降る薔薇は.....咲く雪よりもなお白く。


白い季節に白い花。
冬になると反対の季節に位置する白い花がとりわけ恋しくなります。

c0097879_421280.jpg


雪が降る事はあっても、積もる事は稀な土地で育った自分にとって、
東京に初雪が降る日を、この時期になるとぼんやり憶います。
この分では年内には雪を望めそうにありませんね。

北国に暮らす人々にとって、
雪は或る意味生活を脅かす存在でもあるでしょう。
こんな呑気な事を書いていると失笑を買いそうですが、
北国で暮らす人が南国の乾いた風と白い浜辺に憧憬を抱く気持ち.....、
冬に夏を想い、夏に冬を追いかけるあの矛盾した感情と似ています。

1枚目の写真は、『Viburnum Pink Beauty』。
ヤブデマリの園芸品種ですね。
雪のように白い花びらは、開花につれて淡い桃色を帯びてゆきます。
時にグリーンがかって見える事も。

我が家では何種類かビバーナムを育てていますが、
その中でもいちばん小さな株です。
限られたスペースで育てたい方にはいいかもしれませんね。

2枚目の写真は、我が家の狭い壁面を覆い尽くすように咲く『Cl.Iceberg』。
通常の「Iceberg」と違い、日照時間の限られた我が家では返り咲きはごく僅か。
けれども毎年コンスタントに蕾を立ち上げ、しなやかに咲いてくれます。
痛む事もなく、一瞬にして通り過ぎてゆく春に寄り添うが如く花弁を散らすその姿。
微かに甘い匂いです。
雨上がりに撮ったせいか、雫の重みで枝垂れに枝垂れてとんでもない事に!
薮と化しています.....。

c0097879_4202664.jpg

c0097879_23555370.jpg


〔Climbing Iceberg(Climbing Floribunda)/Cant:UK:1968〕

春から初夏にかけて咲く、様々な白い花。
時に清々しく、そして汚れゆく花弁はなんとも切ないものです。

G d D

c0097879_459481.jpg

c0097879_564945.jpg

[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2006-12-16 00:00 | 月季
←menuへ