〜Double Delight〜 脱ぎ去る衣。


c0097879_174642.jpg


〜いちばん美しく〜
咲き誇るその姿に人々が酔いしれている間に。
花は日に日にその姿を変え、新しい貌へと生まれ変わります。

c0097879_191817.jpg

c0097879_1101647.jpg


〔ビエネッタ / C.florida Vienetta〕

一枚一枚衣を脱ぎ去るように。
さらなる光を求めて伸びゆく蔓は、
過ぎ去った昨日などおかまいなしに。
今日は違う高みへと...。右に左に自由自在です。

その生態を知る度に...。
恐ろしくもあり、儚くもあり、その逞しさに喜びを。

僕がのんびりしすぎているせいかもしれませんね。
成長の早い植物には畏怖の念とはまた違った憧れを抱いてしまいます。

c0097879_11149.jpg

c0097879_1115468.jpg


〔白万重 / C.florida Alba plena〕

昨年、つる薔薇の間にクレマチスを忍ばせました。
薔薇を引き立てて欲しいなどという気持ちはさらさらなく。

庭に棲むどの植物も、それぞれの季節を謳歌して欲しい。
足許に這う名もなき宿根草から、頭上に降り注ぐ香しき薔薇まで。
育てるのではなく、育てられていると感謝する事もしばしば...。
常に対等であって欲しいと願うのです。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2007-01-17 00:00 | 日暮らし
←menuへ