白い虹。

c0097879_1045981.jpg

『Blythe Spirit』
この薔薇は数あるERの中でも最も好きな薔薇のひとつ。
そのいちばんの魅力は退色が非常に早いこと。
そして華奢で細枝であること。
(株元、主幹はある程度ガッシリしたERそのものですが...出てくる枝は華奢)
私が薔薇に求める条件のひとつ、『優雅にくたびれたさま』を見せてくれること。
シーズン毎に姿が変わっても花弁数は減らないこと。
春と秋は桃のような抱え咲きで開き始め、
やがて風に吹かれるが如くゆるやかに乱れる。
**************************************************************************
c0097879_7413610.jpg

c0097879_7382089.jpg

『松本センノウ / 松本仙翁』
私の中で夏の花といえば、センジュガンピ(千手岩菲)を始めとするセンノウの類い。
今回は白花。『白』はどちらかといえば純白の方が好きなのですが、
この松本センノウは、こっくりとしたミルキーな色合いでありながら
同時に涼しさを漂わせる...まことに美しい花色です。
**************************************************************************
c0097879_7442266.jpg

『虫取りナデシコ』
苦節ン年...やっと花に出会えました!plumさん、どうもありがとうございます。
この写真はベストではないのですが、↓のものとあわせて2枚、敢えて選んだものです。
**************************************************************************
c0097879_7455876.jpg

c0097879_10141963.jpg

c0097879_1074079.jpg

『Eyes for You』
夏花を見るのは今年初めてなんですが意外にも素敵です。
以前にもふれましたが、5枚葉の中にはこのようにすべて黄斑のものも!
蕾が杏色なのは春も夏も同じ。実に不思議。
**************************************************************************
c0097879_7471838.jpg

『Martha Gonzales』
とにかく絶え間なく咲き続けるんですね。
いくらチャイナローズといえども驚き。
**************************************************************************
c0097879_7481511.jpg

『Angel Face』
この薔薇も夏:艶姿。
**************************************************************************
c0097879_7493571.jpg

『虫取りナデシコ』
...何度もレンズを向けたくなる愛らしさ。
**************************************************************************
c0097879_10325793.jpg

『Rosa Virginiana / 実生苗』
葉がとても綺麗です。クミンさん、ありがとうございます。
**************************************************************************
c0097879_10525310.jpg

c0097879_1004185.jpg

『Blythe Spirit』
私は基本、写真はアンダーで撮ります。
何がイヤかっていうと白飛びがイヤなんです。
バックが真っ黒なのは庭が仄暗い上にアンダーで撮っているから。
時々ご質問を受けるのですが、謎、解けました?室内撮りでもないし、
(室内で一輪挿し等を撮るときは室内とわかるように撮ります)
黒い板も 紙も レフ板さえも...何も使っていないんですよ。
ただ花を引き寄せるのではなく這いつくばる事は多々あります.笑
逆に鉢植えのいいところ、朝日があたるいい場所へ持ってきて撮影。

この姿は極々最近撮ったもの。
四季咲き性も抜群です。
オールドローズのような飾り咢、マットな葉。
それにとても甘い砂糖菓子のような匂いを持っている。
Laduréeのマカロンにこんな匂いのものがあったように思うのですが...。
最近ERを信用していないので(スグ生産中止にする!)
ですから...バックアップに務めています.笑
**************************************************************************
c0097879_7511512.jpg

『ヤマボウシ』
私はこの樹がたいへん好きなのですが大きく育てる気は毛頭なく
よって浅い鉢(最近寄せ植えは浅い鉢ばかり)に盆栽仕立て。
この花は1〜2輪咲くのがもっとも『らしい』し、素敵。
大木は風情ナシ。興味もナシ。
いつか庭を持っても地植えにしない樹のひとつ。
**************************************************************************
c0097879_10233922.jpg

この月見草は正しくは『マツヨイグサ / 待宵草』ですね。
倒れて匍匐するように。枝垂れます。
**************************************************************************
**************************************************************************
あなたにいちばん「似合う」色は何色?
わたしにいちばん「匂う」色は何色?

残念ながら私には白が似合わない。
白いシャツなどは特に似合わない。
私の肌色と相性が悪いのだ。

*「では何色が似合うのですか?」
**「そうですね、紺、そして黒でしょう。」

*『でもあなたが黒い服を着ているのをあたし見た事ないわ。』
**『それはね、いちばんよく似合う色だからだよ。』

黄色い薔薇は何故か敬遠される。
でもそれはきっと。
原色のクレヨンのようなべったりした黄色。

私の小さな箱庭には黄色い薔薇がいくつかある。
けれどその『黄色』は上記のような所謂...、色見本のような「黄色」ではない。

黄色い薔薇のグラデーションを探していくつか育てているのは
紫の薔薇の為、このふたつの色の交差するさまを見たいがためである。

古着市場には仏蘭西〜欧羅巴、亜米利加の作業着が出回る。
私はその中で紺と紫に限りなく近いものを選び購入する。
そしてその作業着やカバーオールの下に
黄色いPatagoniaなどのポリエステルを重ねたりする。

冬でもショーツを履く。
ショーツは絶対に膝上と決めている。
私が自分の体の中でいちばん好きなのは脚だから。
最近の20代の若者たちのあの棒のように細い脚は何?笑
スタイルは抜群によくなったけど女の子も含めて尻も貧弱。
ちなみに僕は中肉中背。なんてことない貧相な体つきです。
男も女も下半身はある程度しっかりしている方が素敵。
女性がスカート丈にこだわるのと
男がTシャツのサイズにこだわるのは似ている。

薔薇の生産者さんは云う。
黄色い薔薇をお求めになるのは男性が多いですよ、と。

そして私はバスを降り、花屋の前を通り過ぎる度に思う。
この原色の黄色い高芯剣弁の薔薇をいったい誰が買うのだろう、と。
けれど私の予測はどこ吹く風の如く、
所謂「町の花屋」には必ず原色の黄色い薔薇が
シーズンお構いなしに店頭を飾っている。

『白い虹』とは物理現象。
だから誰にでも見えていると思うのですが、
条件が変わるとすぐに見えなくなってしまう。
さて...その『条件』とはいったいなんでしょうね。

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-07-04 11:00 | 月季
←menuへ