カテゴリ:月季( 74 )

c0097879_6565257.jpg

c0097879_7414397.jpg

c0097879_7424530.jpg

c0097879_7433682.jpg

c0097879_78346.jpg

...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
振り向くと既に姿は消えている。
まるで風のように。

私のいちばん好きな季節は。
まるで風のように。

足音をしのばせながら爪先に。

そう、まるで風のように。
振り向くと貴方の姿は消えている。

貴方はもう。
ちいさい秋見つけた?

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2011-09-03 00:00 | 月季
c0097879_196235.jpg

あなたに.貴方に.貴男に.貴女に.彼方に。
自由にできる広大な土地が与えられたとしましょう。
その土地にあなたならどんな樹木を植えますか?
私はまず植えることはないであろう...この大きな大きな樹が何故か好きなんです。
東京に縦横無尽にはり巡らされた幹線道路の脇にはこの樹が多く植えられています。
ゆっくり...時には急ぎ足に.通り過ぎるその株元を見るともなしにしゃがんで見ると。
たくさんの樹皮が剥がれ落ちて排気ガスや数々の塵にまみれて土に還ろうとしています。
私は長きに渡り...この樹皮を採取し集めているんです。
3ヶ月経っても...半年経っても...一年が過ぎても苔は青々としたまま。
放っておいてもくすむことはありません。
c0097879_1971047.jpg

福寿草は総てにおいてとても完成度の高い植物。その造形は天からの贈り物。
葉もとても好きですが花びらに律儀にはいるこの筋がとても好き。
c0097879_198724.jpg

私はかつて育てていた『Rosa. iwara』を手放してしまった。
あの薔薇の樹は今どうしているだろう。
この地に来て、よりお日さまに近くなった野生種の薔薇たちは
猛暑を乗り越え、更に大きく育っています。
西へと太陽が沈む頃、薔薇の枝は...
切り刻まれた影絵となって...そのシルエットを露にする。
私が薔薇を好きな理由のひとつ。
それは薔薇が『樹』であるということ。
c0097879_198419.jpg

この薔薇は親指の爪ほどしかありません。
匂いはありませんがERも真っ青なこの花容。
かなり本筋の山野草店で随分前に求めたものです。
タグには『赤』、『四季咲き』って挿してあったような記憶です。
c0097879_1992478.jpg

先日、春一番が吹いた日。
その前後に芽吹くどころか葉が展開してしまいました...w
この薔薇のヒップは米粒と...形大きさ共によく似ています。
少し細長いんですね。
c0097879_1995410.jpg

何だったっけ?
サルビア アズレアやセージと一緒に植えているんですが。
c0097879_1910272.jpg

これも前記の『Rosa multiflora 'Nana'』。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
c0097879_191131.jpg

あしらった苔から無数の双葉が展開していて、今、ちょっと面白いことになってます。
c0097879_19123315.jpg

ノルマリス...素敵ですよね...笑
c0097879_19131788.jpg

この鉢も何度か割れて...修復に修復を重ねています。
何故...ヒトはモノをあっさり捨ててしまうの?
時には『捨てる』ことも大切だと思うけれど。
使って使って使って。
割れても欠けてもそのモノの価値は変わらない。
ヒトも同じでしょ?
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
c0097879_1917875.jpg

雪柳...これはたしか白ではなく桃花だったはずなのですが...w
c0097879_19174313.jpg

葉がとても好きなヘレボのひとつ。
厚みもないし...とても柔らかい葉。
c0097879_19182361.jpg

花は今...朽ち果てようとしています。
ヒヤシンスもそろそろ終わりですね。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
c0097879_19194125.jpg

これは対で求めたもの。
古いものですがたぶんデットストック。
蓋を開けなくとも...芯に油の痕もないし。
c0097879_19202092.jpg

毎年よく咲く株です。
c0097879_1921576.jpg

このヘレボルスはsakiさんのところからやってきたもの。
来季が更に楽しみな株です。
c0097879_19214135.jpg

この薔薇...いただいたものなんですが...花容もさることながら匂いもよいのです。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
c0097879_19224175.jpg

比較的黒いss。この形状のまま終焉を迎えます。
色よりもそこが好き。
c0097879_19231119.jpg

クレヨンって実に便利な代物です。
色鉛筆よりも使用頻度...高いです。
例えば...ゴツゴツした岩のかけらに色を重ねてペイントし...その後熱湯にくぐらせたりします。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
c0097879_19234981.jpg

どうしても似たような花が私のもとへ集まってきます。
この株は極々初期に迎えたもののひとつ。
...............................................................................................................
c0097879_19243343.jpg

紅玉って林檎あるでしょ?
まさにそんな色。
c0097879_1926051.jpg

この雪割草は真っ紅な釉薬がかかった鉢に植えています。
c0097879_19264621.jpg

個体差があってこそ...。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
c0097879_19274249.jpg

私は常日頃からヒトも花もうなじをよく見ています。
何故かって?
だって色んなものが露になっているでしょう?笑
大切ですよ.後ろ姿も首筋も。
階段を昇る男の靴のきしみや年増女の踵とかね。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
c0097879_19284134.jpg

...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
c0097879_19294127.jpg

c0097879_19291489.jpg

夕刻...苔に降り注ぐ陽射し。
なんともいえない瞬間です。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
欅の樹皮。
福寿草。
Rosa willmottiae。
出自不明(山野草店)の薔薇。四季咲き 花径2.5cm。
Rosa multiflora 'Nana' 。

ヒヤシンス / 風信子。
Rosa banksiae normalis。
Galanthus / Snowdrop。

雪柳 / Spiraea thunbergii。
#18。
ヒヤシンス / 風信子。
雪割草。

#23。
# New。
名無しのMiniature Rose。
#39。

#32。
#29。
雪割草。
大三角草。
#46。

出自不明(山野草店)の薔薇。四季咲き 花径2.5cm。

福寿草。
苔。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2011-03-01 00:00 | 月季
c0097879_1822796.jpg

四季咲き山椒薔薇。
...............................................................................................................
c0097879_18224487.jpg

c0097879_18264671.jpg

c0097879_18272348.jpg

#34
とても完成度の高い素敵な花だと思います。sdがいちばん好きかも。
...............................................................................................................
c0097879_1828274.jpg

#37
ようやく3年目。今年が初開花です。
印象としては...そつがない感じ.笑
小輪でなかなか可愛いです。
...............................................................................................................
c0097879_19202152.jpg

c0097879_1829152.jpg

Viola
全身にフリルを纏ったビオラは、ジャンプアップ系に比べて花芽が上がりづらいですよね。
けれど...私はウンザリするほどたわわに咲き乱れるビオラはイヤです.笑
忘れた頃にぽつぽつ咲く感じがちょうどよいのです。
世のオバサンは何故にあれほど玄関先をビオラで埋め尽くすのか...未だかつて謎。
私はビオラを近年チョット見直していて植え方にもある工夫を凝らしています.笑
...............................................................................................................
c0097879_18293171.jpg

Smith Parish
私は今咲いている花にしか興味が湧きません。
この薔薇は病気を拾わない美しく明るい葉を持っています。
まったく紅葉しないんですね。
急激な温度変化にも...敏感に反応してウドン粉を拾ったりしないので夜は室内に取り込むんです。
例の如くバンバン咲かせちゃいます。
たとえ二月であろうとも...四季咲き性の薔薇に関して私は終始一貫スパルタ栽培.笑
野生種は既に養生していますが全体的にリセットするのは毎年2月の末頃です。
植え替えだけは前年度.秋薔薇が終わった頃...11月中に済ませてしまいます。
...............................................................................................................
c0097879_18302867.jpg

以前住んでいた坪庭の想い出。
...............................................................................................................
c0097879_183183.jpg

#32
一番花でヨレていますが...結構黒いss。
苦節ン年...この花も今年が初開花。
迎えた当時のラベルには半信半疑だったけれどまぁまぁ...かな。
今現在...沢山の蕾がひかえています。
...............................................................................................................
c0097879_18315067.jpg

c0097879_18321726.jpg

c0097879_18324560.jpg

c0097879_18331432.jpg

#3
この株は好きなんです。
...............................................................................................................
c0097879_1833451.jpg

#24
Double Dumetorum hybrids
葉が柔らかく美しいのはもちろんのこと...加えて多花性.まるで花束のように咲き乱れます。
そして個々の花にバラつきがないこと。寸分乱れずシーズンを通してキッチリ咲ききります。
花径は3cm前後。この花がバランスよく満開になる頃になると...
あぁ...もうすぐ春なんだな...なんて思います。
今年はヘレボに関しては#ナンバー表記を心掛けているのですが...。
(自分自身が分かればいいだけ.笑 基本ズボラなので)
正確に言うと、番号は咲いた順ではなく、蕾が確認できた株から順に記しています。
...............................................................................................................
c0097879_18341313.jpg

#37
...............................................................................................................
c0097879_18344220.jpg

Duchesse de Brabant / 桜鏡
この株は薔薇を育てはじめた当初...たしか最初のラインナップに入っていたと記憶しています。
迎えた当時はなんとも華奢な挿し木苗だったのですが、当時のメンバーで残っている薔薇は10株程。
私は薔薇の繰り返し咲き性には特に趣をおいていませんが...
この薔薇はご存じのようにホントによく咲きます。
匂いも非常に好ましいですし...長年愛培され続けてきたのがとてもよく理解できます。
日本人が潜在的に持っているであろう情緒.急所に訴えかけてくるものを感じる次第。
この丸い花に凍てついた葉色はこの時節ならではのもの。コントラストがたいへん美しいです。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2011-02-01 00:00 | 月季
c0097879_20512585.jpg

#2
#~に続く数字は蕾をつけた順番...もしくは咲いた順番。
花の少ない季節です。
Helleborusに関しては覚えている限り。
今年から記すことに致しましょう。
この株はddでありながら花径は3cm程。
多花性で長い期間に渡り咲き続けます。
...............................................................................................................
c0097879_205213100.jpg

『Mme. Laurette Messimy (China Rose) /Guillot/France/1887』
私はこの薔薇がホントに好きらしい...。
矮性で華奢なこの薔薇も随分と逞しくなりました。
季節柄...枝葉がくれないに染まっていますが...
やはり環境の変化に伴った成長と変貌をそこかしこに感じます。
夏の涼やかな姿もよいものですが、この蕾...無事に開くでしょうか...。
東京って本州でいちばん暖かいところなんじゃないかと思います。
私は南の方で育ちましたが冬は氷点下で雪もよく降りました。
...............................................................................................................
c0097879_205371.jpg

#2
...............................................................................................................
c0097879_20554994.jpg

『キルタンサス Cyrtanthus / ヒガンバナ科キルタンサス属』
丈夫で手間いらず。よく増えますよね...。
個人的には鉢向きの植物だと思っています。
鉢といえば...昨年あたりから頻繁に割ります。
お気に入りのテラコッタ。いくつ駄目にしたことでしょう...。
食器も手をすべらせて次から次へと割ってばかりいます。
いったい何なんでしょうか...笑
...............................................................................................................
c0097879_20563992.jpg

#3
テラコッタに植えてあるということは気に入っている株なのでしょう。
花径は2cmにも満たない程...小輪多花性。
まるで山野草のような趣があります。
たしか昨年もupした記憶です。
福寿草と共に寄せ植えにしています。
...............................................................................................................
c0097879_205722.jpg

#2
2011年。今年いちばんに咲いた株です。#1は昨年の暮れに。
...............................................................................................................
c0097879_20572811.jpg

...............................................................................................................
c0097879_20575546.jpg

『Falkland / Hybrid Spinosissima / unknown』
フィルターかけている訳じゃないんですヨ。
そもそも色調整なるものは大の苦手です。
ベランダは南からお日さまが沈む西に大きく開けているので
日暮れ時には熟した柿のような色に辺り一面が染まります。
外壁もベージュですしね...。夕焼け苦手な私としては微妙。
果物は何でも好きですが、柿の美味しさなるものが未だに分からない.笑
...............................................................................................................
c0097879_20582026.jpg

#2
...............................................................................................................
c0097879_20584943.jpg

#3
...............................................................................................................
c0097879_20591489.jpg

#2
蕾は限りなく球状に近い小豆色。
その蕾がゆっくりほころぶと...。
杏を包み込む深い紫は朝露を弾き。
その対比がことのほか美しい花です。
...............................................................................................................
c0097879_20593960.jpg

#5
花も美しいのですが...やはり葉でしょうね。
基本...緑花は好きです。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................

ヘレボルスが咲き始めました。
迎える如月は春待ち月。
どうぞおでかけください。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2011-01-15 21:00 | 月季
c0097879_16413893.jpg

Falkland
気温が下がると枝が紅く染まり黄葉との対比がまことに美しいです。
今年の春は実に可憐な沢山の花を咲かせました。
...............................................................................................................
c0097879_1642271.jpg

ヤマイバラ / Rosa sambucina
吊り鉢で高い位置から枝垂れさせていましたが...兎に角!ひっかかるので.笑
すべての葉を取り去り...芽出しの季節がやってくるまでは...リース状に丸くまとめておきましょう。
...............................................................................................................
c0097879_1642331.jpg

Lucifer   
迎えた当初は葉にたっぷり...これでもかって位.笑 薬剤の散布痕がありましたが
なかなかどうして病気ひとつ拾いません。
この冬最も美しく開いた薔薇のひとつ。
...............................................................................................................  
c0097879_16433176.jpg

c0097879_16435444.jpg

Viola
もちろん名無しのViolaちゃんですが.笑 アプリコットの株はとても気に入っています。
...............................................................................................................
c0097879_16441541.jpg

Windsor Tea
寒さには滅法弱いと聞いていましたが...晩夏~初秋。
現在に至るまで断続的に美しい花を咲かせています。
Tea Roseは一般的に気難しいとか云われていますが...そんなことないと思います。
私は施肥の量をそれぞれの品種で微調整するくらいでほぼ放任栽培。
Tea Roseを枯らしてしまう人は端的に云ってしまえば愛情がないか栽培が下手なだけ。
そして選択肢として...必ずしも地植えがいちばんいいとも思っていません。
Tea Roseは地におろすと途端に気品がなくなるものもありますし、ね? 笑
...............................................................................................................
c0097879_1645065.jpg

c0097879_16452670.jpg

Rosa clinophylla
現在、蕾がひとつついています。
今年は思いきって10号鉢へと昇格決定。
ほぼ常緑に近い薔薇ですが11月に既に植え替え済み。
...............................................................................................................
c0097879_1645497.jpg

Lucifer
写真は順序が最も大切。
...............................................................................................................
c0097879_16462948.jpg

Falkland
同じ写真を前後に持ってきたり連続で並べるのには訳があるのです。
...............................................................................................................
c0097879_16465925.jpg

c0097879_16472322.jpg

Couture Rose Tilia
今年国バラで新苗を迎えた時は...それはそれは頼りない苗でしたが.笑
11月も後半にさしかかってからベーサルシュートを出し順調に育っています。
枝の細さ...暗くマットな葉。どこから見てもどこから切り撮っても遜色のない艶姿。
我が家にはヘレボ用にベンレートのストックが一箱あるのみ。
この薔薇に薬剤は必要ありません。
固まることなく開くであろうふくよかな蕾がまだひとつ控えています。
花びらの外周にひと刷け...紅い筋がランダムに入ります。
非常に洗練された完成度の高い薔薇だと思っています。
写真に収めたあと...このひと枝を手折って押し花にしました。
仕上がりが楽しみです。
...............................................................................................................
c0097879_16474810.jpg

山紫陽花 秋篠テマリ
毎年...山紫陽花は花柄を摘まずに冬まで残すことにしています。
...............................................................................................................
c0097879_16481598.jpg

Rosa foliolosa
この薔薇も今年は豊作でした。
...............................................................................................................
c0097879_16484049.jpg

Lucifer
...............................................................................................................
c0097879_1649595.jpg

Morletii
この冬、ベランダでいちばん美しく枝葉が染まっているのがこの薔薇。
兎に角...ブールソール大好き。
...............................................................................................................
c0097879_16493586.jpg

Rosa foliolosa
...............................................................................................................
c0097879_1650040.jpg

Falkland
...............................................................................................................
c0097879_165033100.jpg

ヤマイバラ / Rosa sambucina
...............................................................................................................
c0097879_16505824.jpg

Pompom de Bourgogne / Rosa Centifolia Parvifolia
今回撮った中でいちばん好きな一枚。
ただの自己満足ですが。
この写真にはもちろん全体像があるのですが
フォーマットの性質上、潔く周囲を切り取るしかありません。
けれど...どこを収めるか...という作業上の楽しさがあります。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
2010年12月14日~現在28日まで。
東から南。西から北まで~天高く。
ささやかなベランダでの記録です。

以前の坪庭では常に薔薇の枝と格闘しながらのカニ歩き.笑
今となっては大地に直に触れることこそなくなりましたが...
薔薇は地面から遥か高いところへと移動し...よりお日さまに近くなり
そしてゆったりとした空間ができ、スペースも少しだけ広くなりました。
今後私自身と私の草花たちが何処へ流れてゆこうとも...
それは何処かで必ずや花を咲かせていることでしょう。

此処へ足を運んでくださるすべての方々に感謝を込めて。
皆様もどうぞ好い年の瀬をお過ごしください。

今回が最後の記事になるかもしれません。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-12-28 23:00 | 月季
c0097879_16354198.jpg

c0097879_16361363.jpg

c0097879_16365659.jpg

c0097879_16373155.jpg

c0097879_16382891.jpg

c0097879_16385280.jpg

c0097879_16391981.jpg

c0097879_16394222.jpg

c0097879_16401497.jpg

...............................................................................................................

暖かい陽射しに恵まれて四季咲きの薔薇の蕾は...
季節柄ゆっくりではありますが日に日に膨らんでいます。
せめて野生種はそろそろ植え替えたいところですが...
紅葉が美しいので葉を取り去る事が出来ずにいます。
既に10月下旬には植え替えを終わらせている鉢もあれば
このまま歳を越し...再び春が巡り来るまで手を付けずにいる鉢もあります。
唯一怠らない事といえば、一季咲きのオールドローズに寒肥を鋤き込む事くらいでしょうか...。
寒風の中、健気に蕾を立ち上げてくる薔薇には頑張ってこのまま咲いてもらう事にしましょう。
四季咲き性の薔薇に対して私は終始一貫スパルタ栽培です.笑

G d D
...............................................................................................................

Rosa chinensis 'minima'
Viola 'corsica'
Mme. Melanie Willermoz
Rosa chinensis var. 'spontanea'
Munstead Wood
Lady Mary Fitzwilliam
Viola 'corsica'
Rosa chinensis 'minima'
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-12-01 00:00 | 月季
c0097879_4424177.jpg

c0097879_44315.jpg

c0097879_4434276.jpg

c0097879_4441416.jpg

c0097879_4444174.jpg

c0097879_4451686.jpg

c0097879_4454386.jpg

c0097879_4461071.jpg

c0097879_4464233.jpg

c0097879_447838.jpg

c0097879_4473763.jpg

c0097879_448373.jpg

...............................................................................................................
...............................................................................................................
1.Miss Caroline * Tea Rose

2.Thérèse Bugnet * Hybrid Rugosa

3.Felicia * Hybrid Musk

4.帯解野紺菊 * オビトケノコンギク

5.Paphiopedilum * Paphiopedilum Long wooden's Lord Ossulston

6.清澄白山菊 * キヨスミシラヤマギク

7.Ann Endt * Hybrid Rugosa

8.Eyes for You * Hybrid Hulthemia persica

9.Cirrhopetalum (Cirr.) Elizabeth Ann‘Bucklebury’
...............................................................................................................
この記事は前々回の記事『縦糸に砂』の続編です。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................

九番目に産み落としたる憐れ月の子供たちよ。

孕む身籠る産み落とす。
身籠る孕む産み落とす。

然もあらばあれ産み易し。
然もあらばあれ産み苦し。

潮風は膿を孕んで岸辺へ押し寄せ。
渦潮は膿を孕んで浜辺へ押し寄せ。

然もあらばあれ産み易し。
然もあらばあれ産み苦し。

貴女の腹にくるまれた黒い赤児は何番目?
貴男の腕にいだかれた白い赤児は何人目?

〜G d D〜
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-11-17 00:00 | 月季
c0097879_19133852.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19152219.jpg

...............................................................................................................
c0097879_191682.jpg

c0097879_1917589.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19174471.jpg

c0097879_19181677.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19193627.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19185660.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19204513.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19212011.jpg

...............................................................................................................
c0097879_1922303.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19231689.jpg

c0097879_19234748.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19241869.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19251110.jpg

c0097879_19253932.jpg

c0097879_1926925.jpg

...............................................................................................................
c0097879_1926402.jpg

...............................................................................................................
c0097879_1927228.jpg

...............................................................................................................
c0097879_1928169.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19284846.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19291724.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19295543.jpg

c0097879_19301910.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19305644.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19313816.jpg

c0097879_1932114.jpg

c0097879_19323817.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19331076.jpg

...............................................................................................................
c0097879_19334166.jpg

...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
紀伊上臈杜鵑草 / キイジョウロウホトトギス / Tricyrtis macranthopsis
薔薇 / Anna Olivier / 采女 / Tea Rose / Pernet-Ducher / France / 1872
蝶豆 / クリトリア / Clitoria ternatea
ヘリアンサス / Helianthus ‘ Yellow Submarine ’ / Helianthus salicifolius

黄斑挵 / キマダラセセリ / キマダラセセリチョウ / Potanthus flavus

薔薇 / Cafe / Floribunda / Kordes / Germany / 1956
沢桔梗 / サワギキョウ / Lobelia sessilifolia
葉場山火口 / ハバヤマボクチ/ Synurus excelsus (Makino) Kitam.
西洋松虫草 / スカビオサ / セイヨウマツムシソウ / Scabiosa / 品種名失念
紅輪蒲公英 / 狂い咲き / コウリンタンポポ / Hieracium aurantiacum
紫苑 / シオン / Aster tataricus
秋明菊 / 桃花八重 / Anemone×hybrida 'Konigin Charlotte'
広葉ネム / ヒロハネム / Albizia julibrissin Durazz. var. glabrior
香り薊 ‘ヴァーノニア’ / Vernonia glabra glabra
Cassia / カッシア / 小葉のセンナ / コバノセンナ / ハナセンナ / Cassia coluteoides
麋角羊歯 / ビカクシダ / プラティケリウム・ビフルカツム / Platycerium bifurcatum.
サルビア コクネシア 'コーラルニンフ' / Salvia coccinea / Salvia coccinea 'Coral Nymph'

黄斑挵 / キマダラセセリ / キマダラセセリチョウ / Potanthus flavus

羽衣縷紅草 /ハゴロモルコウソウ / 紅葉葉縷紅草 / モミジバルコウソウ / Ipomoea×multifida
薔薇 / True Slater's Crimson Chaina / China Rose / unknown / East Asia
秋桜 / コスモス ‘オレンジ キャンバス’ / Cosmos bipinnatus ‘Orange Campus’
薔薇 / Thérèse Bugnet / Hybrid Rugosa / Bugnet / Canada / 1950
薔薇 / Anna Olivier / 采女 / Tea Rose / Pernet-Ducher / France / 1872
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
金の横糸。
左から右。
砂の縦糸。
右から左。

金砂は知らず知らずのうちに左岸へと流れ着く。
黄金は貴女のうなじへと降り注ぐ。
白金は霧雨となり私の踵を鵐に濡らす。

貴女は左岸に立ち白い煙草を呑んでいる。
私は右岸に立ち黒い煙草を呑んでいる。

白い煙草も黒い煙草も指先に火がつくまで。
お互いの肺を満たして紫の煙となり消えゆくまで。

隔てる河を流れるは金砂銀砂の黄金比率。

貴方:...あたし...とても汚れているでしょう?
貴女:...わたしも...とても汚れているだろう?

とても綺麗でしょう?
とっても綺麗でしょう?

〜G d D〜
...............................................................................................................
この記事は前々回の記事『金の横糸』と対の双子です。
私の拙い写真では短編映画を撮ることもできませぬ。
私の拙い言葉では短編小説を綴ることもできませぬ。
蒔絵のように深く塗りこめられた写真の群れは。
どうぞ貴方のお好きなように御覧になってくださいませ。
蒔絵のように重ねた花群れも今回が最後となります。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-10-22 21:00 | 月季
c0097879_3394732.jpg

...............................................................................................................
c0097879_353529.jpg

『Alister Stella Gray』
現在20輪程の蕾がついています。冷たい雨に次から次へと蕾をほころばせ、なんとも健気。
こんなに蕾のついたAlister Stella Grayを見るのは初めてです.笑 ちょっとビックリ。
鉢栽培といえども真のNoisetteの姿を初めて見るような気持ちでベランダに立って眺めています。
とても大切な薔薇。庭があれば是非とも地植えにしたい薔薇のひとつでもあります。
先日鉢増しをして、現在それでも7号鉢、 10号にはしません.笑
長年鉢だけで管理してきて...なんとなくですがコツが掴めたような気がしています。
...............................................................................................................
c0097879_338174.jpg

c0097879_3402392.jpg

蕾をつけているのはタグを見ていないから未確認。
あとの3枚は麗しのチャイナ系実生株のタニー嬢。今年の夏...酷暑を経てとても逞しくなりました。
c0097879_3404920.jpg

タニー嬢のシュート。来季の春が楽しみですね。そのシュートは真横だったりと実に気侭なもの.笑
薔薇のシュートは気温の低くなる秋がいちばん美しいと感じます。
このタニー嬢のシュートは、ほぼべーサルシュートに近いもの。
既に主幹よりも遥かに高く伸びています。ピンチすべきか...迷っています^^;
c0097879_3585247.jpg

左上、右下、タニー嬢。
右上、左下、『Rosa.chinensis var. spontanea (紅)』
...............................................................................................................
c0097879_3413699.jpg

『Mme. Joseph Schwartz』
こちらも蕾の数が...!
ちょっとうろたえてしまふ.笑
もう秋薔薇といってもさしつかえないでしょう。
ほんのりと花弁にピンクがさすようになりました。
...............................................................................................................
c0097879_3421890.jpg

品種未確認。なんとも美しい銅色の新芽。
...............................................................................................................
c0097879_3424872.jpg

『Gloire de Dijon』
私が薔薇を育てるようになったのは30を過ぎてから。
それから〜現在に至るまで数々の「Gloire de Dijon」と出会い、暮らしを共にしてきました。
短所、難所ばかりが噂となって飛び交うこの薔薇ですが...笑
もちろん長所がなければ作出されてから現在まで生き残ってはこなかったでしょう。
数々の薔薇をこの世に生み出した優秀な親薔薇でもあります。
Climbing Teaの割にはそんなに旺盛に伸びませんが、季節を通してとにかくよく咲く薔薇です。
株元がスカスカになりませんから、鉢植えでも見栄えがします。立ち姿が美しいのです。
沢山のTea Roseの中でも...私のいちばん好きなTeaの香りを持っています。
...............................................................................................................
c0097879_3432026.jpg

c0097879_3434461.jpg

c0097879_3441062.jpg

『Eridu Babylon』
夏の間は幾分平咲きでしたが、花が途切れることなく施肥が追いつかないほど^^;
この薔薇の連続開花性は...まさに庚申薔薇といっても過言ではないでしょう。
そしてあれよあれよという間に...限りなく丸い球状のヒップをたわわに実らせます。
涼しくなってからというもの...深いカップ咲きになり蕾の色もより深くなってきたようです。
とっても美味しそうだと思いませんか?笑
降りしきる秋雨に花弁は雫をたっぷりと含み...まことに美しい。
...............................................................................................................
c0097879_3443758.jpg

『Thérèse Bugnet』
ほっそりとした優雅な蕾...ゆっくりと開いた花弁は季節に揺蕩うようにしどけなく俯く。
気温が低くなるとすべらかな枝は珊瑚ミズキのように紅く染まり...。
この薔薇がなによりも美しいと思うのは、香しい匂いもさることながら...その涼しげな枝葉。
ハイブリッド ルゴサは四季咲きと謳われていても、開花については気侭なものが多い気がしますが
この薔薇は比較的よく返り咲きます。これ以上何を望むというのでしょう...笑
...............................................................................................................
c0097879_345313.jpg

『Gloire de Dijon』
どの季節に咲いても...どんな姿であれ、この薔薇にとってかわる存在はないのです。
男というものは...実に単純な生き物ですね。
...............................................................................................................
c0097879_3453329.jpg

...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
秋の長雨...。
皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。
温かい珈琲が身に沁みる季節の到来です。
マーケットに出向けば色とりどりの果実たち。
ショーウィンドゥを飾る鮮やかな冬の装いに自然と胸が高鳴ります。

薔薇の新梢はどんな季節であれ目に眩しいものですが
新しく世に誕生した薔薇も...、100年以上も前から存在している薔薇も。
秋深まる頃に織り成されるシュートの美しさはこの時節ならではのものです。
毎年秋の到来と共に悩まされていたうどん粉は現在のところ見当たりません。

秋の夜長...しばし時を忘れて薔薇に思い耽るのも実に贅沢なひとときです。

〜G d D〜
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-10-01 00:00 | 月季
c0097879_1352419.jpg

c0097879_1354543.jpg

c0097879_1362173.jpg

c0097879_1365260.jpg

c0097879_1372028.jpg

c0097879_1392298.jpg

c0097879_1395833.jpg

...............................................................................................................
『もりあざみ/森あざみ/モリアザミ/森薊/Cirsium dipsacolepis/キク科/アザミ属』
...............................................................................................................
...............................................................................................................

春を告げ。嘆くは夏。秋を翻し。身籠るは冬。
野に咲く花々。迷うことなく天秤ばかりにかけるが如し。

我を忘れて迷いこむならアザミの森へ。
我を忘れて漂うまま...アザミ棲みし懐かしき森へ。

〜G d D〜
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-09-24 00:00 | 月季
←menuへ