ゲラニウムとゼラニウム。

c0097879_061895.jpg

c0097879_064232.jpg

c0097879_073365.jpg

c0097879_010192.jpg

c0097879_011790.jpg

c0097879_0201657.jpg

c0097879_0114172.jpg

c0097879_012144.jpg

c0097879_012445.jpg

c0097879_0131966.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
『十勝フウロ』 
『ゼラニウム / 詳細品種名不明 / 元来名前はないものと思われる』
『コシキ島白糸草』
『Geranium endressii』
『姫フウロ』
-----------------------------------------------------------------------------------------
[*Geranium / *Pelargonium / *フウロソウ科 / *テンジクアオイ属]
-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
私のゲラニウム熱は当分下がりそうにない。
年を追うごとに益々好きになるばかり...。
ゲンノショウコに始まり~「Geranium cinereum Ballerina」etc...。

中でも今年いちばん感激したのが1枚目の『十勝フウロ』である。
6月に入ってからも咲いていた記憶。
花後どうなるか心配だったが、葉は青々と茂り、現在増殖中。

姫フウロ〜エンドレシーに至ってはまだ咲き続けている。
所謂「ゼラニウム」と呼ばれる多肉質のものは我が家には2品種のみ。
どちらも発色が非常に美しく、且つ紅黒い花である。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-07-22 00:00 | 定点観察
←menuへ