花季違い*花器違い。

c0097879_8271962.jpg

〔Rosa rubrifolia:Rosa glauca (Species) /unknown:Southwest Europe:1830〕

この薔薇たちは5月初旬に摘んだもの。
『Sister Elizabeth』や『賽昭君 』、そして『Yolande d'Aragon』etc...。
ボウルに張った水は、ゆっくり時間をかけ徐々に滲み出してしまいます。
主不在の空虚な部屋で薔薇が干涸びてしまってはいけません...。
あらたに挿し変えたのは『KONO』のコーヒーサーバー。
普段はもっと小さい2カップ用を使っていますが、
これは縦長のアイスコーヒー抽出用。
冷たいものはめったに飲まないので、もっぱら花器に。
と、云いつつも...。

c0097879_23354130.jpg


〔Sai Zhao Jun 賽昭君 (China Rose) /Unknown:China:Unknown〕
〔Eugene de Beauharnais (China or Bourbon) /Hardy:France:1838〕
〔Sister Elizabeth (English Rose) /Austin:UK:2006〕
〔Yolande d'Aragon (Hybrid Perpetual)/Vibert:France:1843〕

あれからひと月が経ち、冷たい飲み物が喉にうれしい季節になりました。
『Sister Elizabeth』は途切れる事なく...次々に蕾を立ち上げています。
器だけではなく、季節も移ろうと過ぎ去った薔薇でも表情を変える...。
ただ単に衣が1枚薄くなり、体感温度が変わっただけなのかもしれません。

それぞれの薔薇の表情が、もう少しだけ詳細に分かるものがあれば...、
そんな嬉しい声もいただきました。
こうして日の目を見ることになった新たな1枚です。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2007-06-27 07:00 | 日暮らし
←menuへ