野に還る薔薇。〜如月は天気雨の色〜


c0097879_22571362.jpg

c0097879_22575274.jpg

〔タンポポ / Dandelion:Taraxacum〕

十二色の季節の色。
それぞれひと月を色で纏め表すのは至難の業です。
儚い二月はリボンを解き、春へ向かう新しい草色へ。
雨水と啓蟄の間にあるものは何でしょう?
虫たちも季節の体温を感じ取るのに懸命です。



ひとの身体の中に在る、季節を察知する感覚は磨かれないままに...。
暦を捲れば、ひとたび不思議な春へ一気に加速するのでしょう。

c0097879_23120100.jpg

〔ルッコラ / Eruca vesicaria〕

今年は薔薇を野に還そうと思っています。
我が家で蔓延る草花は、きっと両手で数えられるほど。
今になって始まった事ではないけれど...。
さらに放任栽培を目指してみるのもいいかもしれません。
改良に改良を重ね、情熱をもって人が創り出したモダンローズでさえも。
程よく手をかけ、程よくつき放す.....。
気侭勝手な過ぎる程の期待はお互いによくありませんね。
狭い敷地で人間の欲望の為に身をやつす薔薇。
縁あって我が家へ迎えられた薔薇の運命!!!
気高い眼差しはそのままに、名もなき草花たちとも今年は仲良く。
地上では袖触れあう事はなくとも、土中で根同士は意外にも近いように。
どうぞ美しく生きてください。

c0097879_23342762.jpg

〔Cuisse de Nymphe : Maiden's Blush (Alba Rose) / Unknown〕

花に上も下もないと思いますが、下草とは解せない響きです。
時に文字は本来の意味を表すその前に、人の目にとまらず通り過ぎてしまう。

c0097879_234461.jpg

〔菜の花 / Brassica rapa〕

頬にすべる風をなまぬるく感じ始めたら...。
平日の空いた電車に乗り、未だ訪れた事のない町へ。
日がな一日野に寝そべり、見えない風の姿を探すのです。
土の少ない街暮しでは、写真のような景色は贅沢そのもの。
柔らかい枝を手折る無邪気な指...。
いつもより少しだけ早く風に乗って舞い上がり。
どの地で根付き、花開くかは...そう!次の季節のお楽しみです。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2007-02-28 00:00 | 月季
←menuへ