Sombre Dimanche。

c0097879_22552696.jpg

c0097879_22561132.jpg

c0097879_22564150.jpg

...............................................................................................................
c0097879_22571133.jpg

c0097879_22573899.jpg

c0097879_2258630.jpg

...............................................................................................................
c0097879_22583648.jpg

...............................................................................................................
c0097879_2259129.jpg

c0097879_22593278.jpg

c0097879_230475.jpg

...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
『Felicia(Hybrid Musk)/ Pemberton / UK / 1928』


『Paphiopedilum / Species / henryanum 』
『Paphiopedilum / 黒い個体 / 品種名不明 』
『初冬の午后 / 壁に咲く薔薇の影』

『rose hip / True Slater's Crimson Chaina / China Rose / unknown / East Asia』

『ベランダからの眺め / 金砂の降る午后』


『Felicia(Hybrid Musk)/ Pemberton / UK / 1928』
...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
フェリシアは私の中で既に殿堂入りしている愛すべき薔薇のひとつである。
もし...第三者からこの薔薇の美点を挙げよと云われたなら...おそらくキリがないであろう。
育てていらっしゃる方も多いであろう...この麗しき薔薇を。たおやかなるも強靭な香しきこの薔薇を。

季節は容赦なく...日毎...夜毎冬へと近づき知らぬ間に秋は後ろ手に遠ざかる。
師走はもう目の前まで迫っているというのに今日現在も枝に蕾がたわわに撓っている。

それぞれの薔薇の実は紅く染まり...枝は紫...濃紫。
棘は古色に脈は衣擦れ黄葉紅葉。

フェリシアは...己の枝先に立ち上げてきた蕾はひとつ残さず...
まるで責任を全うするかの如く...いじけることなくほころび咲ききる力を持っている。
春であろうが夏であろうが秋であろうが冬であろうがその蕾は決していじけることがない。
降りしきる雨にこうべを垂れながら...突風に頬を打たれようともビクともしない。
...最後の一輪まで自らの姿を知ってか知らずか...まことに麗しく咲きほころび悪戯な風に散りゆく。
同じ枝のもとに生まれ 先に開いた花へは敬意を払い 後へと続く蕾ならば懐手に抱き優しく包み込む。

他人を労りたったひとつの球根でさえも慈しむ汚れなき心。
優しい横顔を持ったこの薔薇を花束にして。
その方に今...贈りたいと切に願う初冬です。

***

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-11-22 00:00 | Sweeter than Sweet
←menuへ