芥子が散るとき。

c0097879_17405166.jpg

〔オリエンタルポピー カルネウム/Papaver orientale'Carneum'Louise'〕
軽く見られているような気がしてならないんですが、
もっともっと評価されていい植物のひとつ。
*****************************************************************
c0097879_17411044.jpg

〔Eyes for You/Peter J.James/UK/2009〕
正面からのこの撮り方、もっとも苦手なんですが、今回はこのショットで...w
*****************************************************************
c0097879_17415558.jpg

一日花。前回も書きましたが、花はただ保てばいいというものではありませんね。
*****************************************************************
c0097879_17423033.jpg

カルネウム...カルネア...カルネ...私の好きな肉色は。
*****************************************************************
c0097879_17424932.jpg

〔トキンイバラ (Rubus rosifolius)/バラ科キイチゴ属〕
花弁数が多すぎて花芯がみえないもの、
ひらひらと薄くスカビオサのように花芯を見せて咲くもの。
枝を埋め尽くすようにびっしり咲きますが、ひとつひとつ様々な表情が見られます。
昨年、植え替えを余儀なくされ仕方なく.笑 10号から10号へ土替えしましたが
根張りの凄さに空恐ろしくなりました...笑 けれどかかすことのできない大切な花。
この一輪は、花季が終わって(まだ咲いていたけれど)枝を整理していたのですが、
その枝の中から何となく拾いあげた一枝。
*****************************************************************
c0097879_13131270.jpg

*****************************************************************
*****************************************************************
四月の天候不順が及ぼした様々な影響が、
あちこちで囁かれていますが、皆さんの庭は如何ですか。
どうしたものか...我が家は何故か、今年はとても調子がよいのです。

いちばんよい状態の『時』を忙しさにかまけて撮り損ねてしまった薔薇もあり。
それでもまた来年...再来年、必ず撮る日は自然とやってくることでしょう。
今年の縁は今年の縁。さらに未来に繋がれば自ずと機会には恵まれるもの。
そうのんびり構えることができるようになりました。

薔薇の開花に関していえば、そろそろ中盤にさしかかった頃でしょうか。
雨上がりの今朝、Rosa multiflira carneaが数輪咲き始めました。
Treasure Troveはちょうど見頃かもしれません。

そして今朝、はらりと芥子が散りました。

薔薇は私を生かしてくれるもの。
そして活かしてもくれるもの。
暮らしの根底に深く根ざしているもの。
いつか私が土に還る時、薔薇の株元...、
その地中深く埋めて土葬にしてもらいたい。

近年は原種、野生種一辺倒だったのですが、やはり何事も進化するもの。
バランスよく生きていけるようになりたいと願う、そんな五月なのでした。
*****************************************************************

G d D
[PR]
by MiscellaneousOGRs | 2010-05-21 07:00 | 定点観察
←menuへ