夏の雫。

c0097879_405447.jpg

『Mme. Renahy』
Hybrid Perpetualとは とても思えないほど花つきもよく、且つ病気にも比較的強い。
素晴らしい連続開花性とふくよかなダマスク香。
春の一番花よりも、夏から秋へかけての姿は絶品。
...なんともいえない風情を漂わせながら優雅に散りゆく。
7月現在の夏の姿です。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3381735.jpg

c0097879_338561.jpg

c0097879_3393925.jpg

『Mme. Laurette Messimy』
もう毎年UPしていますが夏といえばこの薔薇を外す訳にはいきません。
大好きな薔薇です。庭の一角をこの可憐な薔薇で埋め尽くしたいくらい。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3411483.jpg

『スズサイコ』
糸のように細い枝先に...その名が示すままに鈴が鳴るような花をつけます。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3415593.jpg

c0097879_3423428.jpg

『ルッセリア・エクイセティフォルミス / Russelia equisetiformis』
赤花はよく見かけますね。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3433046.jpg

c0097879_344391.jpg

『Mme.Antoine Mari』
この薔薇と「Mrs.Herbert Stevens」は踏み絵です。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_345920.jpg

『芥子&モジズリ(綟摺)/ ネジバナ』
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3453574.jpg

『Comtesse de Barbentane&アメリカオニアザミ(おそらく...)』
この薔薇も夏だからといって大幅に姿が乱れることはないような気がします。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3484794.jpg

『Mme. Renahy』
まぁ...くどいようですが順序を大切にしたいので.笑
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3494464.jpg

c0097879_3502073.jpg

『ジュリアン・ムーア(Julianne Moore)/Portraits by {Mario Sorrenti}』
5人のフォトグラファーによる著名人のポートレイト集から。
ベッドの中のマーク・ジェイコブス&シャーロット・ランプリング。
カトリーヌ・ドヌーヴやシャロン・ストーン。...スティング。
皆それぞれに「らしい」切り撮られ方をしていますが
やはり白眉は巻頭と〆を飾るジュリアン・ムーア。
生成りの世界、膝上のタイトスカート、ストラップなしのミュール。
そばかすだらけの素顔の彼女も大好きなのです。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3375265.jpg

c0097879_413024.jpg

c0097879_421292.jpg

『Mme. Renahy』
過酷な夏にこれだけの姿を魅せてくれる...他に何を求めるというのでしょう。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3513191.jpg

『紫陽花 / Hydrangea / 名称不明』
山紫陽花ではないのですが、この透き通るような空の青...夏。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_352114.jpg

c0097879_3524549.jpg

『瑠璃瓢箪(ルリビョウタン)』
春まで寄せ植えにしていたのですが、現在単独。球形の素焼き鉢に植え替えました。
不思議な形の実もようやく色づいてきました。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3541445.jpg

『Eridu Babylon』
放っておけばヒップを実らせ、剪定すればすぐに花芽が上がります。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3544921.jpg

『Pavillon de Pregny』
この薔薇も夏がお好きな様子.笑
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_3591656.jpg

『エゾスカシユリ(蝦夷透百合)』
比較的品のよいオレンジ。シャーベットのような色合いでした。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_432017.jpg

c0097879_44612.jpg

『アメリカオニアザミ(おそらく...)』
きっと死ぬまで愛で続けるであろう花。
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_445592.jpg

『Harlow Carr』
薔薇を育ててみたい...と相談されたならこの薔薇をオススメ致します.笑
何故なら病気を拾うことはまずといっていいほど皆無だから。
虫は手で払いのけてクダサイ。それに虫のつかない花ってないでしょう?
-----------------------------------------------------------------------------------------
c0097879_453368.jpg

『賽昭君 / Sai Zhao Jun』
この薔薇は夏の姿がいちばん好き。
春はふくよかに。秋はエレガントに。そして夏は花芯からグリーンアイ。
その花芯を取り巻く花びらは...まるでスカビオサのよう、十重に二十重に。
真夏は
そして秋は
実に変幻自在ですが、どの季節に見ても...見紛うことなく『賽昭君』なのです。
-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
半日陰のこのちいさな坪庭で薔薇を育て始めた頃は
様々な文献を読んだり見たり、そして時には教えを請うたり...
品種にもよりますが、春はうどん粉にまみれ、秋はまったく咲かず.笑
様々な試行錯誤の末に行き着いたのは...
鉢植えといえども環境に合った薔薇を育てるということ。
そう、よほどのことがない限り、もう薬剤を使う必要がなくなったということです。
噴霧器は埃をかぶったまま押し入れ行きと相成りました。
環境に合わない薔薇を無理して育てるよりも
薔薇自身が居心地のよい...そんな育て方に変わってきたように思います。
そして我が坪庭には毎夏必ず顔を見せる神様が棲んでいますし.笑
カマキリやテントウムシ...そして色とりどりの小鳥や蝶々たち。
私はもちろん薔薇が大好きなのですが、日本古来の草花も同等に愛しい。

今回UPした薔薇は、皆それぞれに 非常に特徴的な個性を持ち合わせています。
にもかかわらず...様々な草花との調和を薔薇自ら望んでいるように思えてなりません。

そして何よりも夏を彩る...夏にこそ、ひと際美しい横顔を魅せてくれる麗しの薔薇たちです。

〜G d D〜
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-07-17 00:00 | Sweeter than Sweet
←menuへ