枝先の世界。

c0097879_23283617.jpg

〔イチモンジセセリ 一文字挵/Parnara guttata〕

休日の朝、庭で剪定鋏を手にぼーっと佇んでいると、
突然大きな羽音を響かせて、凄いスピードで飛来してくるものがある。
動きが素早い事と直線を描いて降下してくるので蝶でないことはわかる。

最初はハチドリだと思っていたんです。
でもどうやら違うらしい...。
スズメガの一種でオオスカシバという蛾のようだ...。
更に分かった事は、スズメガの多くは夜間に活動するものがほとんどだが、
オオスカシバは昼間に活動するので、人の目につき易いのだそう。
何せ動きが早く、種類によっては時速50km以上の早さで移動するそうだから
そりゃ写真にも撮れませんね。今度、ホバリングしている時を狙ってみようかな。
でもこの蛾が飛来してくると本気でコワいです。
カメラなんて悠長に構えてられない。
顔面めがけて飛んできそうな勢い...。
狭い庭で脚をもつらせてコケそうになった事もしばしば...。
毒はないとの記載でしたが、メジロかと身紛うような大きな目(模様?)にも汗が出ます...。
ともあれ、クチナシの葉に群がっている大きな芋虫の正体がようやくわかった次第。

田舎では、大人の両の掌を拡げたような蛾が
車のフロントガラスにへばりついていたりしたのをよく見かけたけど、
このあたりではあまりみませんね...。
田舎暮しに憧れて、都心から移り住んだ人たちが
最初に辟易するのは虫らしいです。

c0097879_23291695.jpg


最近、我が家のブッドレアの葉でぼーんやり長い時間を過ごす蝶。
イチモンジセセリかな?黒目がなんとも愛らしい...。

つる植物は今まで何もなかった空間に、思いもよらぬ自由な景色を創り出してくれます。
つる薔薇が好きなのはそのせいかもしれません。

オキナワスズメウリはついにブッドレアの大きくしなった枝先まで蔓を伸ばしています。
ちょっと成長っぷりがコワいですね。
しかも...絡みつく場所を間違ってやしませんか?
そして全然実がならない.........。
あきらめの夏...です。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2007-09-01 23:00 | 月季
←menuへ