September。

c0097879_201364.jpg

『Rosa anemoneflora』
この写真は朝と夕暮れに撮ったものを重ねているだけですが
遠くに沸き上がる夏雲が「Mont Saint-Michel」みたいで.笑
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_2013665.jpg

『Pavillon de Pregny』
とにかく咲きます...咲き続けます...w
樹自体はまったく大きくならないのですが
ベーサルシュートを交互に出し自ら枝の更新をはかる力強さ...w
この一輪は今朝撮ったばかりで、今まででいちばん淡く咲いたもの。
...............................................................................................................
c0097879_2021468.jpg

新しい街でみつけた空き地。グラデーションがとても綺麗。
通る度に足を停めてしまいます。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_2024854.jpg

『尾瀬水菊』
実にフォトジェニックです!
様々な野菊が暦をつないでゆく晩夏〜晩秋〜初冬。
その季節に寄り添うような咲き方も好きなのです。
...............................................................................................................
c0097879_2032640.jpg

私は気に入っている薔薇ほどタグをつけない傾向にあって.笑
このティーローズもほぼ確信犯的に絶対忘れないだろうと高を括っていたのでした。
けれど現在名無しちゃんです.笑
Own Rootなので長野からやってきたティーローズですね。
枝葉も美しく樹形も非常にスタイリッシュな薔薇。
夕刻に薔薇を撮るという...私の中でのタブーを破った一枚。
早く思い出さないと.笑
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_2035673.jpg

『Ann Endt』
すべての房を咲かせることにしました。
新苗で迎えたというのに既に立派な株へと成長しています。
半日陰って実はとってもありがたい環境だったんですね.笑
現在、写真を撮るのに四苦八苦しています。
...............................................................................................................
c0097879_204263.jpg

『尾瀬水菊』
細部まで観察するにつれ...やはり個性的な野菊だと思います。
尾瀬と名がついていますが、一昨年の尾瀬で見たか否か...記憶は曖昧。
季節柄、黄色い花々とアザミの群れのコントラストに胸を打たれたのでした。
突然の雨に打たれたことも...歩き疲れて山小屋で珈琲を飲んだことも...。
すべてが...そう、今となってはすべてがとても好い想い出です。
けれど...ただの想い出にはしたくない。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_2045910.jpg

『Pavillon de Pregny』
好みもあると思いますが、薔薇がお好きな方ならきっとお気に召されるはず。
...............................................................................................................
c0097879_2052849.jpg

ひとの記憶は意外とあてにならないものです。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_2055581.jpg

...............................................................................................................
...............................................................................................................
...............................................................................................................
私だけが憶えていること。
あなただけが憶えていること。

ふたりだけが知っている-事実-。
ふたりだけが知らない-真実-。

九月という曖昧な季節は
ひとの記憶をいとも簡単に奪い去ってしまう。
私はそれを取り戻そうと 歩調を合わせ...
やがて...知らぬ間に駆け足になっている。

駆ける私の左側にいる九月。
右側でほくそ笑む九月。
漆黒の闇の中 前方を照らし出す九月。
そして さぁ往きなさいと背中を押してくれる九月。

私は本当は未だ...ひと休みなどしたくはないのだ。

〜G d D〜
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-09-02 21:00 | 月季
←menuへ