カテゴリ:定点観察( 21 )

c0097879_1282051.jpg

この薔薇は私のファースト・イングリッシュローズのラインナップのひとつ。
大苗(通常ERは大苗ですが)で迎えたにも関わらず最初の2年は全く咲きませんでした。
3年目くらいからとてもよく咲くようになって^^いつか地植えにしたい薔薇のひとつです。
この薔薇の美点のひとつ。それは季節や温度に関わらず花形が常に安定していること。
どの季節に咲いても花芯に向かってボタンアイを巻き込み、まことに美しい。
ふくよかなダマスク香もさることながら、涼しげな葉も魅力のひとつでしょう。
ただし...直射の環境下ですと葉焼けします。蕾時の細い飾り顎も実に繊細。
...............................................................................................................
c0097879_129416.jpg

もう...なんともいえない美しい色合いです。既に採り蒔きしました。
種がしっかりと大きく、発芽率もよいです。
...............................................................................................................
c0097879_1294292.jpg

このベーサルシュートは『Rosa fedtschenkoana』のはずなのですが。
直径60cmくらいの取っ手のついた布鉢に4種まとめて植えています。
『〜fedtschenkoana』も成長著しいけれど...『〜hillieri』が伸びる伸びる.笑
...............................................................................................................
c0097879_1303157.jpg

これは盆栽仕立てにしている『Rosa willmottiae』の新梢。早咲き種のひとつですね。
この薔薇は古枝にも新しい枝にもまんべんなく花がつきますから、来年きっと咲くでしょう。
『Falkland』とこの薔薇を盆栽仕立てにしたのは...
弓を描くような枝振りと花の大きさ(小輪)がバランスいいと思ったからデス。
...............................................................................................................
c0097879_1311066.jpg

兎に角、肥料を与えておけば年中咲きます。花は通常の山椒薔薇の1/3位。
律儀にも実を結びます。秋の紅葉も綺麗ですね。夕立ち後に撮った一枚。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
〜interprètes〜

1.『Mrs.Doreen Pike (Hybrid Rugosa*English Rose)/Austin/UK/1994』
2.『Rosa davidii‘Father David’s Rose’(Species)/Armand David/Tibet/1908』
3.『Rosa fedtschenkoana×Louis Riel×Rosa rubrifolia×Rosa moyesii hillieri』
4.『Rosa willmottiae(Species)/unknown/China/1904』
5.『四季咲き山椒薔薇 Rosa hirtula(Species)/Japan』
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2011-08-08 00:00 | 定点観察
c0097879_13224941.jpg

まるで細い針金のような枝先に...小ぶりながらも実に豊かな花を咲かせる。
薔薇を育てたことがない方にこそ知っていただきたい...そんな薔薇です。
...............................................................................................................
c0097879_1322940.jpg

黒竜ってホントに美しい植物だと思います。
...............................................................................................................
c0097879_13214375.jpg

私を迷わせることがない...生まれながらにしての別嬪さん。
どこから眺めても...どう切り撮っても...絵になります。まことに美しい。
...............................................................................................................
c0097879_13233760.jpg

夏は夜。夏は『Aimee Vibert』の季節。
...............................................................................................................
c0097879_1324943.jpg

枝振りが似ている『true Slater's Crimson China』と混植しようかと思案中。
どちらの薔薇にもヒップがつきますから...面白いのではないかと...^^
華奢なテラコッタに入り乱れる枝葉や花びらは。
きっと夢のような景色を描いてくれることでしょう。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
〜interprètes〜

『教会の薔薇〜Kumamoto Found (China) Rose〜Unknown』
『黒竜 Ophiopogon planiscapus 'Nigrescens'』
『Aimee Vibert (Noisette) / Vibert/France/1828』
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................

花の蕾が膨らみ、人は出会い、悪戯な風に散りゆき、人もまた...いつの日か別れゆく。
袖触れ合うも他生の縁〜袖触れ合うも多少の縁...私の好きな故事.諺です。

窓を開け放つと白い薔薇が咲いている。
過ぎ去った昨日を取り戻せないように。
未だ見ぬ明日を知らせる鳥が迷い込む。
私は名も知らぬ鳥を小さな懐にかき抱く。

私のささやかなベランダで四季折々に咲く薔薇や草花たち。
どちらが主か...それは私にも分からない.そう、分からないのです。
ただ漠然と...家族だと思っています。

私がいつの日か、土に還る日が来ても。
窓辺には薔薇が咲いていて欲しい。
どうぞ私より長く生きて欲しい。
切に願うばかりです。


G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2011-07-24 14:00 | 定点観察
c0097879_061895.jpg

c0097879_064232.jpg

c0097879_073365.jpg

c0097879_010192.jpg

c0097879_011790.jpg

c0097879_0201657.jpg

c0097879_0114172.jpg

c0097879_012144.jpg

c0097879_012445.jpg

c0097879_0131966.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
『十勝フウロ』 
『ゼラニウム / 詳細品種名不明 / 元来名前はないものと思われる』
『コシキ島白糸草』
『Geranium endressii』
『姫フウロ』
-----------------------------------------------------------------------------------------
[*Geranium / *Pelargonium / *フウロソウ科 / *テンジクアオイ属]
-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
私のゲラニウム熱は当分下がりそうにない。
年を追うごとに益々好きになるばかり...。
ゲンノショウコに始まり~「Geranium cinereum Ballerina」etc...。

中でも今年いちばん感激したのが1枚目の『十勝フウロ』である。
6月に入ってからも咲いていた記憶。
花後どうなるか心配だったが、葉は青々と茂り、現在増殖中。

姫フウロ〜エンドレシーに至ってはまだ咲き続けている。
所謂「ゼラニウム」と呼ばれる多肉質のものは我が家には2品種のみ。
どちらも発色が非常に美しく、且つ紅黒い花である。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-07-22 00:00 | 定点観察
c0097879_17405166.jpg

〔オリエンタルポピー カルネウム/Papaver orientale'Carneum'Louise'〕
軽く見られているような気がしてならないんですが、
もっともっと評価されていい植物のひとつ。
*****************************************************************
c0097879_17411044.jpg

〔Eyes for You/Peter J.James/UK/2009〕
正面からのこの撮り方、もっとも苦手なんですが、今回はこのショットで...w
*****************************************************************
c0097879_17415558.jpg

一日花。前回も書きましたが、花はただ保てばいいというものではありませんね。
*****************************************************************
c0097879_17423033.jpg

カルネウム...カルネア...カルネ...私の好きな肉色は。
*****************************************************************
c0097879_17424932.jpg

〔トキンイバラ (Rubus rosifolius)/バラ科キイチゴ属〕
花弁数が多すぎて花芯がみえないもの、
ひらひらと薄くスカビオサのように花芯を見せて咲くもの。
枝を埋め尽くすようにびっしり咲きますが、ひとつひとつ様々な表情が見られます。
昨年、植え替えを余儀なくされ仕方なく.笑 10号から10号へ土替えしましたが
根張りの凄さに空恐ろしくなりました...笑 けれどかかすことのできない大切な花。
この一輪は、花季が終わって(まだ咲いていたけれど)枝を整理していたのですが、
その枝の中から何となく拾いあげた一枝。
*****************************************************************
c0097879_13131270.jpg

*****************************************************************
*****************************************************************
四月の天候不順が及ぼした様々な影響が、
あちこちで囁かれていますが、皆さんの庭は如何ですか。
どうしたものか...我が家は何故か、今年はとても調子がよいのです。

いちばんよい状態の『時』を忙しさにかまけて撮り損ねてしまった薔薇もあり。
それでもまた来年...再来年、必ず撮る日は自然とやってくることでしょう。
今年の縁は今年の縁。さらに未来に繋がれば自ずと機会には恵まれるもの。
そうのんびり構えることができるようになりました。

薔薇の開花に関していえば、そろそろ中盤にさしかかった頃でしょうか。
雨上がりの今朝、Rosa multiflira carneaが数輪咲き始めました。
Treasure Troveはちょうど見頃かもしれません。

そして今朝、はらりと芥子が散りました。

薔薇は私を生かしてくれるもの。
そして活かしてもくれるもの。
暮らしの根底に深く根ざしているもの。
いつか私が土に還る時、薔薇の株元...、
その地中深く埋めて土葬にしてもらいたい。

近年は原種、野生種一辺倒だったのですが、やはり何事も進化するもの。
バランスよく生きていけるようになりたいと願う、そんな五月なのでした。
*****************************************************************

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-05-21 07:00 | 定点観察
c0097879_33692.jpg

1.『イトスグリ/糸スグリ』
今、ちょうど見頃です。咲き始めは黄緑色でだんだん紫味を帯びてきます。
c0097879_20564032.jpg

2.『サワフタギ/沢蓋木』
花芽が見え始めました。昨年までは単独鉢でしたが今回寄せました。
c0097879_2115395.jpg

3.『吉野草&モミジバタンチョウソウ』
前面からの姿。吉野草は花穂が伸びます。ですから季節変わればバランスが崩れるはず。
c0097879_21181362.jpg

4.『斑入りイタドリetc...今は見えませんが他にも沢山迷い苗を仕込みました!』
背面からの姿。そういった崩れた姿を見てみたかった...ってのも事実。
斑入りイタドリは苔を突き破り、はびこる事を想定して。
c0097879_2121320.jpg

5.『R. foliolosa/ロサ・フォリオロサ/実生/2010.3/31撮影』
双葉って嬉しいものですね。ぐんぐん育ってくれるといいのですが。
c0097879_7345432.jpg

6.『ショウジョウバカマ/猩々袴』
こういうの肉色っていうのかな?
昨年迎えたヘレボのタグ(未開花株)にそう書いてありました。肉色って(笑)
c0097879_2244421.jpg

7.『スギゴケ』
杉苔って強いですよね...。私は浅い鉢の砂...土留めによく利用します。
c0097879_22562.jpg

8.『ウェルトハイミア ブラクテアタ』
以前、クイズに出した花。風船のような部分がのちに紅く伸びます。ちなみに球根。
c0097879_2583668.jpg

9.『デュメ交配株の今春最後の蕾』
楽しませてくれてありがとね!来年もヨロシクです。
c0097879_392657.jpg

10.『ヒメシャクナゲ/姫石楠花(赤花)』
寄せ植えの一部ですが全体像はまた次回。
*****************************************************************
*****************************************************************
春本番ですね。今夜は突風が吹き荒れています。
次回は春の寄せ植えを。かなーり地味です。
*****************************************************************
〜G d D〜
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-03-31 00:00 | 定点観察
c0097879_19372286.jpg

センペルビウム。春になり赤みが少しずつ抜けてきました。
*****************************************************************
c0097879_19375783.jpg

遅咲き名残りのヘレボルスたち。気温が低いせいか退色は見られません。
この花は素性が定かではないのですが、花も小ぶりで株全体がとても華奢。
茎も細立ち。実に可愛いです。
*****************************************************************
c0097879_19383131.jpg

フリチラリアは同じ鉢からふたつの花が咲きました。ナンデ?何処から?
バイモともちょっと違うし...倒れたりしない可愛いサイズです。

右上の株はやや不規則な微スポットに縁が白く抜けるタイプ。野草のようです。
バイモだとあまりにもベタなので、植え替えの際、寄せようと思っています。
今、どんな草花と組み合わせるか思案中。そういったひとときも楽しいもの。
この株よりも草丈の低いものを...なんて考えています。

左下のライムグリーンのddも好きな色なんですが来年に更に期待。
*****************************************************************
c0097879_19385954.jpg

先日のデュメdd交配株。
かなりの多花性で、この花が咲くとヘレボの季節も終盤だなぁと思います。
実にニュアンスのある...いい色だと思っています。
*****************************************************************
c0097879_19392679.jpg

今年はこのタイプの花に心惹かれました。小苞の色がとても綺麗です。
*****************************************************************

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-03-25 20:00 | 定点観察
c0097879_1484170.jpg

c0097879_1491984.jpg

c0097879_1535788.jpg

[Rosa virginiana]
今年、我が家でいちばんの豊作です。
それはそれは たわわに枝が撓るほど実っています。
3枚それぞれに時間帯を変えて撮ってみました。
クミンさん、こんな感じですよ〜^^
*****************************************************************
c0097879_1514656.jpg

[カリガネソウ]
そう...花よりもこの姿が見たいが為に育てています。
*****************************************************************
c0097879_152487.jpg

[ヤマユリ]
ピーマンではありません(笑)
まだ枝葉も青々としていて実に美しいです。
支柱をそえてあげなければ重みで倒れてしまいます。
...で支えているのは上記のカリガネソウ。
*****************************************************************
c0097879_1545616.jpg

[中国タカネバラ]
購入した当時、山野草店ではこの名で販売されていましたが...。
この薔薇は『Rosa nitida』ではないかと...。
皆さん、どう思われますか?
ご意見お聞かせください。
*****************************************************************
c0097879_1554016.jpg

*****************************************************************
c0097879_1562018.jpg

[ブルーベリー/ティフブルー]
特に収穫もしなかったけれど、まだ落ちずについたままの状態で残っているものも。
*****************************************************************
c0097879_157297.jpg

c0097879_1573232.jpg

[安曇野&マキエハギ/蒔絵萩]
今、この2種を同じ鉢に植えようか思案中です。
*****************************************************************
c0097879_1583097.jpg

c0097879_1585798.jpg

c0097879_1592285.jpg

[Emmie Gray]
相変わらず紅くは咲いてくれない我が家のエミー・グレイ。
このヒップは蕾よりも大きく直径が1.5cm~2cmくらい。
これは是非蒔いてみようかと...。
*****************************************************************
c0097879_20017.jpg

c0097879_202294.jpg

[サワフタギ/沢蓋木]
まっことに美し!蒔くべきでしょうか?
野趣あふれる枝ぶりも素敵。
この2枚も時間帯を変えて撮りました。
*****************************************************************
c0097879_205961.jpg

[月月粉]
熟したカリンのような...国産無農薬檸檬のような(笑)
我が家の『月月粉』はガリカに囲まれた位置に鉢を置いていました。
この実も蒔いてみるつもりです。
*****************************************************************
c0097879_214412.jpg

[Sir.Cedric Morris]
私はいったい何を血迷って、屋根をも覆う...
こんなに伸長力旺盛な薔薇を迎えたのでしょう(笑)
でも大好きなんです。
*****************************************************************
ここ1週間で庭の草花の移ろいを200枚程写真に収めました。
毎回どどーんとupするのですが、きっとご覧になる方も...そして私も疲れます(笑)
今回はテーマ別に少しずつ...upしてみようと思いたちました。

気づかぬうちに色んな薔薇に実がついています。
残念だったのはほぼ完熟に近かったのに鉢を移動する際に落ちてしまい
見失ってしまったものがいくつかあったこと。
『 Alister Stella Gray』や『Le Ve'suve』...etc...。
ちなみに『Alister Stella Gray』はオレンジがかった朱色の実でした。
『Rosa foliolosa』は花は沢山咲きましたが、実ったのはたったふたつだけ。
草ぶえから迎えた株ですが、楕円ではなくやや菱形っぽい形状です。
先週、ひとつをまじまじと見てみたら...なんと齧られた痕が!
慌ててカットして早速蒔いてみた次第です。
種を取り出す際に果肉からは非常にジューシーな香りがしました。

今後の成り行きもとても楽しみな秋です。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2009-10-23 01:00 | 定点観察
c0097879_113971.jpg

c0097879_1132983.jpg

[カンアオイ 寒葵/ウマノスズクサ科カンアオイ属]
日陰が随所に点在する我が家のような環境では非常に育てやすい植物のひとつ。
これは俗にいう『パンダカンアオイ』ですね。
暗紫色の天鵞絨のような質感、
葉はやや明るいライムグリーンに薄く斑が散っています。
*****************************************************************
c0097879_11351100.jpg

[原種交配株]
まことに美しい葉を持っています。
どんな花が咲くのかは まさに賭けのようなもので、
当初分かっていたのはDDだという事だけ。
その切れ込みの深い葉同様...花もほぼすべての萼片に深い切れ込みが入ります。
株が充実してきたら親株にするつもりです。
*****************************************************************
c0097879_1141137.jpg

c0097879_1143533.jpg

[イワオモダカ/ウラボシ科ヒトツバ属]
なんとも美しい草姿です。痺れる(笑)
混み合ってきたので、葉を少し間引いた方がいいかもしれませんね。
また新しい葉が展開してくることでしょう。
少し翳った岩場や日陰のロックガーデンなどにいいかもしれません。
*****************************************************************
c0097879_115032.jpg

[レモンティーツリー/フトモモ科レプトスペルムム属]
最初はホントに小さな...掌ほどのたよりない苗だったのですが、
今では自分の背丈ほどに成長しました。
薄くやさしい葉を持っていますが常緑です(たぶん...)
*****************************************************************
c0097879_115245.jpg

c0097879_1173590.jpg

[H. hybridus]
.........。好きかと問われれば微妙なところですが(笑)
地味な花が多い中で...不思議と浮かないのは何故?
春の陽射し降り注ぐ中で見ると、意外にも透明感があって綺麗です。
蕾はまるで桃のよう。印象としては80'Sですね...。
*****************************************************************
c0097879_119514.jpg

[デュメトルム/H.dumetorum]&[atrorubensの交配株]
c0097879_1192854.jpg

その後の黒百合嬢。
デュメトルムはとても小さな花を咲かせますが比べても遜色ないほどに小輪。
きっちりした丸弁じゃなくてよかったね。
*****************************************************************
c0097879_120737.jpg

[Canary Bird]&[ヒョウタンゴケ]
最近、この薔薇しか撮っていないような気が...。
定点観察ってことで。
*****************************************************************
c0097879_1215083.jpg

[H.purpurascens×H.atrorubens]&[H. hybridus]
プルプラ×アトロ...これは交雑ではなく...
交配されたものだと信じることができます(笑)
左上&右下の株は昨年株分けしたばかりなので
今年は咲かないと思っていましたが無事に開花。
ヘレボってホントに丈夫な植物ですね。
*****************************************************************
c0097879_1222661.jpg

[ヒョウタンゴケ 瓢箪苔/ヒョウタンゴケ科ヒョウタンゴケ属]
前回、この苔の名を教えていただきました。
Pさん、どうもありがとうございました。
*****************************************************************
c0097879_1225297.jpg

[デュメトルム ダブル/H.dumetorum DD×H. hybridus]
デュメのDDはもし仮に出会えたとしても、僕のような庶民には手が出ません(笑)
確実なのは小苗を入手し、2〜3年後の開花を見越して育てることでしょうか。
この株はデュメのDDとhybridusとの交配によって生まれたもの。
マットで柔らかい葉、デュメそのもののような蕾。
随所にデュメの血が非常に濃く強く...表れていると思います。
ひょろひょろと背丈だけ高くならず、こんもりとしたまとまりのよい草姿。
加えて多花性で、既に咲き終わった花、今が見頃の花...、
蕾も含めると20数輪...。楚々とした姿ながらも見応えがあります。
ちなみに6号鉢で育てていますが、是非地植えにしてみたいものです。
落葉樹の下に バイモなんかと一緒に植え込んだりしたら綺麗だろうなぁ。
*****************************************************************
c0097879_115532.jpg

[シラー シビリカ Scilla Siberica]&[H. hybridus]
*****************************************************************
c0097879_1234031.jpg

[肥後スミレ]&[ハナニラ 花韮]
肥後スミレの匂いは朝露のよう。濁りがないのです。
*****************************************************************
c0097879_1224354.jpg

[H. hybridus]
この株はたしか昨年も単独でupしました。
SSでそんなに珍しい個体でもないけれど、僕にとっては大切な株のひとつ。
*****************************************************************
三月最初の庭だよりでした。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2009-03-12 01:00 | 定点観察
c0097879_16293890.jpg

------------------------------------------------------------------------------
昨年、暮れも押し迫った頃。
ふたりで郊外の園芸店へと出かけた。
そうそうない事である。
普段はひとりでのんびりと出かける事が多い。
その日は或る目的があって、大量に下草を選ばねばならなかった。
薔薇の大苗も所狭しと店頭に並んでいたが、今年はもう購入する予定などない。
宿根草をおおむね選び終えて、レジで精算を済ませ車に積み込んだ。
その後しばらくはふたり別々にそれぞれ目当ての植物を探していた。
その時である。

切り詰められた薔薇の大苗の群れの外れから紅いものが目に飛び込んできた。
真っ赤に紅葉した葉は、ゆすったら今にも落ちてしまいそうである。
葉の並びや枝の質感から見ておそらく原種であろう事は容易に想像できた。
...が、あまりの美しさにしばらくはその場にかがみこんで見とれていた。
樹高は鉢土から40cm程、枝も紫紅色に染まりなんともいえない風情であった。
おそらく売れ残ったまま、長らく売り場に置かれた状態で夏を越したに違いない。
株元にはさまざまな冬草まで蔓延っている。
枝の先端は剪定されてから時間が経っており、滑らかに丸みを帯び、
この手の薔薇苗としては比較的大きな8号弱の鉢に植わっていた。
連れは離れたところで、裸になったスモークツリーを見ていた。
普段から薔薇には全く興味がないどころか、どちらかといえば嫌いな人である。
けれどその時ばかりは何故だかこの株を見て欲しいという気持ちが動いた。

『ちょっと見てくれる?』
『これ...何?サンショウ?』
『薔薇だよ』
『... ... ...... .........』
しばらく無言だったが...突然(笑)
なんと!『買ってあげる』と言い出した!
予想だにしない展開に我ながら笑ってしまった程である。
誰かに贈りたいと思う事はあっても
贈られたいと望んだ事など一度もない。
しかも相手は薔薇の嫌いな人である。

そんなこんなで我が家へやってきた株です。
贈ってくれた本人はとうにこの薔薇の名前さえ忘れているはず。
そして春には可憐な一重の黄色い花を咲かせる薔薇だということも。
帰路、車の後部座席に積んだその苗は...
揺られているうちにほぼ半分程、紅く染まった葉が落ちてしまった。

誰かの許へ...新しい居場所が見つかるその日まで。
葉を落とさずに売り場の一角で季節を宿したまま...
ただひとり静かに待っていたのかもしれない。

写真に収めたあと、音も無く枝からひらり離れた葉をすくいあげ
めったに開かないポルトガル語で書かれた古書の間に挿んだ。

図鑑によれば枝は短く切り詰めてはいけないと記されている。
地におろせばさらに樹木のように大株になるはず...。
どうしようか...、我が家には既に「Harison's Yellow」も
葉に惹かれて昨年迎えたばかりの「Agnes」もある。
幸いにしてこの薔薇の開花はとても早い。
そして更に幸いな事に...この薔薇が枝に咲き乱れるさまも
初夏に好ましい色の実をつけるさまも...
私は未だかつてこの目できちんと見た事がない。
今年の春には咲かないかもしれない。

慌ただしい暮れのちょっとした出来事だったけれど...
おそらくこの先...私は一生涯忘れることはないだろうと思う。

カナリアは私の胸の中にずっと棲み続け、
春が訪れるたびにやわらかい羽をひろげ
そのちいさな躯で自由気ままに飛び回るのだ...。

c0097879_16295732.jpg

[Canary Bird/Hybrid Hugonis]
*****************************************************************
c0097879_16301889.jpg

[エロディウム ペラルゴニフローラム/Erodium pelargoni florum]
ゲラ二ウムと非常によく似た姿形ですが全くの別種とのこと。
現在も次から次へと花芽をたちあげています。
*****************************************************************
c0097879_16303589.jpg

タグ紛失(またしても...!)
*****************************************************************
c0097879_16305884.jpg

[スノードロップGalanthus nivalis/ヒガンバナ科ガランツス属]
*****************************************************************
c0097879_16311796.jpg

*****************************************************************
c0097879_16313660.jpg

[atrorubensの交配株]
とても小さな株で背丈も大きくならず、非常にまとまりがよいです。
花径も3cm程。何故か鉢植えでも見栄えがします。可愛い。
*****************************************************************
c0097879_163235.jpg

c0097879_16321829.jpg

[チベタヌス/Helleborus tibetanus]
今年、整った花は得られないでしょう。
昨年迎えた株の開花はまだしばらく先になりそうです。
*****************************************************************
c0097879_16323651.jpg

*****************************************************************
c0097879_16325687.jpg

[スノードロップ ]&[ナデシコ]&左下奥[ビオラ ラブラドリカ]
記述は左上から時計回り。
ナデシコは矮性で地際すれすれに黒みがかった紫紅色の花を咲かせます。
おそらく「秩父乙女」(?)という品種ではないかと...。
そしてこのヘレボルス、『黒百合』と呼んでいます。
シングルは丸弁の方が好きですが、
この株はこの花形があってこそ、この個性、...そう感じます。
*****************************************************************
c0097879_16331343.jpg

*****************************************************************
c0097879_16333469.jpg

[原種スイセン Narcissus cantabricus DC. subsp. monophyllus]
花も楚々として素敵ですが、細い糸葉が非常に美しい。
地におろして群生させたら見事でしょうね...。
淡く懐かしい香水のような香り。
*****************************************************************
c0097879_16335329.jpg

[ニオイスミレ]&[エリゲロン]&[トキンイバラ]&[シルバータイム]
ニオイスミレは通常の紫に加え、赤、白、紫と白それぞれの八重。
寄せて植えたり単独で小さな鉢に植え込んで時折室内へ移動させます。
こんなに小さな花なのにとても強く香るから不思議...。
日本各地に自生しているスミレを、今年は少しずつ集めてみたいなぁ。
トキンイバラの紅葉は本当に美しいです。
我が家では真っ赤に染まる事はありませんが、
縁がピンクに染まり...冬の陽射しを浴びると
オレンジとのコントラストが非常に目をひきます。
シルバータイムはゴールデンタイムと同じ鉢に「対」で植え込んでいます。
とてもいい匂いです。このふたつの鉢も時折室内へ迎えます。
*****************************************************************
c0097879_16341324.jpg

*****************************************************************
c0097879_1634312.jpg

[原種交配株]
一昨年あたりからこういった原種交配株が気になっています。
どんな血を引き継ぐのか...それぞれに個性が違いますから尚更。
咲いたらまたお披露目しますね。
このヘレボルスも今年が初開花の株。
蕾をみる限り...そんなに特出した花は咲かないと思いますが...。
それでも今からとても楽しみでなりません。
*****************************************************************
c0097879_1634487.jpg

[スノードロップ Galanthus nivalis/ヒガンバナ科ガランツス属]
ブレちゃったんですが、仕上がりを見てとてもこの花らしい気がしました。
*****************************************************************
冬を慈しみながら春を待つこの季節。
今年最初の庭だよりでした。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2009-01-22 01:00 | 定点観察
c0097879_3353387.jpg

c0097879_3355693.jpg

[Gruss an Teplitz]
日々の忙しさにかまけて...すっかり失念しておりましたが(笑)
おかげさまで今月の12月12日に無事ブログ開設2周年を迎える事ができました。
昨年の一周年の記事はこちらです。皆さん、いつも本当にありがとうございます!
*****************************************************************
c0097879_1703874.jpg

[Pompon de Paris Cl]
*****************************************************************
c0097879_817584.jpg

[アズマイバラ]
*****************************************************************
c0097879_051055.jpg

[Phyllis Bide]
c0097879_2484112.jpg

*****************************************************************
c0097879_1592860.jpg

[Green Rose (R. chinensis 'Viridiflora')]
*****************************************************************
c0097879_23593677.jpg

[Ann Endt]&[Lotus hirsutus 'Brimstone']
*****************************************************************
c0097879_3363786.jpg

[Clytemnestra]
*****************************************************************
c0097879_1314591.jpg

*****************************************************************
c0097879_20970.jpg

c0097879_203254.jpg

[Gloire de Rosomanes]
*****************************************************************
c0097879_132843.jpg

c0097879_1322465.jpg

[Rosa Omeiensis]
*****************************************************************
c0097879_21409.jpg

*****************************************************************
c0097879_3373726.jpg

[Crimson Glory]
*****************************************************************
c0097879_1324446.jpg

*****************************************************************
c0097879_222154.jpg

[Arethusa]
*****************************************************************
c0097879_225325.jpg

c0097879_231335.jpg

[Pompom de Bourgogne]
*****************************************************************
c0097879_336588.jpg

*****************************************************************
c0097879_1331285.jpg

c0097879_1332594.jpg

*****************************************************************
c0097879_3371776.jpg

*****************************************************************
c0097879_8202821.jpg

[Nevada]
*****************************************************************
c0097879_1334414.jpg

c0097879_134213.jpg

[Swany]
*****************************************************************
c0097879_1754987.jpg

c0097879_0161614.jpg

[サンショウバラ]
c0097879_0165349.jpg

*****************************************************************
c0097879_234697.jpg

[Rosa stylosa]
*****************************************************************
c0097879_3375820.jpg

[Rosa canina froebelii]
*****************************************************************
c0097879_002455.jpg

[モリイバラ]
*****************************************************************
年内にどうしても...もう一度訪れたいと思っていた草ぶえの丘。
念願叶って 週末にふらりと散策してまいりました。
お時間のある時にでもどうぞ......
温かいブランケットもしくは厚手の膝掛け~そして熱いマグカップ。
両手に片手に。包むように...包まれるように。
雨の朝。
高く晴れ渡った冬空の午後。
星が凍てつく夜更け。
皆さんそれぞれの過ごし方で楽しんでいただけたら幸いです。
*****************************************************************
ここを訪れてくださるすべての方へ感謝を込めて。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します♪

G d D
*****************************************************************
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-12-21 00:00 | 定点観察
←menuへ