カテゴリ:月季( 74 )


c0097879_155645.jpg

『Anemone sylvestris 』&『鈴蘭水仙/Leucojum aestivum/snowflake』
*****************************************************************
c0097879_172045.jpg

『H.cyclophyllus&原種交配株』
どちらも小輪で草姿も品よくとても愛着のある個体です。
シクロは個体差があるようですが、我が家の株は香ります。
それは青林檎と柑橘系の果実のような甘酸っぱい香り。
*****************************************************************
c0097879_185460.jpg

『ムシトリスミレ/虫取菫/ Pinguicula macroceras)』
『クローバー ティントロゼ/Trifolium repens』
『ロサ セリケア プテラカンサ/Rosa sericea pteracantha』
虫取りスミレは季節を問わずいつも気まぐれに咲いている気がしています。
我が家には自然に蔓延った苔の類いが豊富にあるので(シダ類なども)
最近はもっぱら寄せ植え、もちろん単体植えに多用しています。
*****************************************************************
c0097879_193538.jpg

『H. hybridus』&『H. lividus ゴールドリーフ』
こう見えてもいずれも原種交配株。
*****************************************************************
c0097879_1101495.jpg

これもそれぞれ原種交配株。dd&sd。ブロッチもひと株くらいはね...♪
ddの株は芽出しの頃のカラス葉が息を呑む程美しいんです。
*****************************************************************
枯葉色だった庭に艶やかに花びらの色が日々生まれては種を宿してゆく。
花びらはゆっくり...ゆっくりと色姿を変えてゆく。
それは魚が己の身を岩肌で削って鱗を落とす行為に似ている。
母の胎内に私の命が宿った時から、私は二月に生まれる運命だったのだ。
自ら望んだ事が叶った初めての出来事だったのかもしれない。
それをとても嬉しく思う。とてもとても嬉しく思う。
巡る12の月の中、この月だけ暦の枚数が少ない。

私はまた新しい一年を迎える。
暦の枚数が少ないのはきっと...。
『早く己の中の氷を自らの体温で溶かし、春の兆しに耳を澄ましなさい』
誰かが...何者かが毎晩耳元でそっと囁くのです。
それが誰であるかを私は漠然とではあるが知っている。

次に生まれてくるならば、やはりこの季節に生まれたい。
睦月でもなく弥生でもなく如月でなければならないのです。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-02-13 00:00 | 月季
c0097879_16212270.jpg

『H. hybridus』&『鈴蘭水仙』
どんな花が咲くか予想もしていませんでしたが咲いてビックリでした。
加えて多花性、蕾のあがりも非常によいです。
このまま鈴蘭水仙と共にテラコッタへ昇格決定です!
*****************************************************************
c0097879_16215687.jpg

『オビトケノコンギク』
草姿がとても美しい野菊。
花期も長いように思います。
下葉から徐々に黄葉し葉を落としていきますので
足許を装ってあげるといいかもしれません。
*****************************************************************
c0097879_1623472.jpg

『H. hybridus』
素朴なss...それともsd?微妙なところです。
マットな小豆色の蕾が愛らしい。
株全体の姿の美しさに惹かれ、
昨年の暮れに相模原の某園芸店で購入したもののひとつ。
充実した株がすべて半額でした。
電車だというのに身の丈ほどもある「Rosa willmottiae」の長尺苗や
ヘレボ苗の数々...指がちぎれるかと思いました(笑)
*****************************************************************
c0097879_16234596.jpg

c0097879_1624846.jpg

『ヤマユリ』
まだ切らずに枝を残したまま。
冬枯れの姿が実に美しいです。
ヤマユリって葉を落とさないんですね。
園芸は一年を通して楽しめる...実に贅沢な趣味なのかもしれません。
『Noir-Z』の方に開花後の青い実の姿を記録として残しています。
*****************************************************************
c0097879_16252911.jpg

『Lilac Charm』
チャイナローズに負けじと通年咲きどおし。
華奢な姿に似合わず生命力旺盛です。
花後は律儀にオレンジ色のヒップを実らせます。
それはUFOみたいな楕円形。
*****************************************************************
c0097879_16255794.jpg

『アトロルーベンス/H.atrorubens×H.atrorubensの交配株』
...だったと思う(笑)またもやタグ紛失です。しっかりしろ〜!
今年は小輪系の原種交配株を
少し大きめのテラコッタに寄せて植えようか思案中。
開花期がズレないもの...そして生まれ持った株の姿をよくよく考えて。
来年に向けて冬咲きの球根などと一緒に。
あれこれ考えるだけでも実に楽しい作業です。
*****************************************************************
*****************************************************************



皆さん...お元気ですか?
随分とご無沙汰してしまいました。
その後お変わりありませんか?
私はといえば...充実した日々を過ごしておりますが、
なな...なーんと!3ヶ月も更新サボってしまいました。

冬はとても愛しい季節。
鉢植えのそこかしこにまだかまだか...と、
新しい命が零れんばかりに春を待っています。

そんな日々の移り変わりを少しずつですが
記録していきたいと思っております。
どうぞ気ままにお立ち寄りくださいね。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-02-02 00:00 | 月季
c0097879_9572019.jpg

c0097879_9345361.jpg

c0097879_9323936.jpg

c0097879_9334349.jpg

c0097879_6535741.jpg

c0097879_6543939.jpg

c0097879_6551463.jpg

c0097879_6554133.jpg

c0097879_65666.jpg

c0097879_6565130.jpg

c0097879_6571483.jpg

c0097879_6575222.jpg

c0097879_6581068.jpg

c0097879_6591479.jpg

c0097879_6593229.jpg

c0097879_70061.jpg

c0097879_715482.jpg

c0097879_722466.jpg

c0097879_73836.jpg

c0097879_73339.jpg

c0097879_735789.jpg

c0097879_742375.jpg

c0097879_9262412.jpg

c0097879_930483.jpg

c0097879_9352954.jpg

c0097879_9355185.jpg

c0097879_9362615.jpg

c0097879_9371036.jpg

c0097879_9374185.jpg

c0097879_938924.jpg

c0097879_9385268.jpg

c0097879_9402725.jpg

c0097879_9415590.jpg

c0097879_9451944.jpg

c0097879_9465291.jpg

c0097879_9471251.jpg

c0097879_948670.jpg

c0097879_9483251.jpg

c0097879_948599.jpg

c0097879_9491888.jpg

c0097879_9493931.jpg

*****************************************************************
過ぎし8月の最終週、29日に尾瀬へ旅してまいりました。
ほんの短い短い小旅、晩夏の記録です。
今回の同行者ははるばる九州の地から上京してこられた60代後半のマダム、
40代男性一名、多感な中学一年生の男の子、そして私...という謎の集団です(笑)

新しいフォーマットを作成するにあたり、古い色あせた写真を引っ張り出し、
ああでもない.....こうでもないと試行錯誤の果て...
思いのほか時間がかかってしまいました。
ンが...既に半月程の時間が流れているにもかかわらず、
肺いっぱいに吸い込んだ生まれたての霧は、
今でも新鮮なまま...私の胸の中に息づいています。

何処へ行っても雨に見舞われることの多い私ですが
今回も他聞に漏れず天候は土砂降り。(後半は晴れました)
カメラを覆うタオルはなんの役にもたちませんでした(笑)

短かった夏を惜しみつつ...背中に秋の気配を濃厚に感じる今、
皆さんそれぞれの楽しみ方でゆったりした時間をお過ごしいただけたら幸いです。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2009-09-12 00:00 | 月季
寝苦しい夜。
乱れた夜具はそのままに。
どうぞ素足のままでお出かけください。
地図を持たなくとも、月明かりが案内してくれるはずです。
*****************************************************************
c0097879_1561831.jpg

〔Mme. Georges Bruant (Hybrid Rugosa) /Bruant:France:1887〕
*****************************************************************
ふたたび...夜があなたをお待ちしております。
午前0時をまわっても扉に鍵はかけておりません。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2009-07-12 00:00 | 月季
c0097879_2153456.jpg

[トキンイバラ]
花の重みで枝が撓って、うなじめがけてあたたかい春雨が降り注ぐ。
今年はビックリするほど沢山の花を咲かせました。
トキンイバラは野いばら同様、その年に出たシュートに翌年蕾をつけます。
ですから...花が咲き終わる前に2m程の枝を惜しげもなくバッサリ切り取るのです。
シュートは毎年、蕾がつく頃、必ず3本程恐ろしい勢いで地際から伸びてきます。
私はこの剛直な枝や逞しい棘...やや厚みのある葉が好きで、
花は年に一度だけですが、狭い庭の中央やや左寄りに陣取ってもらっています。
右隣にフィリス・バイド、そしてロサ・フォリオローサ、アズマイバラ。
左にはムタビリスと、先祖返りしてしまったカトル・セゾン。
*****************************************************************
c0097879_2162127.jpg

こんなに咲かなくてもいいです(笑)綺麗だけど。
実はこのヒューケラ(品種名失念)、
スタンウェル・パーペチュアルの株元に植えています。
おかげさまで今年の春、スタンは一輪も蕾をつけませんでした(笑)
これは抜かなければなりませんね。スタンの主幹がか細くみえる...。
単独で鉢に植え替えて心おきなく来年も咲いてもらいましょう...。
*****************************************************************
c0097879_2165099.jpg

[エンゴサク]
これは...たしか『パープルリーフ』。
現在は更に花数が増えて今が盛りながらも静かに咲いています。
今まで気にしたことがなかったのですが、すごく香るんですね。
*****************************************************************
c0097879_2174610.jpg

*****************************************************************
c0097879_2185332.jpg

大好きな『ハルオコシ』今年は昨年よりも花芽が多く上がりました。
*****************************************************************
c0097879_2194097.jpg

それぞれに紅と桃の卜半。白は枯れてしまいました...。
*****************************************************************
c0097879_2110755.jpg

花が咲いたのは今年初めてです!
葉だけでも充分満足なのですがこれには感激しました...^^
*****************************************************************
c0097879_21103295.jpg

さながら薔薇。けれど薔薇ではないという...。
*****************************************************************
c0097879_21105476.jpg

[黒葉姫リュウキンカ]&[針犬ナズナ]&[斑入りヤマブキ]。
これらは皆、過ぎし4月に咲いたもの。
*****************************************************************
c0097879_21111593.jpg

東から朝日が射し込んできたところ。
*****************************************************************
次回は庭の薔薇をお届けしますね。
5月ですから...!

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2009-05-10 22:00 | 月季
c0097879_22471959.jpg

[イトスグリ*糸酸塊/ユキノシタ科スグリ属]
*****************************************************************
c0097879_22484572.jpg

c0097879_2249365.jpg

c0097879_22501877.jpg

c0097879_22504543.jpg

[Canary Bird/Hybrid Hugonis/2009 Spring 01]
今年、我が家のトップバッターを飾ったのはこの薔薇でした。
枝という枝に咲き乱れて木を覆いつくすほど。
遠目に見ると春が霞むようで夢現の眺めです。
その香りは予想だにしなかったほど...
スパイシーで且つ甘く懐かしい香り。
*****************************************************************
c0097879_22513016.jpg

[タカネバラ]
*****************************************************************
c0097879_22521910.jpg

[ウコンウツギ*鬱金空木/スイカズラ科タニウツギ属]
*****************************************************************
c0097879_22514880.jpg

[イトスグリ*糸酸塊/ユキノシタ科スグリ属]
雨あがりの姿。
*****************************************************************
姿なき 春のまことを身籠るは
嘆かわしくもこのこころ
うみづきよ 知らぬが仏 九重の
八重に劣らぬ重ねの薄さ

春は急ぎ足。
せめて頁はゆっくりと捲ることにしましょう。
『臨月』、それはとても素敵な響きです。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2009-04-26 22:00 | 月季
c0097879_220026.jpg

*****************************************************************
私の部屋は薄暗く 晩秋から冬至を過ぎる頃まで...
真昼でも室内灯をつけていなければならない事がある。
二月も幕を閉じようとしている今...、
朝な夕なに窓を開け放しては
部屋からちいさな庭を眺めやる。
この季節、まだ春と呼ぶには少し早い。
それでも燦々と降り注ぐ陽射しに目を向けると
沢山の様々な色彩が目に飛び込んでくる。
本当に美しい季節だと心から思う。
冬を背にし、眼差しの彼方に春を想い描く。
そんな季節に私は生まれたのだ。
室内灯も、もう点ける必要はなくなった。

先週末、何処へも出かけず
太陽がそっと知らぬ間に部屋へ忍び込み...
そしてまた出てゆくまでを終始見ていた。

今がハイシーズンのヘレボルスを始め、
早春にしか出逢う事の出来ぬ野草たち。
立ち枯れから芽吹きへの再生も含めて
撮りたい景色は山ほどある。
*****************************************************************
c0097879_2201885.jpg

*****************************************************************
庭というよりも、既に苗置き場と化している坪庭。
少し整理して広くはなったものの...まだまだ完成形には至っていない。
鉢栽培のよいところは、撮影に応じて 陽が傾く方向へ
鉢を丸ごと移動させる事ができる点にある。
もちろん普段はそれぞれの定位置が決まっている。
しばしの間、室内へ招き入れる気まぐれ...。

壁がベージュだという事もあり
仕上がった写真は自然と黄色味が強く出る。
被写体を捉え、フレームの中に収める時間はさほどかからない。
毎回...ほとんど感覚にまかせるままにぼんやりと撮っているから。
この部屋が醸し出す色が気に入っているせいもあり、
色補正なども必要最低限度 ほとんどしないが、
どちらかといえば 正形に切り取ったり、
分割にレイアウトする事の方に神経を使う(わりと疲れる(笑))

私の許へやってきたそれぞれの草花たち。
私自身が望んで求めたものがほとんどである。
それは皆 それぞれに生きる意味を持っていると思う。
*****************************************************************
c0097879_2204793.jpg

*****************************************************************
三月が訪れようとしている今、
私もまたひとつ年を重ねた。
それは何の変哲もない...ただあるがままの一日だった。
けれど...とても幸せな「今」だと感じたのです。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2009-02-26 01:00 | 月季
c0097879_0511470.jpg

c0097879_0514881.jpg

c0097879_052929.jpg

*****************************************************************
年末に我が家へやってきた『Canary Bird』が芽吹きだしました。
数ある薔薇の中には 既に葉が展開しているものも少なくありません。
ヘレボルスも次々とほころび始めました。
なんとも艶かしい...春の兆しを感じる宵です。

やがて巡りくる三月にさきがけて......
二月はいちばんワクワクする季節かもしれませんね。

G d D
*****************************************************************
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2009-02-16 01:00 | 月季
c0097879_2322945.jpg

------------------------------------------------------------------------------
二月になりました。
立春を迎え...ちいさな庭にも少しずつ...
春の息吹きが感じられるようになりました。
皆さんの庭にはどんな変化が訪れているでしょう。

薔薇の枝には紅い新芽が膨らみ。
古い葉を自ら落として新しい季節を取り入れようとするもの。
しばらくは冬眠から目覚めそうにないもの。
実に様々です...。
そんな中...原種のヘレボルスたちが次々と開花しつつあります。
まだ開ききっていない株もあります。
ささやかですが、どうぞお楽しみいただけたら幸いです。
------------------------------------------------------------------------------
c0097879_23221382.jpg

c0097879_2321343.jpg

c0097879_23234728.jpg

c0097879_1543039.jpg

[チベタヌス/H.thibetanus]
------------------------------------------------------------------------------
今、チベタヌスが咲いています。
花径はわずか2cmにも充たない程。
僕が原種のヘレボルスに傾倒するきっかけを作ってくれた花です。
数ある原種の中でおそらくいちばん好きかもしれません。
先週末は天候が優れず、室内と庭を行ったり来たりの撮影になりました。
どこから見ても...どこを切り撮っても飽きるという事がないのです。
庭と室内...微妙な光の変化を感じていただけるでしょうか?
チベタヌスは見かけるとついつい迎えてしまう癖がついてしまいました。
個体差はつきものですが、限りなく白に近い花に出逢えたら...なんて思います。
*****************************************************************
c0097879_23234520.jpg

[清澄白山菊]
軸も葉もやさしいピンクに染まり なんともいえない立ち姿です。
*****************************************************************
c0097879_2324741.jpg

[トルカータス/H.torquatus]
[アトロルーベンス/H.atrorubens×H.atrorubensの交配株]
トルカータスもついつい集めてしまいますね。
*****************************************************************
c0097879_23242364.jpg

[原種交配株][アトロルーベンス/H.atrorubensの交配株]
どちらも非常に多花性です。
*****************************************************************
c0097879_23244122.jpg

[デュメトルム/H.dumetorum]
デュメトルムも大好きで、ついつい探してしまいます。
その姿には...野生種ながら非常に洗練されたものを感じる次第です。
株元がちょっとコワいことに...(笑)
*****************************************************************
c0097879_23245690.jpg

[H. hybridus]
最後まで球体に近い形状を保ちます。開ききる事がありません。
ちいさな庭を見回すと、バイカラー、ベインのものばかり(笑)
*****************************************************************
c0097879_23251439.jpg

[H. hybridus]
微妙な色ですが、なんともいえない不思議な色合いです。
[アトロルーベンス/H.atrorubens]
まだまだ小さな株ですが、毎日目が離せません。
*****************************************************************
c0097879_2325298.jpg

[H. hybridus]
*****************************************************************
まだ固い蕾のものもあり 気持ちが急かされますが...、そこはのんびりと。
ひらり...ほどけるままにまかせましょう。
また随時...咲いたらUPする予定です。

G d D
------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2009-02-05 00:00 | 月季
c0097879_1725156.jpg

*****************************************************************
c0097879_173206.jpg

*****************************************************************
c0097879_1733899.jpg

*****************************************************************
c0097879_1735246.jpg

*****************************************************************
c0097879_1741149.jpg

*****************************************************************
c0097879_1742877.jpg

*****************************************************************
c0097879_1744443.jpg

*****************************************************************
c0097879_1745974.jpg

*****************************************************************
c0097879_1751644.jpg

*****************************************************************
c0097879_1753515.jpg

*****************************************************************
c0097879_1755117.jpg

*****************************************************************
c0097879_1761164.jpg

*****************************************************************
始発の電車に乗って海へ。
頬を流れゆく潮風は冷たくも心地よく。
朝陽を全身に浴びて...心身共に甦ったような気持ちです。
波間を駆ける子供たち。
手を繋ぎ抱きしめ合う恋人たち。
年末年始は友人たちとのんびり過ごしました。
ほんの束の間...PCから離れる生活も時にはよいものですね。
皆さんはどんな新年を迎えられましたか?

『香水月季』も無事3年目を迎える事ができました。
今年はどんな出逢いが待っているのでしょう。
塀に囲まれた庭にひっそりと咲く季節折々の草花の姿。
しなやかに.逞しく.したたかに.たおやかに.
雨に俯き.時に天を仰ぎ.そして風に散りゆく.

足どりはゆっくりのんびり...気侭なまま...。
そっと肩の力を抜きたい時。
白い扉をくぐって...いつでも気兼ねなくお越しください。
熱い珈琲...もしくは濃いめのお茶をいれてお待ちしております。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

G d D
*****************************************************************
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2009-01-06 22:00 | 月季
←menuへ