光の行方。

c0097879_1281324.jpg

[Geranium pratense『Double Jewel』]

「昨年『Stanwell Perpetual』を思い切って10号鉢に植え替えました」
「株元がさみしいので数々の宿根草を周囲に植え込んだのです」
「ヒューケラや唐子咲きノイバラ...黒百合にクサイチゴ」
「このゲラニウムもその中のひとつ」
「多花性で比較的花期も長く大株に育ちます。まだまだ花を楽しめそうです」
「シドイデスのように枝を旺盛に伸ばします」
*****************************************************************
今年の6月の光はいったい何処へ行ってしまったのか...。
降り立つ庭の隅々に目を凝らし...その行方を探すことしきり。
狭い庭を見渡す時、視界に飛び込んでくるすべての色彩を同時に捉えるのは難しい。

『探そうと思っても無駄なのだ...。』
花は。
葉は。
そして枝は。
少ない光を自らその身に吸い込んで...ある瞬間に一気に放出する。
ただ...その時を見逃さないようにするだけ。
*****************************************************************
c0097879_1284583.jpg

[Rosa pendulina 'Bourgogne']

「今年迎えたばかり...ペンデュリナはローズピンクの目にも鮮やかな花」
「ブルゴーニュは優しい淡いピンクの花を咲かせます」
「チョコレートのような...渋く且つ甘い色合いのヒップは日に日に深まるばかり」
「既にいくつかの実は落下してしまいました...それでも」
「沢山の実は膨らみながらも色を変え、次の季節の到来を待っています」
*****************************************************************
c0097879_1291939.jpg

[Rosa pendulina 'Bourgogne']
[Red Nelly]

「本格的な秋を迎えるまで...ヒップも大事にしなければなりません」
「レッド・ネリー」は今、既に黒に近い色合いです」
*****************************************************************
c0097879_1294397.jpg

[Geranium cinereum『Ballerina』]

「目下、...最も夢中になっている植物のひとつにゲラニウムがあげられます」
「スペースさえ許せばコレクションに加えたい願望が...」
「既におおかたの花は散ってしまいましたが、まだまだ蕾をあげている品種も」
「ここにあるのはほんの一部。機会があればまたご紹介いたします」
*****************************************************************
c0097879_13041.jpg

[GERANIUM cinereum『Alice』]

「この『Alice』も多花性ですね...花が途切れる事がありません」
「とても丈夫。矮性品種でしょうか...我が家の株は小ぶりなものです」
「全開になる一歩手前の姿の愛らしさ...堪りません(笑)」
*****************************************************************
c0097879_130255.jpg

[Geranium cinereum『Ballerina』]

「兎に角...素晴らしい色合いです」
*****************************************************************
c0097879_130454.jpg

[Rosa nitida]

「咲き始めはもう少し濃い色合いです...」
「日照が充分でない我が家では...花色が薄くなる傾向に」
「加えて...夜かと思うような(笑)雨続きの暗さでは...」
「終焉に向かって退色するさまもたおやかな一重」
「残念ながらいくつかの実は落下してしまいましたが」
「秋が楽しみな薔薇のひとつです」
*****************************************************************
c0097879_131597.jpg

[GERANIUM cinereum『Alice』]
[ヤマアジサイ:『流星』]

「Yさん...どうもありがとうございます!」
「既に脇から新芽が展開し始めています」
「その姿を写真に収めるべきか早々に切り戻すか...」
「随分迷っていましたが 来年にそなえて養生への道を選んだ次第です」

[センジュガンピ(千手岩菲)/ナデシコ科センノウ属]

「この花は見ていて飽きるという事がありません」
「楚々とした姿に反して繁殖力も旺盛...今は窓を開けてすぐの場所に」
*****************************************************************
c0097879_1312965.jpg

[ポピーマロー 『Callirhoe involucrata』]

「先日、草ぶえの丘で出逢った花です」
「早速我が家にもやってきました」
「まだまだしばらくは楽しませてくれそうです」
「一日花かと思っていましたが2〜3日は保ちます」
「やはり我が家は光量が足りないのでしょうか?」
「本来ならばもう少し深い色合いで咲くはずです」
「特筆すべきは...花が終焉を迎え 萎れる寸前」
「水分を失い...深い青紫へと変貌を遂げるさまはため息ものです」
「切れ込みの深い葉もとても素敵です」
「エミー・グレイ」の株元へ移植しました」
*****************************************************************
c0097879_1315424.jpg

[Mrs. Doreen Pike]

「遅咲きのこの薔薇も最後の力を振り絞って雨に耐えています」
「今年も沢山咲いてくれましたが、薄紙のような弁質ゆえ...」
「長雨で痛んでしまい 中には開き切れずに落ちてゆくものも多数」
「最後の一輪です」
「雨の降りしきる中、雫を存分に吸って薄紙はパラフィンへと...」
「滲みながら透けゆくさま...雨も厭わずまことに美しいです」
*****************************************************************
幾度ボツにしようかと考えたかわからない...(笑)
それでも花が放つ光を記録に留めずにはいられない。

一年にほんの数日。
花によっては ほんの数時間。

この日を待って開いたそれぞれの花に...ただただ胸は熱くなるばかりです。
過ぎゆく春。それぞれの草花へ感謝を込めて。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2008-07-03 01:00 | 定点観察
←menuへ