冬を身籠る。

c0097879_16413893.jpg

Falkland
気温が下がると枝が紅く染まり黄葉との対比がまことに美しいです。
今年の春は実に可憐な沢山の花を咲かせました。
...............................................................................................................
c0097879_1642271.jpg

ヤマイバラ / Rosa sambucina
吊り鉢で高い位置から枝垂れさせていましたが...兎に角!ひっかかるので.笑
すべての葉を取り去り...芽出しの季節がやってくるまでは...リース状に丸くまとめておきましょう。
...............................................................................................................
c0097879_1642331.jpg

Lucifer   
迎えた当初は葉にたっぷり...これでもかって位.笑 薬剤の散布痕がありましたが
なかなかどうして病気ひとつ拾いません。
この冬最も美しく開いた薔薇のひとつ。
...............................................................................................................  
c0097879_16433176.jpg

c0097879_16435444.jpg

Viola
もちろん名無しのViolaちゃんですが.笑 アプリコットの株はとても気に入っています。
...............................................................................................................
c0097879_16441541.jpg

Windsor Tea
寒さには滅法弱いと聞いていましたが...晩夏~初秋。
現在に至るまで断続的に美しい花を咲かせています。
Tea Roseは一般的に気難しいとか云われていますが...そんなことないと思います。
私は施肥の量をそれぞれの品種で微調整するくらいでほぼ放任栽培。
Tea Roseを枯らしてしまう人は端的に云ってしまえば愛情がないか栽培が下手なだけ。
そして選択肢として...必ずしも地植えがいちばんいいとも思っていません。
Tea Roseは地におろすと途端に気品がなくなるものもありますし、ね? 笑
...............................................................................................................
c0097879_1645065.jpg

c0097879_16452670.jpg

Rosa clinophylla
現在、蕾がひとつついています。
今年は思いきって10号鉢へと昇格決定。
ほぼ常緑に近い薔薇ですが11月に既に植え替え済み。
...............................................................................................................
c0097879_1645497.jpg

Lucifer
写真は順序が最も大切。
...............................................................................................................
c0097879_16462948.jpg

Falkland
同じ写真を前後に持ってきたり連続で並べるのには訳があるのです。
...............................................................................................................
c0097879_16465925.jpg

c0097879_16472322.jpg

Couture Rose Tilia
今年国バラで新苗を迎えた時は...それはそれは頼りない苗でしたが.笑
11月も後半にさしかかってからベーサルシュートを出し順調に育っています。
枝の細さ...暗くマットな葉。どこから見てもどこから切り撮っても遜色のない艶姿。
我が家にはヘレボ用にベンレートのストックが一箱あるのみ。
この薔薇に薬剤は必要ありません。
固まることなく開くであろうふくよかな蕾がまだひとつ控えています。
花びらの外周にひと刷け...紅い筋がランダムに入ります。
非常に洗練された完成度の高い薔薇だと思っています。
写真に収めたあと...このひと枝を手折って押し花にしました。
仕上がりが楽しみです。
...............................................................................................................
c0097879_16474810.jpg

山紫陽花 秋篠テマリ
毎年...山紫陽花は花柄を摘まずに冬まで残すことにしています。
...............................................................................................................
c0097879_16481598.jpg

Rosa foliolosa
この薔薇も今年は豊作でした。
...............................................................................................................
c0097879_16484049.jpg

Lucifer
...............................................................................................................
c0097879_1649595.jpg

Morletii
この冬、ベランダでいちばん美しく枝葉が染まっているのがこの薔薇。
兎に角...ブールソール大好き。
...............................................................................................................
c0097879_16493586.jpg

Rosa foliolosa
...............................................................................................................
c0097879_1650040.jpg

Falkland
...............................................................................................................
c0097879_165033100.jpg

ヤマイバラ / Rosa sambucina
...............................................................................................................
c0097879_16505824.jpg

Pompom de Bourgogne / Rosa Centifolia Parvifolia
今回撮った中でいちばん好きな一枚。
ただの自己満足ですが。
この写真にはもちろん全体像があるのですが
フォーマットの性質上、潔く周囲を切り取るしかありません。
けれど...どこを収めるか...という作業上の楽しさがあります。
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
2010年12月14日~現在28日まで。
東から南。西から北まで~天高く。
ささやかなベランダでの記録です。

以前の坪庭では常に薔薇の枝と格闘しながらのカニ歩き.笑
今となっては大地に直に触れることこそなくなりましたが...
薔薇は地面から遥か高いところへと移動し...よりお日さまに近くなり
そしてゆったりとした空間ができ、スペースも少しだけ広くなりました。
今後私自身と私の草花たちが何処へ流れてゆこうとも...
それは何処かで必ずや花を咲かせていることでしょう。

此処へ足を運んでくださるすべての方々に感謝を込めて。
皆様もどうぞ好い年の瀬をお過ごしください。

今回が最後の記事になるかもしれません。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-12-28 23:00 | 月季
←menuへ