****************************************************************
c0097879_89353.jpg

〔原種シクラメン〕
名前失念。明日の朝庭へ出て再度確認することにしましょう。
ヘレボルスは今年もおそらく原種&シングルオンリー。
*****************************************************************
c0097879_895057.jpg

〔Old Blush/China Rose〕
*****************************************************************
ほんのひととき...あたたかい部屋へそっとお入り。
愛しい冬の子供たち。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-12-12 00:00 | 月季
c0097879_2045133.jpg

〔Lady Hillingdon(Tea Rose)/Lowe&Shawyer:UK:1910〕
この薔薇の持つ...限りなく優雅にくたびれたさまは唯一無二のもの。
そして...いつまでも傍を離れられない香しい高貴な匂い。
*****************************************************************
気がつけば...今年も残すところ、あとふた月となりました。
霜月...11月を迎えたものの、まだまだ暖かい日が続いています。
皆さんはどんな3連休をお過ごしですか?
今回は久しぶりに今現在の庭の様子をお届けします。
写真は全17枚。
4分割の写真も含めると...そんなに沢山のバリエーションはありません。
珈琲片手にゆっくりとお楽しみいただけたら幸いです。
*****************************************************************
c0097879_20462257.jpg

〔ハナミズキ/ミズキ科ヤマボウシ属〕
我が家でいちばん大きな木。
今...紅葉がひと際綺麗です。
記事に取り上げることは少ないのですが...あれから既に一年近くの歳月が。
去年の冬の枝姿はこちら
*****************************************************************
c0097879_20465547.jpg

c0097879_20472539.jpg

c0097879_20475280.jpg

c0097879_20482116.jpg

c0097879_20484957.jpg

〔清澄白山菊〕
早咲きの箱根菊が終わりを告げ...白山菊も終焉を迎え。
今、この清澄白山菊がとても綺麗です。
深呼吸したくなるような清々しさ。
*****************************************************************
c0097879_20492679.jpg

〔黒花ヒキオコシ〕&〔ミシマサイコ〕&〔アズマイバラ〕
3種共に...感激した草花、そして薔薇。
*****************************************************************
c0097879_2051019.jpg

〔アキちゃん/テリハノイバラ〕&〔丸葉藍〕&〔アケボノアシ〕
pさんからご好意でいただいた苗です。
こんなに赤く色づきました。
株元からは元気なシュートも!
いつも本当にありがとうございます。
*****************************************************************
c0097879_20513571.jpg

c0097879_205276.jpg

〔アズマイバラ〕
夢にまで見たアズマイバラ(笑)
こちらもPさんからいただきました...。
毎朝...水遣りの度にしげしげと眺めています(笑)
草ぶえの株よりも色づくのが少しだけ早いような気が...。
花、細枝、葉に棘...そして実。
どこから見ても、どこから切り取っても本当に美しい薔薇。
我が家を気に入ってくれると嬉しいのですが♪
*****************************************************************
c0097879_20524978.jpg

〔Alister Stella Gray(Noisette)/Gray:UK:1894〕
庭で咲かせて庭で散らせるのがいちばん美しい。
芳醇な香りを澄んだ秋風の中でのみ味わう贅沢さ。
花びらから色が抜けてゆく...その速さ。秋はいつでも急ぎ足。
*****************************************************************
c0097879_20532656.jpg

〔クワクサ〕&〔ダイアンサス リトルメイデン〕&〔シレネ ユニフローラロゼア〕
数ある薔薇より蔓延ろうと...決して主から嫌われる事のないクワクサ(笑)
ほんのり色づいて...素朴ながらも味わいのある美しさです。
ポリポットに植え替えて売りさばきたいような量が蔓延っています(笑)
(実際に売られていたら...僕はたぶん買って育てるでしょう...)
今年は花器に迎えず...すべて庭で楽しみました。
そして来年の春待ち苗2種。
*****************************************************************
c0097879_20535582.jpg

〔Lady Hillingdon(Tea Rose)/Lowe&Shawyer:UK:1910〕
〔清澄白山菊〕
枇杷色のふくよかな花。軸は深い紫。
薔薇と菊。
ようやく...野菊の美しさが分かるようになった気がしています。
*****************************************************************
c0097879_20542762.jpg

〔沖縄菊〕&〔沢白菊〕&〔屋久島岩金梅〕
極々浅い鉢に3種まとめて寄せ植えにしてみました。
屋久島岩金梅で周囲を軽く留めています。
高さ3〜4cmの本当に浅い鉢で。
*****************************************************************
c0097879_20545324.jpg

怪しい...(笑)灯りが身に沁みる...好い季節になりました。毛布のような色。
*****************************************************************
c0097879_205522100.jpg

そして迎えるは、時軸のない夜。ひたすら本を読んで深い眠りにつきます...。
皆さんもどうぞ...ゆったりした素敵な夜をお過ごしください。
*****************************************************************
G d D
*****************************************************************
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-11-03 00:00 | 月季
c0097879_174092.jpg

[香粉蓮]
素晴らしい綴り...その名に応えるが如く、秋深まる頃の姿はひと際美しい。
真っ赤なシュートがグレイッシュな空模様にことのほか映えます。
*****************************************************************
今回、草ぶえのリポートは一回で完結する予定でした。
今日...写真を整理していたところ...、
わずか1週間程前の出来事が鮮やかに甦ってきたのです。
枚数は20枚足らずですが、このままお蔵入りにさせるのもどうかと思い...、
急遽、UPする事にしました。
今からお出かけになる予定の方も、今回は時間が取れず足を延ばせない方も...。
どうぞ皆さんそれぞれに楽しんでいただけたら幸いです。
秋のひんやりした空気を感じていただけるでしょうか...。
*****************************************************************
c0097879_17113622.jpg

c0097879_17132787.jpg

c0097879_171712.jpg

[野イバラ/Rosa multiflora]
野イバラはホントにいいですね.....♪
*****************************************************************
c0097879_17174948.jpg

[Champneys Pink Cluster]&二色のミズヒキ
この薔薇は、何処で見ても毎回シャッターを切ってしまいます。
*****************************************************************
c0097879_17185191.jpg

秋の草花たちが本当に綺麗でした。
フジバカマは園内の至るところ、ツクシイバラの株元にも群生していました。
植栽されている場所によって、微妙に配色を変えているように見受けました。
*****************************************************************
c0097879_1719358.jpg

[Treasure Trove]
我が家の坪庭...なすがままに頭上を交差する枝ぶりを思わせます(笑)
*****************************************************************
c0097879_17201265.jpg

[琉球テリハノイバラ]
赤く丸い実と花芯も鮮やかな白い花。
同じ株にバランスよく同居していて見事でした。
*****************************************************************
c0097879_17225531.jpg

[Fruhlingsanfang]
立春とはなんとも素敵なネーミングですね。
*****************************************************************
c0097879_17232622.jpg

[Rosa spinosissima]
サッカーですね...。株元からは随分と離れた場所です。
こんな何気ない景色に胸を打たれます。
*****************************************************************
c0097879_17235633.jpg

[Park's Yellow Tea-scented China]
秋に見るのは初めて...かな?
*****************************************************************
c0097879_17243377.jpg

[アズマイバラ]&[アン・エント]
アズマイバラの実が染まるのはまだまだこれからでしょうか...。
本当に美しい薔薇。心からそう思います。
『アン・エント』という名のこの薔薇。
真っ赤に熟した実と、青々と茂った葉の対比がまことに美しかったです。
*****************************************************************
c0097879_1725478.jpg

[木香薔薇/Rosa banksiae normalis]
主幹は大人の腕ほどもあります。
*****************************************************************
c0097879_17265619.jpg

[Rosa multiflola cathayensis]
この薔薇も見事な実成り。
*****************************************************************
c0097879_17272636.jpg

[Rosa Virginiana]
質感が分かっていただけるでしょうか...。
*****************************************************************
c0097879_19584640.jpg

[Fortune's Double Yellow]
秋に伸びるシュートは本当に美しいですね。
*****************************************************************
もう一回行きたいなぁ...。
葉がすっかり落ちてしまう頃、初冬にまた訪れてみるのもいいかもしれません。

G d D
*****************************************************************
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-10-26 22:30 | 月季
c0097879_217136.jpg

[Homere]
霧の深い朝...そっと うつむく花首をすくいあげた指先。
こぼれる雫が流れ落ちるままに辿りついた先は.......。
頬を染める乙女でもなく...無垢な少女でもなく...
それがたとえ無骨な男の腕だったとしても。
泪に汚れた女の胸だったとしても。
神様はきっと許してくださる事でしょう。
*****************************************************************
c0097879_2204648.jpg

[Rosa Virginiana]
*****************************************************************
c0097879_2333236.jpg

[ロサ・シレニディフローラ]
*****************************************************************
c0097879_222658.jpg

*****************************************************************
c0097879_8202329.jpg

[Mutabilis]
この一枝。とても美しいと感じました。
「薔薇は消毒もたいへんだし...それに沢山虫がつくでしょう?」
...だったら何だというのでしょう。
虫も寄せつけない花なんて...。
ただ大らかに...来る者を拒まず。
心の在り処はその薔薇しか知らぬこと。
傷痕から花芯を覗かせる。
*****************************************************************
c0097879_2233132.jpg

[Rosa foliolosa]
薔薇園といえども...そこは限りなく里山に近い場所。
夏を経て...生まれ変わったあなたに会いに来たのです。
*****************************************************************
c0097879_8213687.jpg

[Delicata]
*****************************************************************
c0097879_224371.jpg

*****************************************************************
c0097879_2574215.jpg

*****************************************************************
先日、久しぶりに時間ができたので、ひとり気侭に『草ぶえの丘』へ行ってきました。
週末にもかかわらず...園内は人もまばら。
ひっそりと人知れず咲き乱れる秋薔薇たち。
朱や黄金の枝に守られて歩く小径の心地よさ。
四季咲きのチャイナやティーがこぼれんばかりに咲き誇り...
一季咲きの原種の薔薇たちは枝も実も紅く色づいています。
枯色。幾重にも葉を捩らせ...
時折雲間から覗く陽射しに刻一刻とその身を染めゆくさま。
今回、何よりも可笑しかったのは、駅に着いた途端、雨が降り出した事です!(笑)
すぐに止みましたけれど。
*****************************************************************
c0097879_302376.jpg

春とはまた違った植栽に目を奪われます。
この藤色の菊の大株。
あらかじめここへ倒れこむように計算され植栽されたものならば...!流石ですね。
素晴らしい眺めでした。
*****************************************************************
今回、写真はわずかに300枚ほど。
多くを撮る事はせず...目にとまった風景をその時々の気分で。
一日に2~3枚ずつ、日々更新してゆく予定です。
自分自身、ゆっくり楽しみながら過ぎ行く秋を記録してゆけたら...。
そう思っています。
*****************************************************************
c0097879_2284764.jpg

c0097879_2295977.jpg

c0097879_2305063.jpg

[Mme Antoine Mari]
あなたの横顔を好きな訳。
エレガンス。
振り向かず。
*****************************************************************
c0097879_313995.jpg

蜘蛛って美しい生き物だと思います。
*****************************************************************
c0097879_225578.jpg

[Phyllis Bide]
この薔薇...実は今までまったくノーマークだったのですが、
今回、秋風に靡くその姿を見て...胸が締めつけられる思いでした。
細い枝。細い葉。そして限りなく薄い花弁。
裏へ表へひらひらと自在に反転するさまは...
まるで風に飛ばされてゆく蝶のようです。
迎える事にしました。...って、既にもう...我が家にいます。
あれ?もう薔薇は買わないハズじゃなかったの?(笑)
未だ見ぬ薔薇を、図鑑等を頼りに迎えるのも楽しいけれど。
やはり実際にこの目で見て...触れて。
心を動かされた結果としての出逢いは全く別のものです。
*****************************************************************
c0097879_044278.jpg

c0097879_034790.jpg

c0097879_3161223.jpg

[Rosa clinophylla]
この薔薇、やっぱり素敵だなぁ...。
比較的大きな実です。
春の開花時の姿はこちら
後日、別カットもUPする予定です。
*****************************************************************
どうぞ気の向くままに立ち寄り...、楽しんでいただけたら幸いです。
今回の写真の整理がつく頃には...。
皆さんの胸も、深い秋色に染まっている事を願ってやみません。

G d D
*****************************************************************
c0097879_22702.jpg

[Louis Philippe]
葉が濡れていますね...。
...という事は園を訪れてすぐに撮った中の1枚でしょう。
秋に咲くチャイナローズは本当に美しい。
この薔薇の持つ匂いを...僕はとても好ましく思います。
*****************************************************************
c0097879_8273798.jpg

[Rosa palustris]
*****************************************************************
c0097879_3171977.jpg

[Rosa Virginiana]
プラム色のなんとも美しい紅葉です...。
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-10-21 01:00 | 月季
c0097879_324837.jpg

〔ヤマボウシ(山法師)の実 / Benthamidia japonica / ミズキ科 / ヤマボウシ属〕
jさんから届いた秋便り。箱の中には真っ赤に熟したヤマボウシの実。
そしてオトギリソウやヌスビトハギ...、キツネノマゴ。
野山の畦道の風情そのままに...根を切らず丁寧に水苔で包んで寄せてありました。
jさん、どうもありがとうございました。
*****************************************************************
c0097879_343984.jpg

〔ウメバチソウ (Parnassia palustris) / ユキノシタ科 / ウメバチソウ属〕
以前は光量の足りない坪庭を恨めしく思ったこともありましたが、
今ではこの環境にもすっかり慣れ...愛おしく感じるまでになりました。
どの季節にもあたらしい発見があります。
*****************************************************************
c0097879_355321.jpg

〔クサボタン (Clematis stans) / キンポウゲ科 / センニンソウ属〕
荒々しくもたおやかな姿。全体を捉えた写真もありますが、まずはこの1枚を...。
この秋、心をうばわれた瞬間。或る朝の出来事。
*****************************************************************
c0097879_372397.jpg

〔フウセンカズラCardiospermum halicacabum) / ムクロジ科 / フウセンカズラ属〕
秋の陽射しは金色。『風船』もそろそろ茶色くしぼんできましたね。
*****************************************************************
c0097879_384629.jpg

〔フウセントウワタ (Gomphocarpus fruticosus) / ガガイモ科 / フウセントウワタ属〕
一年草扱いというのが意外に思われるほど...。
透明感のある美しい花、夾竹桃を思わせる枝葉。
*****************************************************************
c0097879_224291.jpg

〔フウセントウワタ (Gomphocarpus fruticosus) / ガガイモ科 / フウセントウワタ属〕
膨らんだ果実が裂けると...中には黒く美しい種が繊細な綿毛に包まれています...。
*****************************************************************
c0097879_313970.jpg

〔フウセントウワタ (Gomphocarpus fruticosus) / ガガイモ科 / フウセントウワタ属〕
こちらはその黒い種。この花器は僕の友人が作ったものです。
*****************************************************************
c0097879_3141922.jpg

〔ヤマボウシ(山法師)の実 / Benthamidia japonica / ミズキ科 / ヤマボウシ属〕
乾いた掌に赤く熟した実の柔らかさ。撮影のあとは果実酒に。楽しみ!!!
*****************************************************************
c0097879_31641.jpg

〔フウセントウワタ (Gomphocarpus fruticosus) / ガガイモ科 / フウセントウワタ属〕
〔シラヒゲソウ (Parnassia foliosa var. nummularia) / ユキノシタ科 / ウメバチソウ属〕
ウメバチソウの近縁種...というよりも同属といったほうが正しいでしょうか。
この秋に迎えたばかりの苗です。
図鑑などで見る白花とは違って、この株はややクリーム色がかっています。
*****************************************************************
c0097879_3184832.jpg

〔ヤマボウシ(山法師)の実 / Benthamidia japonica / ミズキ科 / ヤマボウシ属〕
甘酸っぱく...フルーティな香り。
果実酒を口にするまで...しばしの別れです。
*****************************************************************
c0097879_320057.jpg

〔ネコハギ (Lespedeza pilosa) / マメ科 / ハギ属〕
大好きなネコハギ。花もとても可愛い。
*****************************************************************
c0097879_325296.jpg

〔キツネノマゴ (Justicia procumbens) / キツネノマゴ科 / キツネノマゴ属〕
前述の通り、jさんからのご好意でいただいた苗です。
非常に野趣あふれる草姿。花も可憐で美しいですね。
オトギリソウは昨年の冬に我が家では姿を消してしまいました。
二度目の出逢いがもたらす偶然を大切にしたいと思っています。
このキツネノマゴ同様...皆それぞれに土に馴染んでくれたらよいのですが。
*****************************************************************
c0097879_4592885.jpg

〔ヤクシマキンミズヒキ(Agrimonia pilosa var. japonica) / バラ科 / キンミズヒキ属〕
〔白山菊:婿菜(Aster scaber) / キク科 / シオン属〕
〔エンシュウハグマ(Ainsliaea dissecta Franch. et Savat) / キク科 / モミジハグマ属〕
ヤクシマキンミズヒキは昨年、ハンショウヅルの株元に寄せました。
*****************************************************************
c0097879_3322155.jpg

〔Hantington Pink Tea (Found Tea Rose) / unknown:unknown〕
〔ヤマボウシ(山法師)の実 / Benthamidia japonica / ミズキ科 / ヤマボウシ属〕
八月の終わりに届いたばかりの新顔です。
ピンクのティー ローズは秋から冬にかけて...胸の中になくてはならない存在です。
*****************************************************************
c0097879_3385128.jpg

〔ウメバチソウ (Parnassia palustris) / ユキノシタ科 / ウメバチソウ属〕
一輪は極々小さな花ですが、素晴らしい存在感。
*****************************************************************
秋の陽射しは...どこを切り取っても丸い。
研ぎ澄まされた空気の中にやさしさを感じます。
風のない晴れた休日の午後も。
翳った雨あがりの朝も。

今年もまた...あの降り注ぐ『金砂の午後』に出逢えるでしょうか?

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-10-01 00:00 | 月季
c0097879_0455988.jpg

*****************************************************************
c0097879_21512263.jpg

〔マメグンバイナズナ(Lepidium virginicum) /アブラナ科:マメグンバイナズナ属〕
*****************************************************************
c0097879_047012.jpg

〔ムシトリナデシコ(Silene armeria)/ナデシコ科:シレネ属〕
待望の白花です!...嬉しい。
*****************************************************************
c0097879_047183.jpg

*****************************************************************
c0097879_0473673.jpg

〔シレネ ブルガリス(Silene vulgaris)/ナデシコ科:マンテマ属〕
なんと素敵な形状でしょう!!!
*****************************************************************
c0097879_047544.jpg

〔マメグンバイナズナ(Lepidium virginicum) /アブラナ科:マメグンバイナズナ属〕
隙間を縫うように、極々細い繊維が見えるでしょうか...?
*****************************************************************
c0097879_0483441.jpg

〔ツリバナ(Euonymus oxyphyllus)/ニシキギ科ニシキギ属〕
すっかり色づいてきたツリバナ。
そしてまだまだ咲き続ける下野。
この蝶々はヤマトシジミ?かな。
*****************************************************************
c0097879_0494143.jpg

後ろに写っている枝葉はトキンイバラです。
*****************************************************************
c0097879_0495824.jpg

〔オルラヤ(Orlaya grandiflora)/セリ科:オルラヤ属〕
この花にはすっかり魅せられてしまいました。
*****************************************************************
c0097879_0481464.jpg

*****************************************************************
Pさんからとても美しい種を沢山いただきました!
ちいさな箱を開けた途端...目に飛び込んできたもの。
それは...種と共に立ち枯れた夏花の 今あるがままの姿でした。
あまりの美しさに...陽に透かしてみたり、かざしてみたり。
おだやかな秋の柔らかい陽射しのもと...
そのままに切り取ることができたなら。
けれど雲行きは怪しく、時折小雨のぱらつく週末となりました。

今回、箱を開けた時に瞼の裏に浮かんだもの...〜紅い色〜。
次の季節へと繋がれる見えない無数の〜糸〜。
カサカサと音をたててこぼれる種たち。
糸をほぐし、繊維を引き出しているうちに指先が染まってゆくようです。

*****************************************************************
Pさん、どうもありがとうございました!
ちょっともったいない気もしますが...
早速蒔いてみようかと思っています♪

G d D
*****************************************************************
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-09-16 01:00 | 月季
c0097879_3363886.jpg

〔James Veitch(Moss Rose)/Verdier:France:1865〕

私は人も草花も総じて『横顔』が好きである。
自分の撮った写真を拾い上げ 整理しているうちに気がついた。
光源(庭に面した窓)が写真の左手にあるからして...花を左側に向けて挿す。
右に挿すと途端に落ち着かなくなり 心なしか花も不機嫌に見える(気がする)
それが何故かは分からない。
胸のうちが知らず知らずのうちに 常に光の射す方を捉えているのかもしれないし
右利きであるが故に左に意識が流れるのかもしれない。
たとえ窓が右手にあったとしても きっと左に向けて挿すと思う。
切り花で売られている薔薇と違い多くのガーデンローズは真っ直ぐには咲かない。
室内に取り込み、花器に挿す時も出来る限り枝に咲く風情を大事にしたいと思っている。
多くのモスローズは春の一季咲きであるが、返り咲くモスローズの中でも
この『James Veitch』はダントツによく咲く薔薇だと思う。
酷暑を経て...八月の終わりに咲いた一輪であるが
室内に取り込んだ途端...ボタンアイはあっさりと解けてしまった。
褪色する過程も非常に美しい内側に紫を宿した薔薇。
あまり触れられてはいない気がするが...ほどよく濃厚なダマスク香。
今朝窓を開けたらもうひとつの蕾も綻ぼうとしていた。
昨夜もやさしい雨が降りたよう...。
*****************************************************************
c0097879_2132677.jpg

このイチゴは名前が分からない。
まったく違った名を持って我が家にやってきた。
おそらくヤブヘビイチゴではないかと思う。
ヘビイチゴに比べてやや実が大きい。
次から次へとランナーを伸ばし鉢の間をすり抜けて塀の隅、
湿った陰地までポツポツと点在している。
その非常に旺盛な繁殖力にはただただ驚いている。
雨上がりの庭に降り立った時、
今回『James Veitch』と共に写真に収めるべく長いランナーはそのままに摘んだ。
春からずっとポツポツ咲き続けては赤い実をつけている。
斑入りのヘビイチゴはいっこうに増えないし、春以来 花も赤い実も見ていない。
ヤブヘビイチゴってこんなに繰り返し咲くもの?
随所に根っこがついているのでまた土に戻す予定です。
*****************************************************************
c0097879_2141217.jpg

〔ツリバナ(Euonymus oxyphyllus)/ニシキギ科ニシキギ属〕

この写真を撮った時に比べて、現在は...やや赤みがかってきたように思う。
*****************************************************************
c0097879_215275.jpg

これは庭ではなく 散歩している時に撮った1枚。
ヨウシュヤマゴボウ...大好きですが、さすがに迎える訳にはいきません。
熟してからの姿ももちろん素敵ですが、花もとても可憐な風情。
人の背丈を超えるほど大きく育ちながらも 冬には萎れやがて姿を消してしまう。
空き地をあっという間に占領してしまうほど。
その成長の早さ、存在感にはいつも目を奪われます。
*****************************************************************
c0097879_215506.jpg

花首を覆うモスはとても柔らかいもの。
その名の示す通り...苔の手触り。
*****************************************************************
c0097879_216348.jpg

薔薇は『Jacqueline du Pre』。
春が終わる頃、一切枝を残さずゲンコツ剪定したもの。
この薔薇の匂いは唯一無二のもの。花は一日で散ってしまう。
紫がかったピンクの蕾はメラレウカ。花よりも蕾。
*****************************************************************
c0097879_2171828.jpg

〔センジュガンピ(千手岩菲)Lychnis gracillima/ナデシコ科センノウ属〕

2008年上半期、庭で咲いた草花の中で...いちばん心を奪われた花。
花後のサヤを振ると 竹細工の鈴の音のような響き。
胸に刻まれた草花という意味では、多くの薔薇を押しのけておそらく第1位。
*****************************************************************
c0097879_219308.jpg

森の匂い。雨の匂い。そして水の気配。
*****************************************************************
c0097879_2203913.jpg

庭とも呼べない小さな塀で仕切られた場所ですが
沢山の蝶が入れ替わり立ち替わり...音もなくひらひらとやって来ます。
既に何度か遭遇したけれど どうかオオスカシバだけは来ないで欲しい。
あれはホントに怖いから(笑)
*****************************************************************
c0097879_2324786.jpg

3枚目の写真の雨後。
*****************************************************************
c0097879_2373260.jpg

おそらくチカラシバの園芸種。名前失念。
設定を間違えて撮ってしまった1枚。
けれどそのままで。
*****************************************************************
c0097879_222438.jpg

*****************************************************************
木肌も人肌もやがて来る秋に備えて剥がれ落ちる準備をしています。
雫と呼ぶにはあまりにも大きな水に包まれた八月。
坪庭に残った水の残骸。風の足跡。
不思議な九月が其処此処に。
荒れた葉も痛んだ花びらも。
すべてはあなたの掌の中。

G d D
*****************************************************************
少し長い夏休みをいただいておりました。
撮りためた写真が溢れそうです。
まずは見たまま 感じたままをお楽しみいただけたら幸いです。
一連の写真は八月下旬から昨日にかけて撮ったもの。
1枚ずつ...詳細は追って記しますが すぐに次に行きたい気分...。
変わらずも気侭ながら九月は少し早い更新を。
そう考えています。
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-09-05 01:00 | 月季
c0097879_41392.jpg

〔Gloire de Dijon(Climbing Tea)/Jacotot:France:1853〕
〔Pretty Jessica (English Rose)/Austin:UK:1983〕
〔下野(Spirae japonica)/バラ科シモツケ属〕
〔ミシマサイコ(三島柴胡 Bupleurum scorzonerifolium)/セリ科ミシマサイコ属〕
〔白山菊:婿菜(Aster scaber)/キク科シオン属〕
*****************************************************************
茂りに茂った枝葉に埋もれながら 薔薇が今まさに開こうとしている。
それは、枝葉を...棘を掻き分け 手を伸ばさねば届かない場所にあった。
風向きによっては気づかなかったかもしれない。
外弁は痛み...葉は虫喰いだらけ。
明日には散ってしまうかもしれない。
真夏に咲いた薔薇を摘み...花器に挿したとして何になるのだろう。
そう思いながらも掌で包んだ。
瑞々しい夏の草花の数本も共に手折り
氷を張った水盤に投げ入れ...そのまま出勤した。
*****************************************************************
c0097879_352529.jpg

〔Mme. Berkeley (Tea Rose)/Bernaix:France:1898〕
〔コデマリ:小手毬(斑入り)/(Spiraea cantoniensis)バラ科シモツケ属〕
*****************************************************************
週末明けの月曜日はいつもながらぐったり疲れてしまう。
帰宅早々...夕食も軽めに深い眠りに堕ちる......。
真夜中に目が覚めて...喉が水を欲しがるそのままに。
冷蔵庫の扉を開けた途端...
その懐かしい薔薇の香りに眠気は一気に吹っ飛んでしまった。
*****************************************************************
c0097879_431498.jpg

*****************************************************************
冷たい水とわずかな光。
誰を想い...誰をも知らず。
指先は思いのほか熱いもの。
朝に生まれ...夜を知らず。

寄り添う枝。夏の痛み咲き。
薔薇は『Gloire de Dijon』。
残暑お見舞い申し上げます!

皆さんもどうぞ...過ぎゆく夏をお楽しみください。

G d D
*****************************************************************
c0097879_435870.jpg

〔Rosa Chinensis Semperflorens(China Rose)/Slater,G.:UK:pre-1773〕
〔白山菊:婿菜(Aster scaber)/キク科シオン属〕
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-08-19 03:00 | 月季
c0097879_1582354.jpg

〔Lochinvar(English Rose)/Austin:UK:2002〕
〔ネジバナ(Spiranthes sinensis var. amoena)/ラン科ネジバナ属〕
〔セリ(Oenanthe javanica)/セリ科セリ属〕
〔Rosa chinensis(China Rose)/庚申バラ〕
『Lochinvar』。装いもあらたに夏姿。別人のようですが とても素敵です。
すこぶるよい香り。花弁にひと捌け...淡く紅い筋が流れています。
春の姿はこちらです。
*****************************************************************
c0097879_1584681.jpg

〔ミシマサイコ(三島柴胡 Bupleurum scorzonerifolium)/セリ科ミシマサイコ属〕
細くたよりない枝も...そよそよと涼しげな葉も...とても綺麗だと思います。
倒れこんだりはせず...なすがままに風に靡いています。
〔サルビア・フォルスカオレイ(Salvia forsskaolii)/シソ科アキギリ属〕
*****************************************************************
c0097879_1591028.jpg

〔ミシマサイコ(三島柴胡 Bupleurum scorzonerifolium)/セリ科ミシマサイコ属〕
来年はもっと増えるといいな。
*****************************************************************
c0097879_1594319.jpg

〔Rosa chinensis(China Rose)/庚申バラ〕
〔タンジー(Tanacetum vulgare)/キク科ヨモギギク属〕
『〜semperflorens』も次々と蕾をあげてきますがゾウムシにやられっぱなしです。
チャイナローズは、コンパクトながら...株全体のまとまりが非常にいいですね。
小枝が分岐してこんもりと自然な姿に。
...施肥を忘れてしまっても一本松にならないところがよいです。
*****************************************************************
c0097879_20632.jpg

〔ミシマサイコ(三島柴胡 Bupleurum scorzonerifolium)/セリ科ミシマサイコ属〕
〔サルビア・フォルスカオレイ(Salvia forsskaolii)/シソ科アキギリ属〕
サルビア...次から次へと絶え間なく咲き続けます。
*****************************************************************
c0097879_204149.jpg

〔クサレダマ(Lysimachia vulgaris var. davurica)/サクラソウ科オカトラノオ属〕
〔ミシマサイコ(三島柴胡 Bupleurum scorzonerifolium)/セリ科ミシマサイコ属〕
『草連玉』と書きます。
*****************************************************************
c0097879_21637.jpg

〔牛旁(の花)(Arctium lappa L.)/キク科ゴボウ属〕
これは切り花で買い求めたものです。
jamaginさん、どうもありがとうございました!
牛蒡がこんなに綺麗な花を咲かせるなんて、ちょっとした驚きですね。
*****************************************************************
日が傾くまで...八月はそよとも風が吹かず。
室外機の熱風に煽られて庭は澱みを増すばかりです。

躯にまとわりついてくる蚊を吹き飛ばすように水を撒き散らすと...
一斉に枝葉が震えだすのは何故でしょう。

ぬるい水が涼風を呼ぶさまを
ぼんやり眺めているうちに
目の前には
幾重にも群青の層が重なってゆく

〜わずかに日が短くなっている事に気づいた次第です〜

G d D

*****************************************************************
容赦なく照りつける陽射しに耐えながら...真夏に咲く草花たち。
痛んだ葉も...瑞々しい枝も...どちらも甲乙つけ難く。
それらは力強くもあり...たおやかでもあり。まことに美しいものです。

さすがに今年は夏薔薇にも出逢えないのではないかと半ば諦めていましたが...
小さな旅から戻ると やさしい花を咲かせているものが幾つかありました。
思わず歓喜の声をあげてしまったほど(笑)それはそれは嬉しい出来事でした。
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-08-04 00:00 | 月季
c0097879_1242350.jpg

『京都タワー』。...大好きなんです。響きも素敵。
*****************************************************************
c0097879_1244313.jpg

この日の気温がダイレクトに写し出されている気がする1枚です。
*****************************************************************
c0097879_125943.jpg

石庭では、ひいた写真を沢山撮ったけれど...どれもつまらない気がしました。
(自分自身が撮った写真の仕上がりという意味で)
*****************************************************************
c0097879_1254996.jpg

*体長10cm弱はありました...! もちろん触角は含まず...です*
*****************************************************************
c0097879_1263548.jpg

苔むした岩は高さのあるものに...。
石群の中では沈みそうに浅い この『石』に目が行きました。
虫喰いの痕。年月が経たものはより一層素敵ですね。
*****************************************************************
c0097879_127977.jpg

黄色い睡蓮の一角もありましたが...。
*****************************************************************
c0097879_1275019.jpg

空き地にて。樹木一本植わっていない太陽にさらされた一角。
人の手は加わっていない気がしました。けれども数十種類の色とりどりの草花たち。
*****************************************************************
c0097879_1291963.jpg

龍安寺の喫煙所はとても贅沢な一角にあります。
眼前には睡蓮池。藤棚の真下です。
藤と睡蓮。それぞれに花期が違うところがまたいいです。
*****************************************************************
c0097879_141585.jpg

龍安寺に限らず今回の旅では壁ばかり撮っていました。
*****************************************************************
c0097879_1311096.jpg

太陽が傾いて 少しだけ暑さがやわらいだ...気がしただけ(笑)
*****************************************************************
c0097879_1315022.jpg

時間が経つのを忘れてしまいます。
*****************************************************************
c0097879_132351.jpg

子供が飲んでいました。(とめましたが......)
ここではシダと薔薇の違いについて友人が...!!!
*****************************************************************
c0097879_13394.jpg

こんなに大きなカミキリムシ。ちょっと直視できない気がします(笑)
薔薇を育てる以前は敵視してはいませんでしたが...。
これはシロスジカミキリでしょうか?
ゴマダラカミキリの成虫は綺麗だなぁと思います。
カミキリムシが発するあの威嚇音!!!
*****************************************************************
c0097879_1334038.jpg

雨は降っていません。
*****************************************************************
c0097879_13494.jpg

手持ちではこれが限界ですが...。
三脚を立てて撮影していた若い男子1名...。
時間と機会があったなら僕もゆっくり撮りたいです(夜に)
この後...新幹線に乗り、京都に別れを...。
*****************************************************************
ようやく熱も下がり...おだやかな週末を迎えようとしていた先週の木曜日の夜。
...たった一本の電話から、急遽 京都へと旅立つ事になりました。
長びいた夏風邪との戦いがようやく終焉を迎えようとしていた矢先の出来事。

『調子はどう?』
『まぁまぁかな...おかげさまで随分とよくなったけど。』
『だったら京都へ行かない?』
『え?!?!ナンデ?(笑)』
『龍安寺行きたいだけです(きっぱり)』
『あっ...そう。』

...という事で、
もちろん即答したことは云うまでもありません(笑)
おこがましくも住んでいたとは云えない程の短い期間でしたが...
かつて暮らした事のある懐かしい街。
そして僕の父の故郷でもあります。
幸いにして切符を取る事ができたので、
灼熱地獄を思う存分楽しんできました。
たったひとつの目的の為に移動する楽しさ。
おそらく日中は体温と同じ位の気温の高さ!
36~7℃はあったのではないでしょうか?
毎回感じることですが、京都の西日は強烈ですね...。
街のいたるところに...蓮を生けた水盤が置かれてあり
涼やかに路地を彩っていました。
旅は短ければ短い程、鮮烈な印象を残すものです。
今回の旅の目的は明確でしたから お土産も何も...
買い物らしい買い物もしませんでした。
たったひとつ 心残りだったのは...
『白バラコーヒー』を買ってくるのをうっかり忘れてしまったことかな?(笑)
次回は紅葉が過ぎた頃、初冬に訪れる事が出来たら...そう思っています。

G d D
*****************************************************************
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-07-31 00:00 | 月季
←menuへ