八月の薔薇。

c0097879_123739.jpg

c0097879_133348.jpg

c0097879_142724.jpg

c0097879_151468.jpg

c0097879_16157.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
[ Pavillon de Pregny (Noisette) / Jean-Baptiste (père) Guillot / France / 1863 ]
[ Eyes for You : Pejambigeye(Floribunda:Hybrid persica)/ Peter J.James/ UK / 2009 ]
[ Munstead Wood(English Rose) / Austin / UK / 2008 ]
-----------------------------------------------------------------------------------------

暦は日毎に捲られ そして破り捨てられてゆく。
真新しい数字が 白く薄い紙の上にくっきりと現れる。
破り捨てられた薄紙は もはやただ一塊の紙屑でしかない。
けれど................................................................
丸められた紙屑の中には 「昨日」という名のちいさな花びらが包まれている。
「今日」という日を指し示す数字の肩ごしには
紙の薄さ故 「明日」を表す数字が既に待ち構えている。

薔薇は真夏といえどもこんなにも美しく咲く。
そして 未練がましく枝に花びらを残す春とはうって変わって潔く あっさりと散る。
私はただそれを それをただ私は...日々撮り続けるだけだ。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-08-03 00:00 | 月季
←menuへ