あたらしい手触り。フィルムの謎!?


c0097879_21384714.jpg


最近、時間をみつけては古いカメラで写真を撮っています。
いちばん最初に購入した一眼レフはNikonのFM2でした。
その頃の仕事とも相まって一時期随分撮ったけれど...。
時は流れて世の主流はデジタルに移行。

デジカメもコンパクトに始まり...一眼に至っては3社ほど買い換え...。
その度に試行錯誤しながら思う事。...やっぱり写真って楽しいですね。
全然上達しないのだけれど!

c0097879_2451655.jpg

c0097879_21485839.jpg


フィルムで撮った写真の、仕上がるまでのハラハラ感。
撮りなおしがきかない分、密度が濃いように思う反面。
意図していたものとは違う仕上がりにがっかりすることも多々。

c0097879_2150148.jpg


今回の写真は、どれも試し撮り。
正直、載せるのも躊躇われましたが...。
露出の設定が...?!?!?!

いつもと変わらぬ室内と、今現在の庭の様子です。
十六夜薔薇の小さな葉も、こうして見ると薮に奥行きを与えてくれるように思います。
室内にまわる光のやわらかさや、フィルムならではの色の再現性には小さな驚きも。
庭の草花を撮ったものなどは、ちょっと捕らえどころのない雰囲気になってしまいました。
まぁ、徐々に慣れて...撮る楽しさを見直していこうかな...なんて思ってます。
早朝の散歩が楽しい季節です。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2007-04-20 00:00 | 日暮らし
←menuへ