紅い薔薇、白い薔薇。

c0097879_13224941.jpg

まるで細い針金のような枝先に...小ぶりながらも実に豊かな花を咲かせる。
薔薇を育てたことがない方にこそ知っていただきたい...そんな薔薇です。
...............................................................................................................
c0097879_1322940.jpg

黒竜ってホントに美しい植物だと思います。
...............................................................................................................
c0097879_13214375.jpg

私を迷わせることがない...生まれながらにしての別嬪さん。
どこから眺めても...どう切り撮っても...絵になります。まことに美しい。
...............................................................................................................
c0097879_13233760.jpg

夏は夜。夏は『Aimee Vibert』の季節。
...............................................................................................................
c0097879_1324943.jpg

枝振りが似ている『true Slater's Crimson China』と混植しようかと思案中。
どちらの薔薇にもヒップがつきますから...面白いのではないかと...^^
華奢なテラコッタに入り乱れる枝葉や花びらは。
きっと夢のような景色を描いてくれることでしょう。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
〜interprètes〜

『教会の薔薇〜Kumamoto Found (China) Rose〜Unknown』
『黒竜 Ophiopogon planiscapus 'Nigrescens'』
『Aimee Vibert (Noisette) / Vibert/France/1828』
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................

花の蕾が膨らみ、人は出会い、悪戯な風に散りゆき、人もまた...いつの日か別れゆく。
袖触れ合うも他生の縁〜袖触れ合うも多少の縁...私の好きな故事.諺です。

窓を開け放つと白い薔薇が咲いている。
過ぎ去った昨日を取り戻せないように。
未だ見ぬ明日を知らせる鳥が迷い込む。
私は名も知らぬ鳥を小さな懐にかき抱く。

私のささやかなベランダで四季折々に咲く薔薇や草花たち。
どちらが主か...それは私にも分からない.そう、分からないのです。
ただ漠然と...家族だと思っています。

私がいつの日か、土に還る日が来ても。
窓辺には薔薇が咲いていて欲しい。
どうぞ私より長く生きて欲しい。
切に願うばかりです。


G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2011-07-24 14:00 | 定点観察
←menuへ